閉じる

今、ハンドメイドは8千億円市場とも言われており、さまざまなメディアでもハンドメイド作家さんが月○○円稼いでいる!といって取り上げられています。一方で、ハンドメイド作品を販売して副収入を得たい、しかし「どのように始めたらいいのかわからない…」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。そのような方の為に、オススメのハンドメイド作品販売方法をご紹介します。

ハンドメイドの代表的な販売方法

ハンドメイド作品を販売する為には、特別な申請や資格は必要ありません。基本的には、誰もが簡単に出品出来るのです。この気軽さが人気の理由とも言えます。代表的な販売方法としては以下の通りです。
・ハンドメイドの販売サイトに出品
・ネットショップを開設して販売
・委託販売
・イベントに出展
では、これら販売方法についてそれぞれの特徴やメリット、デメリットなどを比較していきましょう。

ハンドメイドの販売サイトに出品する方法

既存のサイトに登録して販売する際の特徴

もっとも手軽に始めることが出来、初心者の方にオススメです。 基本的には各社販売サイトへの登録は無料で、売買が成立したときに手数料を運営会社に支払う仕組みです。登録も簡単で、パソコンもしくはスマホから無料登録でき、出品もデジカメやスマホで撮影した画像を使って出来る為、ハンドメイド作品以外に新しく準備する物がありません。

登録するサイトを選ぶコツは、自分の出品する作品とサイト登録者の客層を検討してください。また、登録自体に費用がかからないので、売れたらすぐに他のサイトからは商品を外す必要がありますが、複数サイトに同じ商品を出品することも可能です。具体的なメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・どんな方法よりも手軽に販売出来ます。
・購入者にとっても手軽な方法の為、集客力に優れており、自分で顧客開拓する必要がない。
・1品から出品、販売可能。
・金銭のやり取りを運営会社が行う為、作家はハンドメイド作品の制作に専念出来ます。また、購入者が金銭を支払わなければ発送の義務はなく、金銭トラブルも起きにくい。

デメリット

・多くの作品が掲載されている為、作品を目立たせるのが難しい。(例:作家登録者数ナンバー1のminneでは、約700万点の作品が出品されています。)
・注文の受付、在庫確認、梱包、発送という一連の作業を自身で行う必要があり、大量に出品、販売する場合は対応が困難。
・商品が売れた際、販売金額から8-20%の手数料が引かれる。(手数料は各社サイトにより異なります。大手サイトの中で最安値はminneの10%)

この販売手数料の支払いを少なくしたい場合は、自分でネットショップをつくり販売する方法があります。

ネットショップを自分で開き、販売する際の特徴

自身でデザインしたネットショップを開設し、商品を販売します。

メリット

・ホームページ(ネットショップ)の運用費用が別途かかるが、販売手数料などを支払う必要がない。
 (baseなどのネットショップ開設サイトを使用して開設した場合は、手数料要。ただし、baseは手数料6.6%+40円と既存サイトを使用するより販売手数料が安価)
・ショップのデザインを自由にアレンジ出来るため、自分の作風にあったショップを作ることが可能。

デメリット

・集客を自分で行う必要があり、その為にはSEO対策やブログ記事作成などのホームページ運用と作品販売以外の努力が必要。
・PayPalなどの決済代行サービスを利用した場合、別途手数料が必要。

委託販売を利用してハンドメイド作品を販売する方法

委託販売は作品を雑貨店、イベント、カフェ、レンタルスペースなどで「他のお店に売ってもらう方法」です。委託販売の際のポイントは、しっかりと規約に目を通し、取引き開始後は「納品書」の作成を出来るだけわかりやすく記載することです。自分で直接お客様の意見を聞くことが出来ない為、売れ筋商品の把握には欠かせない資料となります。また、納品書提出の際は一部コピーを取って控えておくといいでしょう。
では、委託販売を利用する際のメリットやデメリットを比較してみましょう。

メリット

・接客、ラッピングなどの販売に関わる工程、金銭のやり取りをお店に一任出来る。
・お客様に実物を見て買ってもらえる。
・ネットショップと並行して販売を行う場合、実店舗に出品することでPR材料が増える。
・集客数の多い店舗への出品が出来れば、それだけ目にとまるチャンスも増える。

