閉じる

キャンドルをより魅力的な作品に仕上げるなら、表面のツルツルさも非常に大切です。ではそのキャンドルの表面をツルツルにするためにはどうすればよいのか、また、でこぼこしてしまう原因は何なのかなど、ツルツルキャンドルにする方法についてご紹介していきます。

これを読めばあなたもきっと、ツルツルキャンドルを作製することができ作品の完成度もグッと上がること間違いなしです。

キャンドルの表面をツルツルに仕上げるには

キャンドルを製作するときには、出来る限り表面をきれいに仕上げたいですよね。キャンドルの表面がツルツルしていれば、さらに外観も美しく見えて完成度もかなり高くなるのです。
実際に想像すると分かりやすいはずです。気泡が入っていたり表面がでこぼこしているキャンドルと、表面がツルツルしていて艶やかなキャンドルとでは、どちらのキャンドルが魅力的なのか一目瞭然ですよね。
キャンドルは火をつけて明かりを灯すものなので、火をつければツルツルであっても結局はなくなってしまいますが、キャンドルを使う前の見た目はかなり重要です。
キャンドルをきれいに仕上げるためには、表面のツルツルした加減を左右するポイントがいくつかあるんです。キャンドルを製作する際には、そのいくつかのポイントをおさえながら丁寧に作ると仕上がりが一段と良くなります。

ロウの温度などによって表面のさわり心地が変わる

キャンドルを製作する際に同じ作り方であっても、表面のさわり心地に違いがあるという場合は、ロウの温度が原因になります。

実は、非常に繊細なのがロウの特徴でもあります。そのためキャンドルを製作するのが初めてという人の中には、ロウの温度を測るという工程をせずに、ロウが溶けたらモールドに流し込むという人が多いんです。

しかし、このときに温度が少しでも違ってしまうと、表面の質感に違いが生まれてしまいます。
このような理由から、キャンドルの表面をツルツルした状態に仕上げるには、キャンドルを製作する際のロウの温度が大切ということなのです。

ツルツルキャンドルの特徴

では、ツルツルしたキャンドルにはどのような特徴があるのかご紹介していきましょう。

ツルツルだとさわり心地がいい

表面がツルツルしたキャンドルは、さわり心地がとてもよいでしょう。火をつけているときはキャンドルを手で直接触るということはないと思いますが、火をつけていない状態の時からキャンドルはお手入れする必要があります。

このような時に手でキャンドルを触るという機会は意外とあるものです。

また、キャンドルは飾っておいて眺めたり、手に取って香りを楽しんだりと癒しを与えてくれるアイテムでもあるので、ツルツルしたさわり心地や質感はとても重要度が高いのです。

キャンドルの透明度が上がる

表面がツルツルしたキャンドルは、透明度も自然と高まってくるものです。そうなると、自分のオリジナルキャンドルの作品としても、完成度は非常に高くなりますよね。

せっかくキャンドルを自作するのであれば、完成度が高い魅力的なキャンドルを作製したいという人が多いはずです。自分の作品として素敵なキャンドルを作るためにも、表面のツルツルした見た目は大切なものとなってくることが分かることと思います。

容器からとりだしやすい

キャンドルの表面がツルツルしているとさわり心地がよいだけでなく、容器からキャンドルを取り出すときにもスムーズになります。引っ掛かるようなでこぼこがないため、キャンドル自体を傷つけることもありませんよ。

キャンドル表面が凸凹になる原因

では、キャンドルを自作する際に表面がでこぼこしてしまう原因とは、何があるのかご紹介していきましょう。
キャンドルの表面がでこぼこしてしまう原因としては、主に温度が関係している場合がほとんどです。キャンドルを自作する際には、でこぼこしてしまう原因を理解しておくことで、より魅力的なキャンドル作りをすることができますよ。

流し込むロウの温度が低い

表面がでこぼこしてしまうキャンドルの原因として最も多いのが、モールドに流し込む際のロウの温度が低いことにあります。

使うモールドによっては、ある程度ロウを冷まして流し込む必要がある場合もあるのですが、あまりにロウの温度が低いと、キャンドルそのものの品質に影響を及ぼしてしまう可能性があります。

ロウの温度が低いのに、モールドに流し込んでしまうと気泡ができやすくなってしまうため、注意が必要です。

流し込むロウとモールド自体の温度差

では、温度が低すぎなければいいのか、というだけではありません。モールドにロウを流し込む際にロウの温度がどれだけ熱かったとしても、モールド自体の温度が低すぎると、キャンドルの表面はでこぼこになる可能性もあります。

キャンドルの表面がツルツルしたものを自作したい場合には、ロウを流し込むモールドとの温度差にも注意する必要があります。

ツルツルキャンドルの作り方

キャンドルの表面がツルツルしたものがどんなに魅力的か、また表面がツルツルしない原因について理解できたと思います。
では、具体的にはどういう作り方であれば、表面がツルツルしたキャンドルを作れるのか、作り方についてご紹介していきましょう。

