閉じる

キャンドルには正しい消し方があります。キャンドルの正しい消し方を知っておくことで、よりキャンドルを楽しむことができます。そこで今回は、キャンドルの消し方についてご紹介していきます。

キャンドルの消し方

キャンドルに息を吹き掛けて消す人が多いと思いますが、火を息で吹き消してしまうと煙や嫌な臭いがでてしまうことがあるうえに、溶けたロウが飛び散り危険な場合があります。
そのため、キャンドルを消すときには、芯をピンセットなどで軽くつまんで、溶けているロウの中に浸して火を消すようにしましょう。
そして、火を消した後は芯を真っ直ぐ起こしておきましょう。ロウというのは油と同じなので加熱を繰り返すことによって、いやな臭いを発生させてしまうことがあります。火を消した後は溶けてたまっているロウを捨てることによって、いつも新鮮なキャンドルを楽しむことができます。
また、溶けたロウを捨てることによって、溶けたロウの中に芯が浸かったまま固まってしまい、火を次につけることができないということも防ぐことができるのです。溶けたロウは新聞紙などで染み込ませたり、紙コップなどの中にいれてしっかりと固まってから可燃ごみに捨てましょう。
また、ロウを捨てたあとに芯の長さを8ミリ程度にカットしておくことで、次に使うときもスムーズに楽しむことができますよ。火を消すときに芯をロウにつけて火を消すことによって、芯の先にロウがついて次に使うときに火もつけやすいのでこの方法で火を消すようにしましょう。

キャンドルを消すときの注意点

キャンドルは丁寧に消すという点を意識してみましょう。

息で吹き消さない

キャンドルを消すときの注意点として、息を吹き掛けて火を消さないようにしましょう。火を息で吹き掛けて消してしまうと、焦げ臭くなってしまったり、煙がたってしまいます。

嫌な臭いが部屋に充満してしまうこともあるうえに、天井や鴨部にすすがついてしまうこともあります。さらには次に火をつけるときになかなか点火しにくくなってしまうこともあるのです。

また、アロマキャンドルの場合は、息を吹き掛けてしまうと、次に火をつけたときにアロマの香りと焦げた臭いが混ざってしまい、せっかくのアロマのいい香りが台無しになってしまうこともあるのです。

息を吹き掛けて火をけすと溶けたロウが飛び散ってしまい、床や家具が汚れてしまうだけでなく、最悪の場合には皮膚について火傷となってしまうこともあるので、火をけすときには息を吹き掛けて消さないようにしましょう。

キャンドルを消すときに手で仰いで消す人もいますが、この方法ですとなかなか火を消すことができない上に、キャンドルに手が当たってしまいキャンドルが転倒してしまう可能性もあります。だからと言って手で仰いで火を消すのもおすすめできません。

キャンドルを消したあとのお手入れ

お気に入りのキャンドルは長く使いたいものですが、何度か使い続けていると火がつきにくくなったり、形が悪くなってしまうこともありますよね。そういったことを未然に防ぐためにも、キャンドルの火を消したあとのお手入れも重要となってくるのです。

溶けたロウを取り出す

キャンドルを消したあとはすぐに溶けているロウを捨てることが大切です。ロウをそのまま放置してしまうと、芯が立ち消えしてしまうことがあります。

また、一度溶けたロウに何度も火をつけているとロウが次第に劣化してしまい、嫌な臭いの原因となってしまうこともあります。溶けたロウはこまめに取り除くことが大切です。

もし、時間が経ってしまってロウが固まった場合は、お湯を容器に注ぐとロウが柔らかくなり溶け始め、水面に浮かびます。お湯が冷めてロウが固まったときに取り出すことができますよ。

この方法は、ロウがどこかに飛び散ってしまった場合にも効果的なので、覚えておくと安心ですね。

周りにできたロウの壁を切り取る

キャンドルを使うと、どうしても芯に近い真ん中の部分のロウだけが溶けてしまいがちですよね。中央だけのロウが溶けてしまうことで、くぼみができてしまい、それが深くなることによって火がつきにくくなったり、立ち消えしてしまうこともあります。

そうならないためにも、周囲でできたロウの壁を切り取る必要があります。切り取ることでキャンドルを平均的に燃焼させることができますので、キャンドルを長い時間楽しむことができるようになります。

ホコリがついていたら少し湿った布で拭き取る

キャンドルをお部屋にそのまま置いておく人も多いですが、このときに注意してほしいのがホコリなんです。

キャンドルにホコリがあると、見た目もよくないのはもちろんですが、燃焼するときにホコリにも火がついてしまい、お手入れしておいても焦げた臭いが発生したり、体に有害な物質が発生してしまうこともあります。