デメリット

・ハンドメイド作品を置いてもらう店舗との連携が必要になり、契約書や納品書の作成などビジネス書類の作成が必要。
・委託をお願いする店舗の開拓、営業を行う必要があり、お店を見つけても審査で不採用になるケースがある。また、店舗の開拓には自分の作風にあった雰囲気、客層のお店を見つける必要がある。
・販売手数料や委託料が割高(20%〜40%程度)、お店によっては売れなくても場所代として費用を支払う場合があり、商品が売れなければマイナスになることもある。
・お客様の目や手に直接触れることで、万引きや破損などのリスクを伴う。

イベントにハンドメイド作品を出品する方法

minneなどのハンドメイドマーケットが開催するイベントや、デザインフェスタに参加してハンドメイド作家が自身のブースで商品を販売します。イメージとしては、「フリマ」に近い雰囲気です。イベントへの参加は、各費用が嵩み利益をあげることを目的で出展すると厳しい結果になることがあります。
委託販売やネットとの最大の違いは、「自分で直にお客様に販売すること」です。イベント出展をする場合は、利益のみを目的にするのではなく、顧客開拓、コミュニティ拡大といった人との出会いを大事にしましょう。では、イベント出展のメリットとデメリットはどんなものがあるでしょうか。

メリット

・作品を手に取ってみてもらうことが出来、自分の言葉で商品アピールをお客様に直接伝えることが出来る。
・お客様のリアルな反応を自分で聞くことが出来る。また、売れなくても意見を聞くことでマーケット調査が出来、次回作品の参考にもなる。
・他のハンドメイド作家と交流が生まれ、その後の情報交換が出来るチャンスがある。

デメリット

・イベント出展料が約10万円と高額。(イベント、ブースサイズによって金額が異なります。最小ブースで1.5-2万円程度。他に、机やパネルなどの什器レンタル費用(1万円程度)、宿泊代や交通費、商品や什器の搬入費用、その他雑費などがかかります。)
・展示のディスプレイに工夫が必要で、商品だけではなく商品タグ、POP、什器の準備など出展準備が大変。
・出展費用が高額な為、黒字販売はハードルが高い。
・自分で接客から販売まですべてを行う。
・イベントの集客数によっては、ブースへの立ち寄り数が極端に少ないことがある。

まとめハンドメイド販売方法のまとめ

ハンドメイド作品を販売する方法は様々です。それぞれの方法にメリット、デメリットがあり、それによって「得られるもの」も異なります。

但し、個人でハンドメイド作品を出品する方やはじめて出品する方は少数から始められる「ネット販売」が手軽で損することなく始められます。慣れてきて、販売出来る作品数が増え販売工程を自分で行うことが難しくなり市場調査を自身で行いたい場合は、「委託販売」や「イベント参加」を検討してみてはいかがでしょうか。

ハンドメイドで多くの収入を得ることは簡単ではないかもしれません。それでも成功している方は一定数います。まずはチャレンジしてみることが大事です。

  • ハンドメイドを販売するコツ

    ハンドメイドを販売するコツ

    ハンドメイド販売をはじめたけれど、「なかなか売れない」「売れたけれど、材料費を考慮すれば利益が薄い」とガッカリしている方、ハンドメイド販売を今からはじめるけれど「売れる自信がない」と思

  • ハンドメイド作品の写真の撮り方とコツ

    ハンドメイド作品の写真の撮り方とコツ

    ハンドメイド作品をインターネット販売する際、写真はもっとも大切なアピール材料となります。写真の出来によって売り上げが左右すると言っても過言ではありません。 しかし、写真の腕にあま

  • ハンドメイドを仕事にするには

    ハンドメイドを仕事にするには

    趣味を仕事に!誰でも一度は夢みる仕事の理想的な形です。ハンドメイドが好きな方は、ハンドメイド作家として生計を立てることを最大の目標として努力している方も多いのではないでしょうか。そのよ

  • 初心者の為のハンドメイド作品の販売方法

    初心者の為のハンドメイド作品の販売方法

    今、ハンドメイドは8千億円市場とも言われており、さまざまなメディアでもハンドメイド作家さんが月○○円稼いでいる!といって取り上げられています。一方で、ハンドメイド作品を販売して副収入を

  • ハンドメイドの著作権について

    ハンドメイドの著作権について

    ハンドメイドに興味があり作品を作ってみた方は、これから販売にもチャレンジしてみたい、と次のステップを考える人が多いのではないでしょうか。ハンドメイド販売を始める前に、売れるためのノウハ

  • ハンドメイドの注意書きの書き方

    ハンドメイドの注意書きの書き方

    ハンドメイド作品を販売する際、購入者とのトラブルは出来るだけ回避したいものです。誤解を招いてしまうような曖昧な紹介文や注意書きは避けた方がいいとわかっていても、どのように書けば相手に確