閉じる

キャンドルにはたくさんの種類があります。キャンドルは、灯をともして灯りを楽しむのはもちろんですが、自分が使う目的によってはそれぞれ適したキャンドルがあるのです。今回はキャンドルの種類についてご紹介していきます。

キャンドルの種類について

キャンドルの種類を知っておくことでデザインの幅も広がります。詳しく見ていきましょう。

使用目的によって素材や形状が異なる

キャンドルにはいくつかの種類がありますが、自分が使いたい目的によって素材や形状が違ってきます。

例えば、水に浮かべることができるキャンドルがあったり、カップにいれて灯りを楽しむものなど使う用途によって適したキャンドルがあるのです。

キャンドルというのは主に型に流し込んで作られていますが、棒状のものは芯を溶けたロウの中に繰り返しつけながら太くしていきつくるという方法もあります。

質感も型や作り方によって違っているので、鏡面のような質感のキャンドルもあれば、ナチュラルな風合いの質感もあるのでさまざまなもので灯りを楽しむことができます。

豊富な種類がある

キャンドルにはさまざまな種類がありとても豊富です。可愛らしいデザインのキャンドルのものもあれば、アロマの香りによってリラックスさせる効果のあるタイプもあります。

例えば、アイスキャンドルはキャンドルの中に氷が入っていて不規則な空間ができる一風変わったキャンドルもあります。ストレートキャンドルであれば、一般的に知られている円柱型が特徴で、さまざまな太さや長さがあり使い方も豊富にあります。

また、ティーライトキャンドルは、一般的に小さくなった形が特徴的で、さまざまな容器に入れて楽しむことができます。

キャンドルの形状の種類

キャンドルの形状にもそれぞれ呼び方があります。

テーパー・キャンドル

テーパーキャンドルというのは、先細り、燭台にさすタイプのキャンドルです。おしゃれなレストランなどでよく見かける方も多いように、テーブルコーディネートには欠かせないものです。サイズやデザイン、カラーもさまざまなものがあるので自分のお気に入りのもので灯りを楽しめます。

海外では、スーパーマーケットでも販売されているほど日常的に親しまれているキャンドルで、基本的には細長いキャンドルすべてテーパーキャンドルと呼ばれているんです。

このキャンドルの面白いところは、デザインやカラーを変えるだけでも全く違った印象に仕上がるところです。こちらもキャンドルホルダーが必要なので、他のキャンドルと組み合わせても楽しめますよ。

ピラー・キャンドル

ピラーキャンドルとは、柱の形状をしたキャンドルのことです。比較的にはオーソドックスな形となっているので、どんなインテリアとも相性抜群なのが魅力的です。

直径7センチ以上もあるので、キャンドルだけでも立つことができますし、溶けていく様が幻想的で素敵です。灯を灯すたびに表情が変わるので見ていても飽きないのが魅力的ですね。

さらに、燃える時間も長いため日常的に使いたい人にもぴったりです。燃え方によっては周りが高くなることもありますが、ロウが柔らかいうちにキャンドルの上の部分を中心に押し込めば形を整えることもでき、その分長くキャンドルを使うことができますよ。

さらに、燃える時間も長いため日常的に使いたい人にもぴったりです。燃え方によっては周りが高くなることもありますが、ロウが柔らかいうちにキャンドルの上の部分を中心に押し込めば形を整えることもでき、その分長くキャンドルを使うことができますよ。

ボーティブ・キャンドル

ボーティブ・キャンドルというのは、昔からの歴史のあるキャンドルで、ボーティブというのはお供え物という意味があります。絶命では祈りのキャンドルとも呼ばれていて、キリスト教では祈りを捧げるときに使われてきたキャンドルでもあります。

以前までは無香料で白色のものが多かったのですが、最近ではカラフルなものや良い香りのするものなどが登場しています。雑貨屋などでよく販売されているのは、このボーティブキャンドルで、小ぶりな円柱となっているからこそ、野外でも使うことができるキャンドルです。

自宅で使うときには、そのまま置いてしまうとロウが地面や机などに垂れてしまうので、キャンドルホルダーを使用します。キャンドルホルダーがあればロウが垂れても安心なので必要不可欠です。色などの見た目のデザインに合わせてキャンドルホルダーを選ぶのも楽しめます。

いざというときでも役にたってくれる優れもののキャンドルです。

モチーフキャンドル

モチーフキャンドルというのは、ハートや星など形をモチーフとしたタイプことです。さまざまな形をしたものが販売されているので、そのまま飾ってインテリアとして楽しむのもおすすめです。

モチーフキャンドルは、主に不燃性のプレートの上で灯すのですが、記念品として装飾品として楽しんでいる方が多いようですね。ロウも垂れやすいものが多いので、使うときにはロウが垂れないように注意が必要です。

