閉じる

ヘアメイクやスタイリストを目指している皆さん、この2つの職業の関係性を知っていますか?どちらも華やかなイメージが強いですが、実際の仕事現場ではどのように関わりあっているのでしょうか。

今回はヘアメイクとスタイリストの関係性、そしてヘアメイクと間違えられることも多いヘアスタイリストなどヘアに関わる、混同されがちな職業について詳しく解説していきます。

ヘアメイクとスタイリストの関係

ヘアメイクとスタイリストはそれぞれ担当が異なります。

ニーズに合わせて協力して仕事をする

ヘアメイクはモデルの髪のセットとメイクをスタイリストはモデルの衣装を提案し、担当します。それぞれ担当する部分は異なるものの、当日は撮影現場に出向いてモデルにほとんど付きっきりでチェックを行うので、同じ空間で仕事をすることになります。

また、どちらもその道のプロですが、自分好みのヘアメイクやスタイリングを完成させれば良いわけではありません。毎回の依頼のニーズに合わせることが求められます。ヘアメイクやスタイリングは全体として調和がとれていなければいけないので、互いにコミュニケーションをとり、協力して仕事をすることになります。

活動の場はほぼ一緒

1人のモデルに対して、ヘアメイクとスタイリストの両方が必要になります。そのため、現場でヘアメイクとスタイリストはタッグを組んで仕事をする形です。ヘアメイクとスタリストはファッションショーや雑誌、テレビや映画など様々な現場で仕事があり、活躍する場はほぼ同じだといえます。

ヘアメイクとスタイリストの違い

では、ヘアメイクとスタイリストの仕事内容の違いについて詳しくみていきます。まず、ヘアメイクはその名の通りモデルの髪のセットとメイクを担当します。ヘアとメイクの専門的な知識はもちろんのこと、活躍するためにはセンスや感性も必要になってきます。また、ある程度ファッションなどその他の美容分野の知識も身に付け、現場ではスタイリストと意思疎通ができなければいけません。

一方、スタイリストはモデルのスタイリングを担当します。スタイリングとは衣装のコーディネートを組むことにとどまらず、選んだ衣装の着こなし方や衣装に合った小物、ヘアメイクなど全体の調和まで考えなければいけません。

スタイリストもヘアメイクと同様に専門分野の知識と高いセンスが求められます。

また、衣装はアパレルブランドから貸してもらうことが多く、コミュニケーション能力を駆使して関係者との良好な関係を築くことも仕事のひとつといえるでしょう。

ヘアスタイリストとは?

まずは、ヘアスタイリストについて詳しくみていきましょう。

顧客のニーズに合わせてヘアをスタイリングする

ヘアスタイリストはお客様のニーズに合わせて髪のカットやカラー、パーマなどを提案し、仕上げる仕事です。

皆さんに馴染みの深い美容師という名称で呼ばれることもありますが、ヘアスタイリストという名称を使う場合は主にモデルや俳優などの有名人を担当する人のことを指す場合が多いです。

ヘアスタイリストも美容師も国家資格を必要とする点では同じですが、ヘアスタイリストは有名人を担当することから、専門的な技術のみならずセンスと感性で流行を生み出すことも時には求められます。

有名人の髪型は常に高い注目を集め、髪型が人気を左右すると言っても過言ではありません。新しい髪型が好評になれば、その髪型が世間で流行することもあります。

一方で、不評だと人気が落ちてしまうこともあるので、責任重大です。このように、髪型はイメージチェンジをする上での大きな要素なので、プレッシャーもありますが、とてもやりがいがある仕事といえます。

雑誌・広告などのメディアの場で活躍

ヘアスタイリストはモデルや俳優など有名人を担当することが多いため、雑誌や広告などのメディアが活動の場となります。また、担当した有名人の専属になって活躍することもあります。

スタイリストなどにも同様に言えることですが、毎回現場に足を運び、撮影中はモデルに付きっきりになるので、かなり体力勝負な仕事ともいえます。

似ているようで違うヘア関係の仕事内容

ヘアスタイル担当のアーティストの種類もいろいろあります。

ヘアスタイリスト

ヘアスタイリストは有名人の髪のスタイリング全般を扱い、カット・カラーなども担当するため国家資格を持っている必要があります。混同されやすいヘアメイクアップアーティストとの一番の違いはヘアメイクアップアーティストは国家資格が必要のない職なのに対して、ヘアスタイリストは国家資格が必要になる職である点でしょう。

