閉じる

最近人気上昇中のハンドメイド。趣味やお小遣い稼ぎの副業としてなど、さまざまな目的で始めてみたい人は多いのではないでしょうか。

ハンドメイドとは?と問われ、「手作りしたもの」と答える方がほとんどだと思います。
しかし、実はこの漠然とした「手作り」の物ということ以外にもハンドメイドの定義には、細かい条件が含まれます。

この細かい条件は、ハンドメイドを始める前にぜひ知っておいてもらいたい知識です。
ハンドメイドを始めたい人、ハンドメイドについてもっと知りたいという人の為に、今回は「ハンドメイドの意味や定義」についてご紹介します。

ハンドメイドの意味

ハンドメイドを辞書で引くと、「人の手で作られたもの、手作り、お手製」の言葉が出てきます。つまり機械ではなく、手で作るものであれば仮に工具や作製キットを使って作るものでも、ハンドメイドと呼ばれます。
なんとなくハンドメイドと聞いてイメージするものと違和感があるとは思いませんか。では、たとえばハンドメイド(手編み)で作られた生地を使い、機械で裁断や仕上げをする場合はどうなのでしょうか。

ハンドメイドの定義

機械による大量生産ではなく、1つ1つが手作業で作られていること

機械によって、大量生産されているものはハンドメイドではありません。つまり、上記に例を挙げた「手編みの生地を使い、一部工程を機械で仕上げたもの」はハンドメイドではありません。機械ではなくすべての工程を1つ1つ手作りすることで、出来上がった作品は必ず細かい部分に微妙な違いが生まれます。手作りであるが故に生まれる作品の違いを持つもの、作品がハンドメイドと呼べます。

工具を使ったハンドメイド

機械で作ったものは、ハンドメイドではないと前述しました。しかし、手を使う工具を使用して作った作品はハンドメイドに分類されます。

具体的な工具としては、半田ごてやニッパーなどです。これらは、プログラミング通り自動でものを作るのではなく、手作業を補助する道具です。あくまでも手作業であれば、道具を積極的に取り入れても構いません。大事なのは、機械が作るものなのか、道具を使っていても手で作るものなのか。という違いです。

難しいハンドメイドの定義

ハンドメイドを定義づけることは、やはりとても難しいです。自分で使用するものをハンドメイドとして作成するには、細かい定義に当てはまらなくても何の問題もありません。

一方で、作成したものをネットやその他の方法で販売する際には仮にすべて手作業で作成したものを出品しても、既存するものの類似品を扱った場合、トラブルに発展することがあります。しかも作成した本人は気がつかない内に作成し、販売していたということもあるでしょう。この場合は、手作業で作ったものであっても「ハンドメイド作品」として認められないと言われてしまうことがあります。

ハンドメイド と確実に言えるもの

ハンドメイドと確実に定義出来るもの、それは「手作業ですべての工程を作成し、かつ作品の最初(デザイン、構想)から最後まで自分で考えて作ったもの」です。具体的には、手編みのマフラーや生地から作ったお菓子などが代表的なハンドメイドとして挙げられます。他の作品を真似たり、インターネットや雑誌の作り方を見て作ったものは、ハンドメイド作品と呼ぶことが出来ないということです。

参考までですが、ハンドメイド販売サイトの「minne」や「creema」では、

・出品出来る作品は、出品者自らのハンドメイド品(創作物)に限定します。他人が作った作品は出品出来ません。(ハンドメイド作品に関連する素材、製作者より販売を委託された場合を除く。)

・大量生産品や、既存品に少し手を加えた程度の作品の出品は認めておりません。

と明記しています。オリジナリティのないものをハンドメイド作品とするのは、モラル違反になるということです。

ハンドメイドと間違えられやすいもの

ハンドメイドは基準が難しいものです。そのため、ハンドメイドと間違えられやすい物があります。

既製品をカスタマイズしたもの

既製品にアレンジやデコレーションを加えてカスタマイズしたものは、明確にはハンドメイド作品とは言えません。たとえすべての工程を手作りで作成し、既製品の存在を知らない人にはハンドメイドのように見えても、厳密にはハンドメイド作品とは言えません。

リメイク作品のようなオリジナリティを必要とするものでも、既存のものがベースになっていればハンドメイドとすることは出来ません。あくまでも作り手のアイディアの元に作られたものが、ハンドメイドと言えます。

