閉じる

アパレル業界の中でもスタイリストに憧れる人は多いのではないでしょうか。普段接することのできるアパレル店員などとは異なり、実際の仕事内容やスタイリストになるための道のりなど未知数な部分が多いのも特徴です。

「スタイリストになりたいけど、どんな仕事をしているのか分からない・どうすればなれるのか分からない」、今回はそんな方のためにスタイリストの仕事内容やスタイリストになる方法、勉強すべきことについて詳しくご紹介していきます。

スタイリストとは?

まずは、スタイリストの仕事についてみていきましょう。

俳優や女優、モデルをコーディネートする

スタイリストは主に俳優や女優、モデルの衣装をコーディネートする仕事です。もちろん好き勝手にコーディネートを組めるわけではなく、予算の中でやりくりする必要があるため、ショップやファッションブランドに衣装を貸してもらえるように協力依頼をするなどの調整も仕事の1つです。

また、数は多くないですが、担当した俳優さんなどにスタイリングを気に入ってもらえると専属のスタイリストとしても活躍できます。

雑誌や広告など、企業の指示に合わせてスタイリングする

俳優や女優、モデルの衣装をコーディネートすると言っても、その活躍の場は様々です。

例えば、雑誌で紹介されているスタイリングのほとんどは、スタイリストが組んだコーディネートになっています。テレビのCMやデパートのカタログなどの広告に使用するスタイリングを任せられることもあります。

つまり、ただおしゃれなスタイリングを提案するだけでなく、それぞれの媒体や依頼された企業のニーズに合ったスタイリングができる必要があるのです。最初はデパートのカタログなどならスタートしてキャリアを積み上げていくことが多いです。

スタイリストへの道

では、スタイリストを目指すための方法についてご紹介します。

服飾系の専門、短大、大学に入学する

スタイリストになりたいと思ったらまずは、服飾系の専門、短大、大学に通い、学ぶことがおすすめです。こうした学校で学ぶことは絶対ではなく、独学で学ぶことも選択肢としてはあります。しかし、近年はスタイリストになるための専用コースを設けている学校があったりと、学校での教育が充実しているので独学でスタリストになるには更に難易度が増していると言えます。

実際、即戦力が求められる業界なので、就職のときもそういった専門教育を受けている人の方が優遇され、採用されやすいのが現状です。また、独学で勉強するといっても何を勉強すればいいのか迷ってしまうと思いますが、学校に通えばしっかりとカリキュラムが組まれていますし、実践に近い実習などもあるので、おすすめです。

スタイリスト事務所に所属する

実際に働く段階になると、まずはスタイリスト事務所に所属することが王道のキャリアと言えます。

最初はアシスタントとして所属し、事務所で割り振られた仕事を担当することになります。アシスタントの時代は特に、不規則な勤務時間や不安定な給料など一般的な働き方よりも過酷な環境に辛いと感じることも多いでしょう。しかし、この期間でどれだけ成長できるかが、将来一人前のスタイリストとして活躍できるかのカギを握ります。プロのスタイリストからスキルを学んだり、撮影現場のスタッフや衣装を借りるアパレルショップの方々との人脈を広げることが自分の将来のキャリアに影響します。

将来独立を考えているのなら、1つひとつの出会いを大切にしましょう。

フリースタイリストになる

スタイリストを目指す多くの方が目標にしているのは、やはりフリースタイリストとして活躍することではないでしょうか。

しかし、フリーで働くには事務所に所属して働くよりも更に厳しい現実があります。事務所に所属しているときのように仕事を自動的にもらえるわけではなく、それまでに築き上げた人脈で仕事を自ら取ってこなければいけません。スタイリストの平均年収は200~500万円程ですが、仕事を取ってこれなければそれよりも低くなってしまう可能性は大いにあります。

ただ、軌道に乗って実力が業界で認められれば、自分の希望する働き方に近づけられますし、平均以上の収入を得ているスタイリストのほとんどは、フリーで活躍している方だということを踏まえると非常に魅力的なキャリアです。

アパレルブランドに就職する

スタイリストになるための王道のキャリアからは離れますが、アパレルブランドに就職してスタイリストになる方法もあります。アパレルブランドに就職すること自体はスタイリストの事務所に所属するより求人も多く、開かれた道だといえます。

しかし、そのブランドで希望する職種につけるかは定かではありませんし、周り道になってしまう覚悟はしておかないといけません。

スタイリストになるために勉強すべきこと

まずは押さえておきたい知識をご紹介します。

表現力・コーディネート力・テクニック

表現力・コーディネート力・テクニックは、スタイリストなるための最も基礎的な力と言えます。学校に通えば、こうした力は授業を通して身に付けることが出来るので、独学よりも確実でしょう。