そのため、ヘアスタイリストになるためには厚生労働大臣が指定する美容師養成施設を卒業し、美容師の免許を取得しなければなりません。

資格を取らなければいけないことは負担に思われるかもしれませんが、夢の実現への道のりがわかりやすい分ヘアメイクなどと比べると頑張る方向性に迷わなくてすむのも魅力と言えます。また、美容師の国家資格を持っておけば途中で一般の方を顧客とする美容師の方に転向できることも魅力です。

ただ、どちらにしても資格を取ればすぐにプロとして活躍できるわけではなく、相応の下積み期間が必要です。プロになってからも不規則な働き方で体力的に辛いと言われますが、見習い時代はより過酷な働き方を覚悟する必要があるでしょう。

「何としてでもプロになって活躍してやる」という強い気持ちを持って、頑張ってください。

ヘアメイクアーティスト

その名の通り、有名人のヘアとメイクを担当します。ヘアはカットなどではなくヘアアレンジにとどまるので資格はいりませんが、民間の美容系の資格を持っている方も多くいます。何も資格がないと能力はあっても証明することが難しく、採用の際に落とされてしまうこともあります。

JMAメイクアップ技術検定がこの職業との結びつきが強い資格で最も有名です。他にもファッション色彩検能力検定やパーソナルカラー検定など様々な資格を取ることで多角的な提案ができるようになり、活躍の場が広がるでしょう。

ヘアメイクアップアーティストはヘアもメイクも担当できますが、ヘアはヘアスタイリストが担当し、メイクをヘアメイクアップアーティストが担当するという現場も少なくありません。

ヘアとメイク、ファッションに至るまでの幅広い知識を持っていれば、現場での他のスタイリストなどとの意思疎通をスムーズに行えます。

ブライダルヘアメイクスタイリスト

ヘアスタイルの中でも特にブライダルの場でのヘアスタイルを専門にしており、ブライダルヘアや和装に合うヘアアレンジを花嫁に提案します。流行のヘアスタイルを提案することも大切ですが、何よりも大切なことは花嫁の希望に応え、納得してもらえるスタイルを提案することでしょう。

花嫁の要望をしっかり聞き出せるコミュニケーション能力はもちろん、聞き出した要望をヘアスタイルに落とし込める技術とセンスが必要です。

また、ヘアだけでなくメイクも担当できる人材になると業界では重宝され、活躍の幅が広がるでしょう。

まとめヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

ここまでヘアメイクとスタイリストの関係やヘアに関わる職業について解説してきました。専門学校選びや資格取得の際に是非、参考にしてみてください。

それぞれの職業の仕事内容は確かに異なりますが、自分の感性やセンス、身に付けた知識をもとに相手をきれいにして喜んでもらいたいという気持ちは同じです。厳しい業界ですが、担当した相手に笑顔になってもらえたときに大きなやりがいを感じられるでしょう。

  • 毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎日、大量の服を前にコーデに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?「服の量は多いはずなのに、いざコーデを組もうとすると同じものばっかり手に取ってしまう」そんな悩みも今回ご紹介する洋服

  • お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入りの服は誰でも長持ちさせたいですよね。そんな時、悩ましいのが洗濯や保管ではないでしょうか?洗濯や保管の失敗でせっかくのお洋服をダメにしてしまったら悲しいですよね。 今回は

  • セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    「その服どこで買ったの?」と聞くと「セレクトショップ」と答えるおしゃれ女子、皆さんの周りにもいませんか?そのせいか、セレクトショップって何だかおしゃれ上級者の御用達な感じがしますよね。

  • セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    アパレル業界に興味を持っている方なら1度は聞いたことがあるバイヤーという職業かと思います。響きが何だかかっこいいですし、憧れている方も多いでしょう。 今回は、バイヤーが実際にはど

  • ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクやスタイリストを目指している皆さん、この2つの職業の関係性を知っていますか?どちらも華やかなイメージが強いですが、実際の仕事現場ではどのように関わりあっているのでしょうか。

  • 勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    スタイリストという職業を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?そのスタイリストと混同されやすいものとしてファッションコーディネーターという職業があります。今回は同一の職業と捉え