閉じる

アパレル店員の方、アパレル店員を目指したい方、接客に自信はありますか?アパレル店員特有の接客スキルを身に付ければ、今よりも自信がつきアパレルの仕事へのやりがいをより感じられるようになると思います。

今回はアパレル店員に必要不可欠な接客テクニックをご紹介するので、お客様が「また来たい」、「また買いたい」と思うような店員を一緒に目指しましょう。

アパレル接客の基本ルール

アパレル業の接客で使える接客のルールをご紹介します。

親しまれる愛想のいい笑顔

まず、基本中の基本である笑顔についてです。アパレルの仕事は立ち仕事ですし、洋服は重いので意外と重労働ですよね。夕方になると疲れて、自分では気づかないうちに真顔になっていたりなんてこともあると思います。

一日中愛想のいい笑顔でいることはかなり大変なことですが、お客様にとってはお店の前を通る一瞬がそのお店、店員から受けとる印象の全てです。それ以外の時間は頑張って笑顔で接客できていたとしても、それはお客様には伝わりません。一人ひとりのお客様が受け取る第一印象を良くするためには、常に気を抜かず笑顔でいることが大切です。

笑顔は人を安心させるので、お店に入ろうか迷っているお客様でもその笑顔に安心して足を運んでくれるかもしれません。特に、そのお店とテイストが異なるファッションのお客様は気になっていても、入りづらいと躊躇してしまう可能性が高いです。そんな時、店員さんが笑顔を向けてくれたら安心して入れるでしょう。

丁寧な言葉遣い

お客様と会話をするときには、もちろん丁寧な言葉遣いである必要があります。ガチガチの敬語にすれば良いわけではなく、お客様が話していて心地よいと感じる程度の言葉遣いがベストです。

これはブランドごとにターゲット層が異なるため、それぞれのブランドに求められている言葉遣いに合わせることが大切です。

まずは、先輩の店員や店長の言葉遣いを真似することから始めてみましょう。それが慣れてきたら少し自分なりにアレンジして店員としてのキャラを確立できるとより良い接客になります。

トレンドと商品知識をしっかり把握しておく

アパレル店員特有の接客スキルとして、トレンドや商品知識は欠かせません。最近は通販サイトなどのネットで購入するというお客様も多くなっています。そんな中で、店舗での販売に価値を見出すにはその場にいる店員さんからトレンドや商品の知識を聞けるかという点が大切です。

せっかく店舗に足を運んだのに、店員さんに聞いても答えに詰まっているという印象を与えてしまっては、ネットの方が楽だと思われてしまいます。

お客様に好まれる接客ポイント

さらに実践で守っておきたいポイントがあります。

お客様目線の接客

お客様に好まれる接客をするには、お客様目線になって考えることが大切です。

1つ目は一定の距離感を保つこと。人にはパーソナルスペースという他人に立ち入ってほしくない空間があります。そこに初対面の店員がズカズカと立ち入ってきたら、お客様は不快な気持ちになるでしょう。親しみやすさをアピールしようとして、むやみにお客様に近づきすぎるのは逆効果なので注意してください。

2つ目はマニュアル感のない接客をすること。お客様としては自分のニーズを汲み取り、自分に合った提案をしてくれる店員さんに勧められた商品を買いたいと思うはずです。

マニュアル通りにどのお客様にも同じ接客をしていては、個々のニーズに合わせることができません。マニュアルはあくまで軸として参考にする程度が丁度良いでしょう。

声かけのタイミング

声かけのタイミングが接客の中で最も苦手という方も多いのではないでしょうか?その理由はお客様の中にも店員に声をかけて欲しくないと思っている方が一定数いるからです。つまり、声かけのタイミングを見計らって適切なタイミングで声をかけられるようになれば、お客様が心地よいと感じる接客に近づけます。タイミングはお客様の目線や店内の周り方、商品の見方などから考えましょう。

例えば、店に入ってきたときに店員と目を合わせたがらない方やイヤホンをしている方は、声をかけらたくないお客様の可能性が高いです。そのようなお客様に真っ先に声かけをしてしまうと、居心地が悪いと感じ出て行かれてしまいます。その場合はもう少し様子を見る必要があります。一方で、お目当ての商品を探している様子の方や鏡の前で洋服を当てて悩んでいる方にはすぐに声をかけに行っても良いでしょう。「何かお探しですか?」とその商品探しのお手伝いをしたり、「ご試着されますか」と聞いてみたりすると効果的です。

このようにお客様それぞれの状況をよく観察して、タイミングを見計らい、そのタイミングに合った言葉を選ぶことが大切です。プラスαとして、声をかけるときはできるだけお客様の右側からアプローチをするようにしましょう。これは、右側から声をかけた方が警戒心を持たれにくくなるという人間の特性からです。簡単な心掛けでできるので、ぜひ一緒に試してみてください。

次につながる接客テクニック

せっかく来店してくださったお客様にまた来ていただきたいですよね。それにはちょっとしたテクニックが必要です。

コーディネートの提案力をつけてファンになってもらう

店員側の皆さんはノルマがあったりして、できるだけ売り上げを伸ばしたい、お客様にはリピーターになっていただきたいという思いがあるでしょう。しかし、お客様にとって毎回その店舗で買う理由は基本的にはありません。お客様に毎回、この店舗であなたから買いたいと思ってもらうには、「次」を意識した接客が必要です。

