閉じる

ビーズアクセサリー作りは、最近とても人気なので始めてみよう!という人も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ始めようとしても、ビーズにはさまざまな種類があり、どのビーズでどんなアクセサリーを作ったらいいのか悩むところでしょう。

ビーズの中でもアクリルビーズは、値段が安価な上に軽くて、さまざまな種類やカラーがあるのが特徴です。そのためアクリルビーズは、個性的で魅力のあるビーズアクセサリー作りに最適だと言えるでしょう。

また、アクリルビーズは、サイズの大きなビーズが多いので、作業になれて来れば短時間でビーズアクセサリーを完成させることができます。

今回は、そんな魅力あるアクリルビーズについて詳しくご紹介しましょう。

アクリルビーズとは

一般的に広くビーズと呼ばれるものは、小さな粒のシードビーズをさすことが多いですが、アクリルビーズとは、プラスチックビーズのことで素材がアクリルでできている大粒のビーズのことを言います。

プラスチックビーズの一種

アクリルビーズとは、プラスチックビーズの一種のことで、素材がアクリルでできています。アクリル素材のため軽くてつけやすいアクセサリーが作れます。種類やカラーのバリエーションが多いのもアクリルビーズの特徴でしょう。

アクリル素材でできている

アクリルビーズとは、名前の通りアクリル素材でできているビーズのことを言います。他のビーズの素材には、ガラス、プラスチック、ウッド(木製)、クリスタル、天然石、貝などがあります。

アクリル製・アクリル樹脂と表記されている

ビーズの袋などには、素材表記がされていて、アクリル製やアクリル樹脂などと記載されています。ビーズサイズが大きいものが多く、一般的に店頭で売られているものは、一袋に1~2個という場合が多いです。

アクリルビーズとガラスビーズの違い

アクリルビーズとガラスビーズは、似ているようですがいくつかの違いがあり、その特性を生かした形やデザインになっています。その違いとは、いったい何なのでしょうか。

見た目はガラス・クリスタルビーズと似ている

アクリルビーズは、見た目がガラスやクリスタルビーズと似ています。ビーズ穴は、比較的大きいものが多いので、Tピンをそのまま通すと抜けてしまう場合があります。

そういう場合は、小粒のメタルビーズやデザイン性の高いロンデなどでビーズ穴の調整をします。同じようなアクリルビーズだけの組み合わせだと単調になりがちです。

違う素材をアクセントとして取り入れることで雰囲気の異なったアクセサリーが仕上がるでしょう。

アクリルビーズはガラスビーズと比べると軽い

アクリルビーズは、ガラスビーズと比べると比較的軽いという特徴があります。軽めのビーズなので、小粒だけでなく大きなサイズのビーズもあります。

大粒もあるので、大ぶり・ボリュームのあるアクセサリーが作れる

ガラスビーズは、小さいサイズがメインですが、アクリルビーズはその特性から比較的大きなものが多いです。そのため、ボリュームがあって、しっかりと存在感を主張するビーズアクセサリーに仕上がります。

また、ピアスやイヤリングなどの場合に大粒タイプを使うときは、普段より長めの9ピンやTピンが必要になります。

1つだけでも十分かわいいですが、ビーズなどを組み合わせることで無限のデザインアクセサリーが誕生するでしょう。

比較的安価

アクリルビーズは、比較的安価なので、いろいろな形やカラーをそろえることもできるでしょう。思わず、色違いでいくつも購入したくなってしまいます。また、全てを天然石で仕上げると高価になりますし、とても重くなります。その点、アクリルビーズを使ったアクセサリーなら、安価で軽く仕上がります。

バリエーションが豊富

アクリルビーズは、形やカラーのバリエーションが豊富なので、どれにしようか迷ってしまいます。アクリルビーズの特性を生かして、魅力的なビーズアクセサリーを作ることができます。

また、セラミック風に加工されたアクリルビーズもあります。つや消しされたレトロなアクリルビーズは、独特の雰囲気があり個性的なアクセサリー作りにはピッタリでしょう。

耐久性はガラスビーズ・クリスタルビーズの方が高い

アクリルビーズは、ガラスビーズやクリスタルビーズと比較すると耐久性が劣ります。だからと言って、壊れやすいわけではありません。

アクリルビーズの形の種類

アクリルビーズの種類には、子供用のビーズ手芸でよく見かけるソロバン型やタル型などがあります。アクリルビーズの形はたくさんの種類がありカラーもバリエーションに富んでいます。
アクリルビーズの形の名称は、販売店によって多少の違いがあるようなので、写真や現物で形を確認して購入しましょう。

