閉じる

「自分のアパレルブランドを持てたらな」と思ったことはありませんか?でも、起業って何だか不安ですよね。

起業に関する知識はどれくらい必要なのか、どれ程のリスクを負わなければいけないのか、などなど。今回は、アパレルブランドの立ち上げる際に関するあれこれを詳しく解説していきます。

アパレルブランドの立ち上げやすさ

初心者でも起業しやすい

実はアパレル業界は初心者の起業にとてもおすすめの業界です。その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は隙間産業を見つけやすいことです。一口にアパレルブランドを持つと言っても、服やバッグ、靴、アクセサリーなど様々なカテゴリーがあります。もっと言ってしまえば、靴の中でも革靴なのかサンダルなのか、はたまたレインシューズに特化するのか、アクセサリーでもピアスやネックレスからサングラス、最近ではスマホケースまでファッションの一部になっています。

このようにアパレル業界は隙間産業が多いので、アイディアしだいでビジネスチャンスを掴むことができるのです。2つ目は小規模でも需要がある、むしろ小規模だからこその需要があることです。これは消費者の立場で考えてみると納得できると思います。大手のアパレルブランドで買い物をすると他の人と被ってしまうなんてことはよくありませんか?皆さんも感じることかもしれませんが、ファッション好きな方々はそれを避けたい傾向にあります。

そのため、常に新しくて希少性の高いアイテムを探しているのです。新しく個人でブランドを立ち上げたい人はこのニーズを味方につけることがカギといえるでしょう。大手のアパレルブランドがたくさんある中で、成功するためには小規模でしかできないことを強みに戦略を立ててみてください。

すぐに始められる

起業するときの最初の難関として立ちはだかるのが手間と費用です。アパレルブランドの立ち上げならこの手間と費用を最小限に抑えることができます。

まず、アパレルブランドを立ち上げる際に特別な許可はいりません。飲食店や美容院など資格の保有や許可が必要な業界よりも立ち上げの際の大変な作業が圧倒的に少ないのも魅力の1つなのです。これは、今まで特に起業に関して勉強してこなかった方にとっては、すごくありがたいことですよね。

そして、何よりも初期費用をとことん抑えることができます。ネットでショップを開き、在庫も少ししか抱えないなど費用を抑える工夫をしていけば、ほとんどリスクを負わずに始められるのです。皆さんの中にも、今すぐに大きなお金を用意することが難しくて諦めている方や、家庭があって貯金を崩すことができない方がいらっしゃると思います。そういった方でも十分に挑戦できます。

趣味の延長線でも始められる

・リメイクや手作りからでも

「起業」という言葉を使うと何だか身構えてしまいますが、最初は自分が所持しているアイテムのリメイクや手作りのアクセサリーからでも始めることができます。自分で考えたデザインを注文して、発注をかけて、作ってもらう・・・というような本格的なものではなく、一点物から始めてみるのもありです。そう考えれば、趣味の延長線上で気軽に始められる気がしませんか。

・徐々に規模を拡大する

自分のブランドが軌道に乗ってきたら、徐々に規模を拡大してみましょう。最初は趣味として始めたものが本業として成り立つかもしれません。もちろん、上手くいかなくても手に負えなくならないように、徐々に拡大していくのがポイントです。

実店舗を持つというのはややハードルが高いですが、フリマアプリを利用していた方なら、次は自分のサイトを開設してみたり、在庫を増やしてみたり拡大の仕方もいろいろあります。

アパレルブランドの立ち上げ方法

ネットショップで開業する

やはり、まずはネットショップから始めるのがいいでしょう。近年はお手軽にネットショップを立ち上げられるサービスが充実してきています。

有名どころでいうと、BASEやSTORES.jpなどがおすすめです。どちらも初期費用がなんと0円からで始められます。本格的に運用してみたくなれば有料プランもあるので是非検討してみてください。

このようにネットで開業することの魅力は何と言っても、リスクが低いことです。また、SNSを駆使すれば宣伝もお金をかけずに集客できるでしょう。

実店舗での開業

実店舗での開業は家賃や設備費などリスクが高く、メリットを感じにくいことは確かです。しかし、実店舗ならではの魅力もあり、挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。

1つ目は信頼を得やすい点です。近年はネットショップを誰でも気軽に立ち上げられるようになった反面、そのショップが本当に信頼できるものなのかを判断するのが難しくなっています。入金したのに商品が届かない、写真で見たものと違うものが届いたなどのトラブルが発生しているのも事実です。そんな中、店舗を持っていれば、その店が実在するものであることが分かり、お客様が安心して利用できるでしょう。

また、ネットで購入する際は手に取って商品を見たり、試着ができるわけではないので、届いて着てみたら似合わないという失敗もしやすくなります。実際、それを避けてネットではなく実店舗でしか買わないという方も多いので、実店舗を持つことはそのブランドの大きな強みになるでしょう。