1つ目はコーディネートの提案力をつけてあなたのファンになってもらうことです。上にも少し書きましたが、あなたから買うことで他の店舗やネットでは得られない価値を提供しましょう。「これはかわいいけど、コーディネートが難しそう」と言われたときが絶好のチャンスです。他の商品と組み合わせて、さっとコーディネートを組めたらお客様に喜んでもらえます。その時に2つ以上のコーディネートを提案すると店員の力を発揮できるだけでなく、コーデのどちらかは購入してもらえる可能性が高まります。

1つだけを提案するとそれが好みではなかった場合断られてしまいますが、2つ提案すれば比較的好みの方を選ぼうという心理が働き、どちらかは選ぶ傾向があります。また、お客様の手持ちの服がどんなテイストでどんなアイテムを持っているのかを自然に聞き出し、それに合わせたコーディネートを提案できればなお良いでしょう。

「できるだけ多く売りたい」という気持ちではなく、「私のおしゃれを手伝ってくれている」という気持ちをお客様に持ってもらうことがポイントです。

セールの日時を伝える

最後に、お得情報やおすすめの情報を伝えることも効果的です。これは単純に次回来てもらう誘導にもなりますが、お得な情報を教えてもらえると誰でも嬉しいですしお客様に喜ばれます。店内などにセール予告が張ってあったとしても、口頭で伝えてもらえるとその気遣いに嬉しくなります。お客様に喜んでもらえることを徹底して行いましょう。

お客様のことを可能な限り覚えておく

そして、せっかくお客様が自分のファンになってまた訪れていただいても、こちらが覚えていないとガッカリさせてしまいます。話したお客様のことは後で特徴などをメモして、出来る限り覚えるようにしましょう。

最初はなかなか難易度が高いですが、慣れてくると特徴を掴むのが上手くなり、すんなり覚えられるようになってくるはずです。

やってはいけない接客の注意点

接客のマナーとも言えますが気を付けておきたいポイントがあります。

入店してすぐに話しかけない

お客様に声をかけるタイミングを見計らうのが接客の中で最も難しいことでしょう。このタイミングを見計らわずに入店して即座に話しかけに行くことはNGです。

お客様の数だけ接客の数があると考えるくらいの心構えで、まずはお客様の様子を見ることから始め、どんな接客が求められているのか自分なりのプランを持ってから、声をかけるようにしましょう。

しつこく張り付かない

売り上げの関係もあり、1人でも多くのお客様に買っていただきたいという気持ちはよく分かります。しかし、相手の気持ちになってみれば逆効果なのが分かります。横にずっと張り付いていられてはプレッシャーを感じますし、間違えなく服選びに集中できません。アパレル店員はお客様のお買い物をサポートする立場だということを忘れないようにしましょう。

お客様の意見を否定しない・おしつけない

アパレル店員という立場上、普段から流行などに触れる機会に恵まれ、お客様よりもアパレルの知識が豊富であることが多いでしょう。そのため、お客様の意見が流行やブランドのコンセプトとは異なっていることに対して間違いを訂正してしまうなんてこともあるかもしれません。

しかし、この行為はお客様を否定することになってしまいます。ファッションに正解はありません。お客様が気に入ったものを買ってもらうことが1番なのです。自分の知識やセンスと異なっていても決して否定したり、押し付けたりしないようにしましょう。

まとめ今よりもっと輝こう!アパレル店員の接客テクニックについて

ここまで、アパレル店員の接客テクニックについてご紹介してきました。これらのテクニックを身に付け、お客様に喜んでいただける接客ができるようになれば、今よりも多くのやりがいを感じることができると思うので、是非挑戦してみてください。

  • 毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎日、大量の服を前にコーデに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?「服の量は多いはずなのに、いざコーデを組もうとすると同じものばっかり手に取ってしまう」そんな悩みも今回ご紹介する洋服

  • お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入りの服は誰でも長持ちさせたいですよね。そんな時、悩ましいのが洗濯や保管ではないでしょうか?洗濯や保管の失敗でせっかくのお洋服をダメにしてしまったら悲しいですよね。 今回は

  • セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    「その服どこで買ったの?」と聞くと「セレクトショップ」と答えるおしゃれ女子、皆さんの周りにもいませんか?そのせいか、セレクトショップって何だかおしゃれ上級者の御用達な感じがしますよね。

  • セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    アパレル業界に興味を持っている方なら1度は聞いたことがあるバイヤーという職業かと思います。響きが何だかかっこいいですし、憧れている方も多いでしょう。 今回は、バイヤーが実際にはど

  • ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクやスタイリストを目指している皆さん、この2つの職業の関係性を知っていますか?どちらも華やかなイメージが強いですが、実際の仕事現場ではどのように関わりあっているのでしょうか。

  • 勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    スタイリストという職業を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?そのスタイリストと混同されやすいものとしてファッションコーディネーターという職業があります。今回は同一の職業と捉え