それを防ぐためにも数日に一度はキャンドルを拭いておくのもお手入れのひとつです。このときのお手入れは湿らせた布でキャンドルを拭くと効果的です。

芯が長すぎる場合は少しカットする

キャンドルを使い続けていると、芯がでてきて長くなってきます。何が問題なのかというと、火が大きすぎてせっかくのキャンドルがただのろうそくに見えてしまったり、安全上の問題も心配する必要があるのです。

さらに、キャンドルを使い続けていると、黒い煙が発生しますがこれは芯が長すぎることが原因なのです。芯が長く出ていたり火が大きすぎると感じたときには、芯の先を少しカットするようにしましょう。目安としては5ミリ程度で、キャンドルの火もちょうど良い大きさに戻りますよ。

保存方法

キャンドルは火の消し方はもちろん、保存しているときも大切になってきます。キャンドルにとって良い状態を長持ちさせるようにしましょう。

冷暗場所がおすすめ

キャンドルを保存する時は、基本的に冷暗所に置くのがおすすめです。キャンドルというのは、温度の変化にととても敏感なので、温度変化の激しい場所に保管しているとひび割れを起こす可能性もあります。

また、キャンドルのワックスというのは、油分が含まれているので汚れを未然に防ぐためにもホルダーやプレートを使うのがおすすめです。棚板などに直接おいたときに油分によってキャンドルがくっついて外れなくなる場合があるからです。

直射日光が当たる場所は溶けやすく劣化しやすい

キャンドルを保存するときは、直射日光が当たらない場所に保管しましょう。紫外線にはキャンドルを劣化させる原因となり、キャンドルの素材によっては融点が低いものもあります。特に、暑い季節や光が集まりやすい環境だとキャンドルが柔らかくなってしまうこともあります。

また、ホコリや汚れがついてしまうと劣化する速度も早くなってしまいますので、注意しておきたいポイントになります。

風当りのいいものは香りが飛びやすい

アロマキャンドルなどを保存する際には、エアコンの下や窓際、また風当たりの良い場所では避けるようにしましょう。あまりに風が当たる場所に置いてしまうと、せっかくのアロマの臭いが飛んでしまう場合もあるのです。

お子さんやペットがいる家庭は、できるだけ手の届かない場所に保管する必要があります。

まとめ最後まで楽しみたい!キャンドルの消し方について知っておこう

今回ご紹介したキャンドルの消し方について、理解できたのではないでしょうか。キャンドルを長く楽しむためには、消し方も正しい方法で行う必要があります。保存方法についても最適な場所で保管することで、よりキャンドルを楽しめるでしょう。

  • 見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルにしあげる方法

    見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルにしあげる方法

    キャンドルをより魅力的な作品に仕上げるなら、表面のツルツルさも非常に大切です。ではそのキャンドルの表面をツルツルにするためにはどうすればよいのか、また、でこぼこしてしまう原因は何なのか

  • 身近なもので作りたい!失敗しないキャンドルのモールドの代用方法

    身近なもので作りたい!失敗しないキャンドルのモールドの代用方法

    キャンドルを作るときにはモールドが欠かせませんが、モールドを持っていなくても自宅にあるもので簡単に代用することができます。そこで今回は、キャンドルのモールドの代用方法についてご紹介して

  • キャンドルワックスの種類をわかりやすく解説

    キャンドルワックスの種類をわかりやすく解説

    皆さんキャンドルワックスと言われるとピンとこないと思いますがワックスとはロウの事です。そんなキャンドルワックスですが様々な種類があります。ロウに種類なんてあるの?と思いますが、あるんで

  • どれをチョイスしたらいい?キャンドルの芯の種類と選び方

    どれをチョイスしたらいい?キャンドルの芯の種類と選び方

    キャンドルの芯にもさまざまな種類があります。オリジナルキャンドルを制作するときに、キャンドルの芯にもこだわるとさらに楽しく作ることができるんです。そこで今回は、キャンドルの芯の種類や選

  • 簡単!香水キャンドルの作り方

    簡単!香水キャンドルの作り方

    香水キャンドルといわれると聞き慣れないかと思いますが、香水キャンドルとはアロマキャンドルの事です。アロマキャンドルといわれると聞き慣れた方も多いのではないでしょうか? この香水キ

  • キャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

    キャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

    皆さん殆どの方がキャンドルを一度は使った事があると思います。キャンドルを使う際に真ん中だけが窪んでしまったり片方だけが残ってしまったりと最後までなかなか綺麗に使いきれない事が多いです。