キャンドルの種類

キャンドルの形状によって種類が分かれます。

カップキャンドル

カップキャンドルとは、プラスチックやアルミなどのカップ容器に入ったキャンドルのことであり、アルミカップのキャンドルはティーライトとも呼ばれています。

コンパクトなものが多く、さまざまな器に入れて灯りを楽しむことができますし、ロウが垂れないため使いやすく初心者の人にもおすすめのキャンドルです。カップごとキャンドルホルダーに入れて使うことができます。

グラス製の容器ですとアルミカップを使用すると光を透過しないため暗くなってしまいますが、透明なカップを使用すると光が遮られることもないので、全体に回り込みグラスの輝きと表情をたっぷりと楽しめます。

アロマキャンドル

アロマキャンドルというのは、主に香りが主役のキャンドルです。形に関わらず原料に香料が入っているので、香りでリラックスしたいときにもぴったりのキャンドルになります。持続性はもちろんのこと安全性にも優れているものがほとんどです。

フローティングキャンドル

フローティングキャンドルというのは、水をはった容器に浮かべて使うキャンドルです。ロウというのは水よりも軽い性質であるため、その性質を利用しつつ安定して水の上で灯るように形が整えて作られています。

水に浮かべて使うことからも安全性が高く、ロウが垂れるのも気にせず使えるのも魅力のひとつです。水面で揺らめいている炎を楽しむことができます。

また、ガラスの容器を使用し火を灯すと水が光を透過させて、ゆらゆらとした影がテーブルにうつりこみ、神秘的な影を楽しむこともできます。

水に浮かべることができ、炎に熱が被らない形のガラス容器であれば何でも使えます。花と一緒に容器に入れても楽しむことができますし、夏の季節であれば涼やかさを演出できるのも魅力のひとつです。一年中さまざまなシーンで楽しめるキャンドルといえますね。

流しこみキャンドル

流しこみキャンドルというのは、容器にロウを流したもののことです。グラスや缶など燃えない容器にワックスを流しこんでいて、プレートを準備する必要がないことから気軽に使えるキャンドルでもあります。

蓋つきのものであれば、持ち運びしていても芯が折れず旅行などでも使えます。直接ワックスを流し込んでいるグラスキャンドルであれば、グラスごと使いきることができますよ。

ランタン

ランタンとは、中に芯やワックスのないもののことですが、中にキャンドルを入れ変えることができるので、何度でも灯りを楽しむことができます。

また、ランタン自体を長く使うためにも、安定感のフォルムや厚みのある壁で、無香料で楽しめるキャンドルがぴったりといえます。

外側には装飾として押し花やマスキングテープ、ドライフラワーなども使うことができ魅力的なランタンにできるのですが、もし炎の熱によって上の部分が変形した場合はせっかくの飾りが崩れてしまうので、装飾するなら下の方につけるのがおすすめです。

まとめもっと楽しむために!キャンドルの種類について知りたい

キャンドルにはたくさんの種類があり、装飾品として楽しむキャンドルもあれば、実用性のあるキャンドルもあります。キャンドルをうまく活用するためにも、さまざまな種類の特徴を理解しておく必要があります。今回ご紹介した種類を参考に、うまくキャンドルを活用していってくださいね。

  • 見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルにしあげる方法

    見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルにしあげる方法

    キャンドルをより魅力的な作品に仕上げるなら、表面のツルツルさも非常に大切です。ではそのキャンドルの表面をツルツルにするためにはどうすればよいのか、また、でこぼこしてしまう原因は何なのか

  • 身近なもので作りたい!失敗しないキャンドルのモールドの代用方法

    身近なもので作りたい!失敗しないキャンドルのモールドの代用方法

    キャンドルを作るときにはモールドが欠かせませんが、モールドを持っていなくても自宅にあるもので簡単に代用することができます。そこで今回は、キャンドルのモールドの代用方法についてご紹介して

  • キャンドルワックスの種類をわかりやすく解説

    キャンドルワックスの種類をわかりやすく解説

    皆さんキャンドルワックスと言われるとピンとこないと思いますがワックスとはロウの事です。そんなキャンドルワックスですが様々な種類があります。ロウに種類なんてあるの?と思いますが、あるんで

  • どれをチョイスしたらいい?キャンドルの芯の種類と選び方

    どれをチョイスしたらいい?キャンドルの芯の種類と選び方

    キャンドルの芯にもさまざまな種類があります。オリジナルキャンドルを制作するときに、キャンドルの芯にもこだわるとさらに楽しく作ることができるんです。そこで今回は、キャンドルの芯の種類や選

  • 簡単!香水キャンドルの作り方

    簡単!香水キャンドルの作り方

    香水キャンドルといわれると聞き慣れないかと思いますが、香水キャンドルとはアロマキャンドルの事です。アロマキャンドルといわれると聞き慣れた方も多いのではないでしょうか? この香水キ

  • キャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

    キャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

    皆さん殆どの方がキャンドルを一度は使った事があると思います。キャンドルを使う際に真ん中だけが窪んでしまったり片方だけが残ってしまったりと最後までなかなか綺麗に使いきれない事が多いです。