閉じる

華やかな仕事である印象が強い「スタイリスト」に憧れ、目指している人も多くいるのではないでしょうか。スタイリストという職業は知っていても、「どのようにすればスタイリストになれるのか」「必要な資格はあるのか」など詳しいことは知らない人も多いはずです。スタイリストという仕事自体があまり知名度が高くないため、どのように目指せば良いか認知度は低いと思います。しかし、ここでスタイリストになるにあたって必要なことを事前に抑えておきましょう。

スタイリストになるための道

スタイリストを目指すにあたって、必要な資格というものは特にありません。よって、スタイリストになるために「必ず通るべき道」というものも特にはなく、様々な道を通ってスタイリストになる人も多くいます。
例えば、服飾系の専門学校に通って、始めからスタイリストを目指していた人がいる一方で、以前は違う仕事をしていたにも関わらずファッションに興味や関心が出てきたため、これからスタイリストを目指そうとする人もいます。
このように様々な道があるなかで、スタイリストになるためによく通る道やスタイリストになる近道の方法などを大きく2つに分けて説明をしていきます。

スタイリストのアシスタントになる

フリーのスタイリストは、事務所に所属しているスタイリストと異なり、全ての仕事をひとりでこなしているためアシスタントを募集していることがあります。これは紹介やツテで繋がることが多いですが、あまり募集しておらず自身で見つけることは難しいかもしれません。

またフリーのスタイリストと一対一で向き合う必要があるため、相性があるでしょう。相性が合わない場合には続けることが難しいかもしれません。なによりも、そのフリーのスタイリスト1人だけをお手本として学ぶため特徴や手法、価値観などが偏ってしまう可能性があります。

しかし、常に一緒に行動することでスタイリストの仕事の一連の流れやスタイリストの役割も学ぶことができます。他にもスタイリストのあるべき姿やプライドなど知識からだけではなく、経験を経てから学ぶことができる点も大きな特徴になります。

またアシスタントは何人も雇うわけではないので、スタイリストの手となり足となり、多くのことをやらせてもらえる可能性が高いです。現場での経験を多く積むことでいち早く仕事を習得できますし、一人前のスタイリストとして早めに認められるかもしれません。そして現場に赴くことで顔と名前を覚えてもらえることができるため、人脈が確保され自立へ結びつく可能性もあります。

アパレルメーカーに就職する

あまり多いパターンではありませんが、ファッションについて多くのことを学びたいのであればとても良い経験になるのが、アパレルメーカーで働くことでしょう。アパレルメーカーでは、最新の流行ファッションをいち早く取り入れていますし、様々なコーディネートも学ぶことができます。

人前に立つ仕事にはなるので、裏方であるスタイリストとは真逆ですが、人に見られているからこそファッションに細心の注意を払って、より良いコーディネートをするように心がけることができるはずです。

周りのスタッフからコーディネートを学んだり真似したりと、知識だけではなく身を持って経験できる点がメリットでしょう。ただスタイリストは裏方の仕事であるので、今までの表舞台と違うギャップがあります。その点のギャップを受け入れる覚悟があるのであれば、アパレルメーカーで働いてからスタイリストを目指しても良いでしょう。

スタイリストに必要なこと

華やかな仕事のイメージがあるスタイリストですが、実は想像以上に大変な仕事であり、体力勝負になる体育会系の仕事なのです。スタイリストに必要なことを説明します。

スタイリストになりたいという熱意

1番大切なことは、スタイリストを目指す熱意です。どの仕事にも辛く苦しいことが多くありますが、スタイリストになった自分を想像して歩み続けましょう。熱意を持ち続ければ、今後訪れるどのような苦労もきっと乗り越えることができるはずです。

周囲への気配り

スタイリストは人との関わりが多く、周りとのコミュニケーションが必須になります。スタイリストとしての仕事を気に入ってもらうことはもちろん、個人的に人として気に入ってもらうことで、信頼関係や次の仕事にも結びつくことができます。あと、どうしても撮影現場には緊張感があるため、その場の空気を穏やかにする能力も必要になります。仕事の関係者だけではなく、自身の家族や友人などにも気配りは必要になってくるはずです。

めげないメンタル

一人前のスタイリストになるまで下積み時代が長く、険しい道のりであるため途中で諦めてしまう人も多数います。認められ満足してもらってこそスタイリストの仕事が成り立つため、時間がかかるうえに忍耐力も必要になります。また様々な道でスタイリストになることができるため年齢も様々で幅広いです。年齢は関係なく、経験や知識が全ての世界なので、上下関係も厳しいかもしれません。