アクリルなどの耐熱容器を用意

ツルツルキャンドルを作製するには、耐熱性に優れた容器を用意する必要があります。

具体的には、アクリル製などの耐熱性に優れたモールドであれば、ロウが熱くても流し込むことができます。ロウが熱い状態で流し込むとツルツルキャンドルを簡単に作製することができますので、アクリル製または耐熱ガラスなどのモールドを使うようにしましょう。

容器を温めて置く

ツルツルキャンドルを作製するには、モールド自体を温めておくことも非常に大切です。ロウとモールドの温度差をなくすことで、よりツルツルキャンドルを作ることができます。

モールドを温めるには、熱湯を入れておく方法が最適です。ロウをモールドに流し込む前に、あらかじめモールドにお湯をいれておき、ロウを流し込む直前でお湯を捨てて水気を拭き取ります。

ロウの温度は80℃~90℃で流す

ロウの熱い状態といっても、具体的にはどのくらいの温度なのか気になることでしょう。ロウの温度は約80から90℃くらいの温度がベストです。的確な温度を測るためにも、温度計を一緒に準備しておくと分かりやすいです。

温度計自体は安いものでも問題ありませんが、キャンドル作りに使うので料理に使う温度計とは別のものを準備しておきましょう。

ツルツルにする時の注意点

作り方については理解できたかと思いますが、ツルツルキャンドルを作製するにあたって注意してほしい点もありますのでご紹介していきます。

温度の上がりすぎに注意

ツルツルキャンドルを作製する場合、ロウ自体の温度が上がりすぎてしまうのにも注意が必要です。ロウの熱い状態といっても、適した温度よりも熱すぎるものは失敗を招きかねません。そのため、キャンドルを作製する際には、必ず温度計を準備して正しい温度で作るようにしましょう。

香りがあるものは飛んだり劣化する可能性がある

アロマキャンドルなど、香りのあるキャンドルを作製する場合、ロウの温度が熱すぎてしまうと香りも一緒に飛ばしてしまう可能性があります。そのため、自分がキャンドルを作製する場合には、香りを重視するのか、表面を重視するのかを決めてから作製するようにしましょう。

どうしてもツルツルキャンドルに香りをプラスしたい場合には、ロウをモールドに流し込んだあと少し温度が下がったところで香りを加えるようにすると、失敗せずにすみます。実際に試しながら加減をしてみてくださいね。

まとめ見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルに仕上げる方法

キャンドルをより魅力的な作品に仕上げるなら、ツルツルした表面の質感も大切です。今回のお話で、いかに表面のツルツルさが重要か、温度が原因ででこぼこになるという点などが理解できたと思います。

今回の作り方、ポイントを踏まえたうえで、キャンドル作製に取りかかってみてくださいね。

  • 見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルにしあげる方法

    見た目も美しい!キャンドルの表面をツルツルにしあげる方法

    キャンドルをより魅力的な作品に仕上げるなら、表面のツルツルさも非常に大切です。ではそのキャンドルの表面をツルツルにするためにはどうすればよいのか、また、でこぼこしてしまう原因は何なのか

  • 身近なもので作りたい!失敗しないキャンドルのモールドの代用方法

    身近なもので作りたい!失敗しないキャンドルのモールドの代用方法

    キャンドルを作るときにはモールドが欠かせませんが、モールドを持っていなくても自宅にあるもので簡単に代用することができます。そこで今回は、キャンドルのモールドの代用方法についてご紹介して

  • キャンドルワックスの種類をわかりやすく解説

    キャンドルワックスの種類をわかりやすく解説

    皆さんキャンドルワックスと言われるとピンとこないと思いますがワックスとはロウの事です。そんなキャンドルワックスですが様々な種類があります。ロウに種類なんてあるの?と思いますが、あるんで

  • どれをチョイスしたらいい?キャンドルの芯の種類と選び方

    どれをチョイスしたらいい?キャンドルの芯の種類と選び方

    キャンドルの芯にもさまざまな種類があります。オリジナルキャンドルを制作するときに、キャンドルの芯にもこだわるとさらに楽しく作ることができるんです。そこで今回は、キャンドルの芯の種類や選

  • 簡単!香水キャンドルの作り方

    簡単!香水キャンドルの作り方

    香水キャンドルといわれると聞き慣れないかと思いますが、香水キャンドルとはアロマキャンドルの事です。アロマキャンドルといわれると聞き慣れた方も多いのではないでしょうか? この香水キ

  • キャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

    キャンドルを最後まで使い切るコツをご紹介

    皆さん殆どの方がキャンドルを一度は使った事があると思います。キャンドルを使う際に真ん中だけが窪んでしまったり片方だけが残ってしまったりと最後までなかなか綺麗に使いきれない事が多いです。