このように実店舗ならではの魅力も多いので、まずはネットショップから始めるとしてもゆくゆくは実店舗を持つことを目標に頑張ってみてはいかがでしょうか。

イベント・フリマでの販売

最後に、イベントやフリマでの販売をご紹介します。これは、いきなりネットショップで開業するのは不安だという方におすすめします。イベントやフリマでの販売はその時その場所限定での販売なので、普段本業が忙しくて毎日対応することができない方でも挑戦することが可能です。

また、フリマアプリも利用者が多く、注目されているサービスなのでおすすめです。ネットショップに勇気が出ない方は1点でも作ってみて、まずはその商品をイベントやフリマに出店し、消費者の反応を見てみるのもありでしょう。

立ち上げに必要なこと

商標登録

気軽に始められるのが魅力のアパレルブランドですが、商標登録は怠らずにしっかり行いましょう。商標登録をしておくと、ブランドが育った時に商品が「そのブランドのものである」という理由で買ってもらえるケースが出てくるからです。

つまり、商品単体の価値だけでなく、ブランドの価値も出てくるということです。

そして、何より注意しなければいけないのは既にある商標を使ってしまうことです。それが原因で相手から損害賠償を求められることもありますし、裁判に負ければ、その商標を手放さなければいけなくなります。そうなった場合のダメージが大きいので、事前にその商標が使われていないことを確認してから登録しましょう。ちなみに、登録したい商標が既に使われているかは特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)で簡単に調べることができるので、利用してみてください。

洗濯表示ネーム作り

洗濯表示ネーム作りも必須です。洗濯表示に関する法律に変更があり、製造者又は販売者の住所と電話番号を記載する必要があるので気をつけてください。

行政手続き

個人で小規模の事業を行う場合でも税務署に開業届を出さなければいけません。趣味の延長戦で始められるといっても、最低限の手続きは怠らないようにしましょう。提出は開業後1か月以内に直接持っていくか、郵送で行ってください。

アパレルブランド立ち上げの手順

コンセプトを決める

コンセプトはそのブランドの軸となります。何事も最初が肝心です。まずは、ターゲット層を明確にしましょう。ポイントは実在する人物かのようにターゲットを細かくつめていくことです。これはペルソナマーケティングと呼ばれる方法で、具体的に決めれば決めるほどコンセプトがぶれなくなるので、大切な工程です。

ブランドネームを決める

ブランドネームはそのブランドの顔になります。お客様が自分のブランドネームを言っているところを想像して、決めるのがおすすめです。

タグを作る

タグには織ネームとプリントネームがあります。タグはそのアイテムがどこのブランドのものなのか一目で分かるものなので、こだわりを持って作ってみてください。

服をデザイン・製作する

いよいよ、服の制作段階です。まずは、自分の頭の中にあるイメージをデザインにしてみましょう。デザインが決まったら型紙を作成したり、生地を決めたり・・・業者に依頼すればある程度のことは教えてもらえますが、専門知識が全くないという方には少々難易度が高いですよね。

そこでおすすめするのが、イラストを送るだけで服を作ってくれるサービスです。STARtedやsitateruというサービスが有名どころなので、是非チェックしてみてください。

プロモーション・販売する

服が完成したらSNSを活用して、プロモーションをしましょう。その際に、サンプルの写真のクオリティーが重要になるので専用の撮影機材を揃えて撮ることをおすすめします。機材といっても、ネットでお手頃に購入できるので、検討してみてください。

まとめまずは趣味でもOK!アパレルブランドを立ち上げるには

ご紹介した通り、アパレルブランドの立ち上げは意外とハードルが低く、始めやすいです。つまり、「アパレルブランドを持ちたい」という気持ちさえあれば、資金などの問題は何とかクリアできてしまいます。

「今まで気持ちはあったけど、一歩を踏み出せなかった」という方はこれを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎日、大量の服を前にコーデに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?「服の量は多いはずなのに、いざコーデを組もうとすると同じものばっかり手に取ってしまう」そんな悩みも今回ご紹介する洋服

  • お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入りの服は誰でも長持ちさせたいですよね。そんな時、悩ましいのが洗濯や保管ではないでしょうか?洗濯や保管の失敗でせっかくのお洋服をダメにしてしまったら悲しいですよね。 今回は

  • セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    「その服どこで買ったの?」と聞くと「セレクトショップ」と答えるおしゃれ女子、皆さんの周りにもいませんか?そのせいか、セレクトショップって何だかおしゃれ上級者の御用達な感じがしますよね。

  • セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    アパレル業界に興味を持っている方なら1度は聞いたことがあるバイヤーという職業かと思います。響きが何だかかっこいいですし、憧れている方も多いでしょう。 今回は、バイヤーが実際にはど

  • ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクやスタイリストを目指している皆さん、この2つの職業の関係性を知っていますか?どちらも華やかなイメージが強いですが、実際の仕事現場ではどのように関わりあっているのでしょうか。

  • 勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    スタイリストという職業を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?そのスタイリストと混同されやすいものとしてファッションコーディネーターという職業があります。今回は同一の職業と捉え