閉じる

皆さん殆どの方がキャンドルを一度は使った事があると思います。キャンドルを使う際に真ん中だけが窪んでしまったり片方だけが残ってしまったりと最後までなかなか綺麗に使いきれない事が多いです。ですがちょっとした事に気をつけるだけでこの問題は改善されるのです。

キャンドルを最後まで使うには?

キャンドルを最後まで使うコツとして一番大切なことは、ロウを均一に溶かすという事です。ロウを均一に溶かさないとキャンドルが残ってしまうため、最後まで楽しむことができません。
では、どうしたらロウを均一に溶かすことができるのでしょうか?

ロウを均一に溶かす方法

上手なキャンドルの使い方も合わせて解説します。

1回の燃焼時間を長く 1、2時間程

キャンドルに火を付けたら、大きさにもよりますが最低でも1時間程は火を付けておきましょう。火を付けたのにすぐ消すという事を繰り返すと、真ん中だけに熱が伝わってしまい、真ん中だけがくぼんでしまったりします。

それを避けるためにも火を付けてからすぐ消すのは控えたほうが良いですね。1、2時間程付けておく事で、全体に熱が伝わり十分にロウが溶けてくれます。ロウをきちんと全体的に溶かす事がロウを均一に溶かす為の最大のポイントともいえます。

先端では無くなるべく芯の根元に火を付ける

キャンドルの芯はロウを溶かしながら燃えていきます。ですので、芯の先端に火を付けてしまうと、途中で火が消えてしまう可能性があります。

また、火を付ける時に時間がかかってしまいますので、必ず根元から火を付けるようにしましょう。

芯や先端に埃などが付着していると燃焼に差が出てしまう為均一にロウを溶かす事が出来ません。濡れた布などで軽く拭き取ってから使うようにしてみてください。

芯や先端に埃などが付着していると燃焼に差が出てしまう為均一にロウを溶かす事が出来ません。濡れた布などで軽く拭き取ってから使うようにしてみてください。

均一に溶かす為の注意点

ロウを均一に溶かす為の方法をいくつかご紹介しましたが、注意点も伴います。注意点を踏まえた上で実践してみましょう!

火を付ける前に芯の長さを確認

基本的にキャンドルの芯は5、6㎜を保つように気をつけましょう。長いようならばハサミでカットしてから使うようにして下さい。芯が長いと、傾きの原因になってしまいロウが上手く溶けません。

そして、芯が長く先端に焦げ目が付いてしまっている場合、黒煙の原因ともなり得ますので長さは必ず5、6㎜を保つよう心がけてください。このときポイントが1つあります。

キャンドルに火を付ける際、芯を真っ直ぐに立てる事がポイントです。曲がってしまっていると、その片方だけが溶けていってしまう原因となるのでキャンドルが均一に溶けてくれません。

風を避ける

これは比較的皆さんキャンドルを使用するにあたって気を付けている方も多いのではないでしょうか?風を浴びてしまうと火が偏ってしまい上手くロウが溶けないどころか、火が消えてしまう可能性大なのです。

ですので、キャンドルホルダーなどがありますから、上手く活用してキャンドルを楽しみましょう。更には室温も低すぎてしまうと、キャンドルが綺麗に溶けない原因となりますので、室温も冷え過ぎていないか確認してみましょう。

平らな場所で使用する

平らな場所で使用しないとロウが垂れてしまったりと、とても危険なので必ず平らな場所で使用するようにして下さい。

そして、更にキャンドル自体が傾いてしまっていると溶け方にも偏りがみられてしまうので、綺麗に溶けない最大の原因となります。芯が曲がっているだけでもキャンドルの偏りに繋がるくらいですので、キャンドル自体が傾いていてはもちろんロウは均等に溶けてくれません。

バランス悪く溶けてしまった時の対処法

もし万が一、キャンドル使用時にバランス悪く溶けてしまったという方必見です。きちんと対処法がありますのでご紹介します。

グラス入りの場合

ガラス瓶などのグラスに入っているキャンドルの場合、湯せんで溶かして平らにする方法があります。不恰好に溶けてしまったキャンドルも湯せんにかける事で一度全て溶けるので平らに元通りとなります。

湯せんで溶かす

湯せんして平らにするだけでもいいのですが、湯せんしたロウを小さめの容器に入れ替えて再度使用する事で容器が小さい分、熱も伝わりやすくなり均等に溶かすことができます。最後まで使い切り、楽しむ事が出来ます。

そして、もう1つ良い所があるのです。小さな容器に作り変える際に、お好きな香りの香水や、アロマオイルを垂らす事で、アロマキャンドルに大変身させることができます。

また、色を付けたい場合は、削ったクレヨンを一緒に溶かすだけで綺麗に色付けが出来ます。

アロマキャンドルにする場合は、ロウを溶かしてすぐに香水、またはアロマオイルを入れてしまうと、香りが飛びやすくなってしまう為、少し冷めてから入れるようにして下さい。かといって固まってしまっては元も子もないので、よく見ておきましょう。