キットで大量に作られたもの

これからハンドメイドを始めよう!とチャレンジする方には強い味方の作成キット。このキットで作られたものも、ハンドメイドとして当てはまらない場合があります。

自分で使用するものをハンドメイドとして作成する分に関しては、まったく問題ありませんが、ハンドメイドとして作品を販売する場合は当てはまらないと考えましょう。ハンドメイドにチャレンジする際の入り口としてはキットを用いて作ってみるのもおススメですが、ステップアップの中で省いていきたいですね。

ハンドメイドの価値

ハンドメイドの価値を考慮することで、よりオリジナリティのある魅力的な作品を作ることが出来ます。

唯一無二であること

ハンドメイドの1番の価値は、「世界にたったひとつだけのもの」であることです。たとえ同じデザインと同じ材料を使って作成したものでも、手作業の工程の中で作品は微妙に違うものです。

ハンドメイドのものを使用する人の多くは、「人と違うものを持ちたい。」という理由からハンドメイド作品を作ったり買ったりします。手作業で生まれる絶妙な違いを楽しんでハンドメイド作品を作ってみると、いい意味でよりハンドメイドらしい魅力的で独創的な作品になるでしょう。

デザインから作成までオリジナルであること

オリジナリティに溢れる作品はハンドメイドとしての価値が高い作品です。構想からすべての工程を作り手のオリジナルのアイディアにより仕上げることで、オンリーワンの美しさを引き出すことが出来ます。

作品には作家の思いを

ハンドメイド作品には、作家の心が映し出されます。手作業の工程では、作家の気持ちが作品に表れることが少なくありません。1つ1つ、使用する人のことを思い丁寧に仕上げられた作品は素敵なハンドメイド品を生み出します。時には、ここはもう少しこうだった方がよかったかもしれないと作家が感じても、それがまた作品の味わいとして活きることも多いのです。

まとめハンドメイドの意味と定義

ハンドメイド作品は、作っても買っても世界にたったひとつだけのものです。意味や定義は理解が難しいグレーな部分がありますが、デザインから工程のすべてを手作りした作品は魅力的でオリジナリティ溢れるハンドメイド作品となります。機械のように精密な作品よりも、人の手で作るからこそ表せる温かみを大事にし、作品を作ってみてはいかがでしょうか。そうやって出来た作品は、きっと作家さんにとっても思い入れのある特別なものとなるでしょう。

  • ハンドメイドを販売するコツ

    ハンドメイドを販売するコツ

    ハンドメイド販売をはじめたけれど、「なかなか売れない」「売れたけれど、材料費を考慮すれば利益が薄い」とガッカリしている方、ハンドメイド販売を今からはじめるけれど「売れる自信がない」と思

  • ハンドメイド作品の写真の撮り方とコツ

    ハンドメイド作品の写真の撮り方とコツ

    ハンドメイド作品をインターネット販売する際、写真はもっとも大切なアピール材料となります。写真の出来によって売り上げが左右すると言っても過言ではありません。 しかし、写真の腕にあま

  • ハンドメイドを仕事にするには

    ハンドメイドを仕事にするには

    趣味を仕事に!誰でも一度は夢みる仕事の理想的な形です。ハンドメイドが好きな方は、ハンドメイド作家として生計を立てることを最大の目標として努力している方も多いのではないでしょうか。そのよ

  • 初心者の為のハンドメイド作品の販売方法

    初心者の為のハンドメイド作品の販売方法

    今、ハンドメイドは8千億円市場とも言われており、さまざまなメディアでもハンドメイド作家さんが月○○円稼いでいる!といって取り上げられています。一方で、ハンドメイド作品を販売して副収入を

  • ハンドメイドの著作権について

    ハンドメイドの著作権について

    ハンドメイドに興味があり作品を作ってみた方は、これから販売にもチャレンジしてみたい、と次のステップを考える人が多いのではないでしょうか。ハンドメイド販売を始める前に、売れるためのノウハ

  • ハンドメイドの注意書きの書き方

    ハンドメイドの注意書きの書き方

    ハンドメイド作品を販売する際、購入者とのトラブルは出来るだけ回避したいものです。誤解を招いてしまうような曖昧な紹介文や注意書きは避けた方がいいとわかっていても、どのように書けば相手に確