意外かもしれませんが、コーディネートが組めるだけでなく、ヘアメイクまで出来るようになって一人前のスタイリストとして認められるようになることも注意してください。そして、コーディネートやヘアメイクの技術を基にそれを周りに伝えられる表現力が不可欠です。

センスに自信がある方でも、自分がどうしてそのスタイリングにしたいと思うのか現場の方々に伝える力がなければ仕事は成り立ちません。

ニーズに合わせたコーディネート

上にも書きましたが、スタイリストとして働くといってもその活躍の場は雑誌やテレビ、ファッションショーなど様々です。そして、当然ですがそれぞれで求められるスタイリングのニーズは異なるので、毎回の仕事のニーズに合わせてスタイリングできるよう勉強しておかなければいけません。

例えば、雑誌でも担当する雑誌によってターゲット層が異なり、それに合わせたスタイリングを提案する必要があります。

また、テレビドラマや映画などではそのシーンにあったスタイリングが求められます。ただ、フリーになれば自分の専門分野を決めて活躍している方も多いので、アシスタント時代に自分はどの分野が得意なのか見極められると良いでしょう。

ファッションビジネスの成り立ち

ファッション業界で働くということはファッションに詳しいだけでなくマーケティングや流通、小売など業界のビジネス面の知識も必要になってきます。

特にこの業界はトレンドの移り変わりが激しいので、スタイリストになってからも常にトレンドに敏感でいる必要があります。そんな時に、ファッションビジネスの知識があれば上手く対応できるでしょう。

ファッション自体にしか興味がないという人でも大切な知識なので、勉強することをおすすめいたします。

スタイリストになるために必要な能力

ファッションの知識はもちろんですが、そのほかにも必要な能力があります。

体力・精神力

華やかな職業のイメージが強いスタイリストですが、重たい衣装などを持ち運んだり、現場では常に立って、モデルのスタイリングをチェックしていなければいけません。

また、不規則な働き方で睡眠を確保できなかったり、特にアシスタント時代は過酷な環境で働きながら「本当にプロになって活躍できるのかな」と精神的にも辛い時期でしょう。それを乗り越えるには、体力、精神力が必要不可欠でしょう。

コミュニケーション能力

現場のスタッフやアパレルメーカーの方、一緒にモデルのスタイリングを行うヘアメイクの方など、スタイリストはとにかく多くの人とコミュニケーションを取ります。スムーズに仕事を進めるためには、ひるまずに自分の考えを伝えられるコミュニケーションを備えておくことが重要です。

人脈

人脈はスタイリストの仕事の軸になります。特にフリースタイリストとして活躍したい方は事務所所属の頃からできるだけ人脈を広げられるように意識しましょう。毎回の現場を上手くやり過ごしているだけでは、その場限りで次の仕事にはつながりません。

そのため、次の仕事につながるような濃い人間関係を築ける人が向いています。

まとめ夢への一歩を踏み出そう!スタイリストになるにはどうすればいい?

まずは専門の学校に通うことから始めるのがおすすめです。自分の進路を固める決心をつけるのは勇気のいることだと思いますが、本気で取り組まずに活躍できるほど甘い世界ではないので、強い意志を持って頑張ってください。
厳しい世界ではありますが、ファッションが好きな人にとっては多くのやりがいがある魅力的な仕事です。是非、夢への一歩を踏み出してみてください。

  • 毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎日、大量の服を前にコーデに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?「服の量は多いはずなのに、いざコーデを組もうとすると同じものばっかり手に取ってしまう」そんな悩みも今回ご紹介する洋服

  • お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入りの服は誰でも長持ちさせたいですよね。そんな時、悩ましいのが洗濯や保管ではないでしょうか?洗濯や保管の失敗でせっかくのお洋服をダメにしてしまったら悲しいですよね。 今回は

  • セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    「その服どこで買ったの?」と聞くと「セレクトショップ」と答えるおしゃれ女子、皆さんの周りにもいませんか?そのせいか、セレクトショップって何だかおしゃれ上級者の御用達な感じがしますよね。

  • セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    アパレル業界に興味を持っている方なら1度は聞いたことがあるバイヤーという職業かと思います。響きが何だかかっこいいですし、憧れている方も多いでしょう。 今回は、バイヤーが実際にはど

  • ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクやスタイリストを目指している皆さん、この2つの職業の関係性を知っていますか?どちらも華やかなイメージが強いですが、実際の仕事現場ではどのように関わりあっているのでしょうか。

  • 勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    スタイリストという職業を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?そのスタイリストと混同されやすいものとしてファッションコーディネーターという職業があります。今回は同一の職業と捉え