ソロバン型

ソロバン型とは、あのソロバンの玉の部分に似ています。ビーズの穴部分がかなり大きいので、ヘアゴムなども通すことができます。

楕円型

楕円型は、コロンとしていて、まるでどんぐりの細長いものに形が似ています。並べても間に別のビーズを挟んでもかわいいですね。

ラウンドカット型

ラウンドカット型とは、おおよそ球体ですが表面は直線で何面ものカットが施されているものです。

丸型、すじ入り丸型

丸型は、コロンとした球体のビーズです。また、天然石でいうクラック水晶のように、中の部分にいくつもの亀裂を入れた丸型もあります。

すじ入り丸型は、ラウンドストライプやメロン型、カボチャ型などとも呼ばれています。ビーズの表面は、まるでカボチャのように凹凸があり、ラインが入っているものもあります。

平円型、コイン型

丸型を平たくしたようなビーズで、大きくて存在感があるビーズなので、個性的なビーズアクセサリー作りに最適です。

キューブ型

キューブ型は、ツルンとしていて立体的です。このキューブタイプのビーズ穴は、斜め貫通と上下貫通の2通りがあります。購入するときは、どちらなのかを確認しておきましょう。

角丸四角柱型

角丸四角柱型は、キューブ型を少し長くしたものです。とても存在感のあるビーズです。

オーバル型

オーバル型は、立体的で細長い楕円の形をしています。ビーズ穴の部分が少し長めなのでピンを通すときは長めの物を使いましょう。

ひし型、ナツメ型、ねじれひし型、変形ナツメ型

ひし型やナツメ型は、比較的コロンとしたタイプのビーズになります。それを少し平たくしてねじったものが、ねじれひし型、変形ナツメ型と呼ばれるビーズです。

ナゲット型

ナゲット型はその名の通りナゲットに形が似ていています。販売店によっては、変形した形の物もあります。

チップ・さざれ型

チップやさざれ型のビーズは、独特のユニークな形をしています。並べて使ってもアクセントとしてもいいでしょう。

スティック型・ストロー型

スティック型やストロー型は、短いストローのような形をしたビーズです。いろいろなビーズと組み合わせることができるでしょう。

フラワー

フラワーとは、花の形をしたビーズのことを言います。販売店によってはこの形の物がない場合もあります。

まとめガラスビーズとは違う?アクリルビーズの種類を大紹介!

アクリルビーズは、プラスチックビーズの一種で、アクリル素材のビーズのことです。アクリルビーズは、軽くて安価なので、手軽に作れてデザイン性に優れたビーズアクセサリー作りが可能です。

アクリルビーズには、さまざまな種類やカラーのビーズがあるので、ビーズアクセサリー作りを楽しむことができます。

そして、さらには趣味や仕事として広げていくこともできるので、簡単なものから始めドンドンと難しいデザインへと挑戦していきましょう。

  • ビーズアクセサリー作りを楽しむためのビーズステッチの基本とは?

    ビーズアクセサリー作りを楽しむためのビーズステッチの基本とは?

    ビーズアクセサリー作りは、いろいろな技法を使ってバリエーション豊かに楽しむことができます。繊細でかわいらしい作品や、豪華さで目を奪われる作品作りができるのがビーズステッチです。

  • 専用の糸もある!ビーズアクセサリーに使用する糸の選び方とは?

    専用の糸もある!ビーズアクセサリーに使用する糸の選び方とは?

    ビーズアクセサリーを作るときは、どんな糸で作るのが一番いいのでしょうか?ビーズアクセサリーの糸はテグスや種類、カラーがとても豊富です。そのためどれがいいのかわかりにくいです。 始

  • 魅力的なデザインに挑戦したい!ビーズステッチの種類について

    魅力的なデザインに挑戦したい!ビーズステッチの種類について

    繊細で美しい!そんなビーズステッチの魅力に取り付かれている人も多いのではないでしょうか。ビーズステッチは、最近とても人気がありSNSなどでも頻繁に見ることがあるでしょう。ビーズステッチ

  • ビーズアクセサリーで使用するワイヤーとワイヤーワークについて

    ビーズアクセサリーで使用するワイヤーとワイヤーワークについて

    ワイヤーワークと言えば、ウエルカムの文字などをイメージしますが、天然石やビーズなどを使ってのビーズアクセサリーでもワイヤーを使ってデザインすることができます。 ワイヤーワークは、

  • 無色透明だけじゃない?ビーズアクセサリーに使用するテグスについて

    無色透明だけじゃない?ビーズアクセサリーに使用するテグスについて

    ビーズアクセサリー作りをはじめようと思ったら、必ず必要なものがあります。その中には、テグスも含まれるでしょう。テグスと言うのは、ビーズを繋ぐ糸のようなものです。 テグスには、さま

  • ガラスビーズとは違う?アクリルビーズの種類を大紹介!

    ガラスビーズとは違う?アクリルビーズの種類を大紹介!

    ビーズアクセサリー作りは、最近とても人気なので始めてみよう!という人も多いのではないでしょうか。 しかし、いざ始めようとしても、ビーズにはさまざまな種類があり、どのビーズでどんな