また、湯せんする場合は必ず火傷に十分注意しましょう。湯せんする際、大体の方はご家庭のガスコンロをご使用かと思いますが、ガスコンロを使用する場合は引火の可能性がありますので直火ではなく、必ずロウは湯せんで行います。

ロウの湯せんで使用した鍋は、料理などで再利用する事は出来ませんので、それはロウを湯せんする用の鍋にするなどの対策をして下さい。

溶かしたロウは冷えると固まりますので、流しにそのまま捨てると排水溝が詰まる原因になります。ロウは流しには流さないようにしましょう。残ったロウは新聞紙やキッチンペーパーなどできちんと拭き取って捨てます。

太いキャンドルの場合

太いキャンドルは比較的、気を遣っていても芯の部分がくぼんでしまう場合が多々あるのです。
芯の部分がくぼんできて、低くなってきますと燃焼するにもしずらくなってしまいます。ですが、そんな時の為の対策があります。

・火を消した後にロウの液だまりを捨てる
・ロウの壁をとっておく

太いキャンドルの場合、キャンドルを消したら必ず溶けて溜まったロウを捨てましょう。そして、ロウの壁を取っておく事でキャンドルの立ち消えの防止にもなります。

また、火を消す際にも気をつけなければならない事があります。キャンドルと言われると、お誕生日ケーキのろうそくの様に息を吹きかけて消すイメージはありませんか?ですがその消し方はNGです。火を消す際は息を吹きかけて消すのではなく、火消し棒で消すのがオススメです。

この火消し棒、スナッファーと言われています。最近ではネットや雑貨屋さんなどでも売られていて、ネットなんかでは可愛いインテリアとしても飾っておける様なお洒落で可愛い物もあったりします。和ろうそく用の火消し棒もお洒落な物がたくさんあります。

ですが、そちらを購入する予定の無い方ももちろん大丈夫です。割り箸などを使って溶けたロウの中へ芯を浸けて火を消しましょう。その際に、ロウに浸けた芯はすぐに起こして立てておく事が大切です。

また、芯がロウに覆われる事により、煙も出にくくなります。消す際に煙が出にくくなるのはとても嬉しい事ですよね。

まとめキャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

作り変える際にアロマキャンドルに出来るなんて驚きましたか?アロマキャンドルにはリラックス効果もありますし、お気に入りのキャンドルなんかは是非とも最後の最後まで楽しんで使い切りたいものです。

普通に使っているのにどうしても上手くロウが溶けないな。などと不思議に思っていた方は、ほんの些細な事に注意して使ってあげる事でそれらの問題点が改善します。

誰もが使った経験のあるキャンドルですが、意外と知られていない事がたくさんあるのです。キャンドルの性質とこれらの注意点に気を付ければ、無駄にする事もなくキャンドルを最後まで使い切る事が出来ますね。

  • 見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルにしあげる方法

    見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルにしあげる方法

    キャンドルをより魅力的な作品に仕上げるなら、表面のツルツルさも非常に大切です。ではそのキャンドルの表面をツルツルにするためにはどうすればよいのか、また、でこぼこしてしまう原因は何なのか

  • 身近なもので作りたい!失敗しないキャンドルのモールドの代用方法

    身近なもので作りたい!失敗しないキャンドルのモールドの代用方法

    キャンドルを作るときにはモールドが欠かせませんが、モールドを持っていなくても自宅にあるもので簡単に代用することができます。そこで今回は、キャンドルのモールドの代用方法についてご紹介して

  • キャンドルワックスの種類をわかりやすく解説

    キャンドルワックスの種類をわかりやすく解説

    皆さんキャンドルワックスと言われるとピンとこないと思いますがワックスとはロウの事です。そんなキャンドルワックスですが様々な種類があります。ロウに種類なんてあるの?と思いますが、あるんで

  • どれをチョイスしたらいい?キャンドルの芯の種類と選び方

    どれをチョイスしたらいい?キャンドルの芯の種類と選び方

    キャンドルの芯にもさまざまな種類があります。オリジナルキャンドルを制作するときに、キャンドルの芯にもこだわるとさらに楽しく作ることができるんです。そこで今回は、キャンドルの芯の種類や選

  • 簡単!香水キャンドルの作り方

    簡単!香水キャンドルの作り方

    香水キャンドルといわれると聞き慣れないかと思いますが、香水キャンドルとはアロマキャンドルの事です。アロマキャンドルといわれると聞き慣れた方も多いのではないでしょうか? この香水キ

  • キャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

    キャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

    皆さん殆どの方がキャンドルを一度は使った事があると思います。キャンドルを使う際に真ん中だけが窪んでしまったり片方だけが残ってしまったりと最後までなかなか綺麗に使いきれない事が多いです。