メンタルだけではなく、体力面でもめげないような人でなければなりません。体力に服を持ち運び、自身でレンタル・返却するため走り回ることも多々あります。また現場に同行することもあるため、夜中や休みでも関係なく走り回り、素早く対応したり、立ち続けたりと目まぐるしく忙しいです。安定した休みや睡眠が確保されない可能性が高いため、自己管理も徹底するべき仕事になります。

スタイリストの就職状況

あまり認知度が高くないスタイリストという仕事ですが、就職先はあるのでしょうか。どのようにすれば、「スタイリスト」という道に近づけるか説明をしていきます。

スタイリストの需要

流行のファッションを取り入れるパイプ役としてスタイリストはとても重要かつ必要な仕事であると言えます。どちらかといえば、最新の流行をいち早く取り入れる都心部にスタイリストの需要が多いでしょう。

実は、「スタイリスト」の需要よりも「アシスタント」の需要が多いことが事実です。スタイリストの仕事はかなり多忙になるため、それをサポートしてくれるアシスタントは必須になります。また、アシスタントは想像以上に大変かつ地道な仕事であり離職率が高いため、さらに需要が高まっていると言えるのでしょう。

面接対策

スタイリスト事務所に所属するとしても、フリースタイリストのアシスタントになるとしても面接は必須です。スタイリストに関しては、筆記による知識も重要にはなりますが、知識に関しては働いてから得ることも多くありますし、その時点では能力の差はほとんどありません。

よって面接にて仕事への熱意やめげないメンタル、体力やセンスなどが中心に問われます。またその人の人となりも見られます。理由としては、フリースタイリストのアシスタントとなる場合は、その人と合いそうな人が選ばれるため、その人となりが問われることになるでしょう。

持っていると有利な資格

スタイリストになるうえで絶対に必要な資格はありませんが、持っていることで有利になる資格はいくつか存在しています。

まず「カラーコーディネーター検定」は色の基礎知識について学べるため、色の組み合わせを考えることができます。次に「パーソナルカラー検定」は個人の肌や髪の色、雰囲気などから似合う色を考えて提案することができます。そして「ファッションビジネス能力検定」はビジネスするうえでの生産・企画・戦略などの知識を活かせます。最後に「パタンナー」は衣装を自身で作成することができるため、他者に提案する際にイメージや雰囲気を伝えやすく有利になります。

このようにいくつか有利な資格がありますが、これがなければ働けないわけではないので働きながら取得しても良いでしょう。

まとめスタイリストになる方法について

スタイリストになる道は様々ありますし、なりたいという熱意や意欲、強いメンタルや気配りがあれば誰でも何歳からでも目指すことができる仕事です。知識に関しては、経験を積むことで習得できますし、目指すことに関して遅いということは一切ありません。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように好きだからこそ熱中して取り組めるのです。最終的にどのようなスタイリストを目指すのか、フリーとして活躍するか事務所に所属して下を育てていくかなど様々ありますが、明確かつ詳細な目標を持つことで夢が叶いやすくなるはずです。

  • 毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎日、大量の服を前にコーデに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?「服の量は多いはずなのに、いざコーデを組もうとすると同じものばっかり手に取ってしまう」そんな悩みも今回ご紹介する洋服

  • お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入りの服は誰でも長持ちさせたいですよね。そんな時、悩ましいのが洗濯や保管ではないでしょうか?洗濯や保管の失敗でせっかくのお洋服をダメにしてしまったら悲しいですよね。 今回は

  • セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    「その服どこで買ったの?」と聞くと「セレクトショップ」と答えるおしゃれ女子、皆さんの周りにもいませんか?そのせいか、セレクトショップって何だかおしゃれ上級者の御用達な感じがしますよね。

  • セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    アパレル業界に興味を持っている方なら1度は聞いたことがあるバイヤーという職業かと思います。響きが何だかかっこいいですし、憧れている方も多いでしょう。 今回は、バイヤーが実際にはど

  • ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクやスタイリストを目指している皆さん、この2つの職業の関係性を知っていますか?どちらも華やかなイメージが強いですが、実際の仕事現場ではどのように関わりあっているのでしょうか。

  • 勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    スタイリストという職業を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?そのスタイリストと混同されやすいものとしてファッションコーディネーターという職業があります。今回は同一の職業と捉え