閉じる

部屋づくりが好き、家具が好き、インテリアショップ巡りが好きという方は、一度はインテリアデザイナーという仕事に憧れたことがあるのではないでしょうか。インテリアデザイナーがどのような仕事をするのかと考えると、部屋のレイアウトや配置を決める、配色を決める、インテリアを飾る人などが思い浮かびます。実際にはどんな仕事なのでしょうか。インテリアデザイナーになるために出てくる、3つの疑問についてご紹介します。

インテリアデザイナーとは?

インテリアデザイナーとは、どのような仕事なのでしょうか。

内装全般の企画・設計に関わる職業

インテリアデザイナーの仕事のイメージは、ソファーやテーブルなどの家具を決める、カーテンの色や素材を決める、店舗などでは棚やショーケースなどの什器を決める人を思い浮かべると思います。実際の仕事は、それだけにとどまりません。部屋の内装全体の企画や設計も行っていく仕事です。作りたいイメージに沿って、壁紙や床材も決めることも含まれます。

インテリアという言葉の意味が、「部屋の内部空間」や「室内調度品」を指す言葉なので、インテリアデザイナーは部屋の空間全体を監修する仕事です。

インテリアを設計・レイアウトする、空間を監修する、家具や什器のデザインも含まれる

インテリアデザイナーは、身近なところでは住宅やオフィス、ホテルなどのインテリアを設計してレイアウトしています。設計やレイアウトしていくなかで、クライアントや設計者、施工業者とやりとりをしながら、空間の監修をします。

インテリアデザイナーの仕事の中に、家具や什器をデザインすることも含まれています。作り付けの棚などを手がける場合もあるので、建築の知識も必要です。また、インテリアデザイナーの中には、二級建築士の資格も持っている人もいます。

オフィス、店舗、ホテル、病院、住宅などさまざまな案件を扱う

インテリアデザイナーが扱う案件は、住宅やオフィス、店舗、ホテルなどが一般的です。最近では、ホテルと見間違うような病院も見かけますし、近未来的な斬新なデザインの空港もありますが、そういったところでもインテリアデザイナーが活躍しています。

インテリアデザイナーのやりがいは?

インテリアデザイナーの仕事のやりがいは、どんなところにあるのでしょうか。

クライアントの理想を形にする

インテリアデザイナーの仕事は、クライアントの理想を形にして空間を演出することです。
最初は何もないところを一から作っていきます。理想となるイメージの写真や本がある、こういう風にしたいという見本になるような住宅や店舗があることもありますが、まったく何も無い場合や、無理難題をつきつけられることもあります。

クライアントと打合せを重ねていき、すり合わせをしていきながら、壁紙や照明、家具などを決めいくのです。その中で、専門家の立場にたって、的確な提案やアドバイスも行っていきます。時間をかけて積み上げてきたものがやっと完成した時に、クライアントに「あたなに依頼してよかった!」喜んでもらえると、とても仕事のやりがいにつながるのです。

たくさんの人と関わって作り上げる

インテリアデザイナーの仕事は、たくさんの人と関わり合いながら作り上げる仕事です。依頼者であるクライアント、その建物を設計した設計者、床材や壁紙を貼る内装業者などです。

たくさんの人と話し合いながら、みんなで作り上げていくので、喜びを共有できます。最初の打合せから、短い場合では数か月、大きなプロジェクトになると数年間規模の仕事になります。時間をかけて作ってきた仕事が完成した時には、みんなで喜びあえるのです。

自分の考えたデザインや図面が形になる

クライアントからの要望を受けて、自分でデザインを考えて図面にします。クライアントの要望が漠然としていれば、なかなか要望通りにならないこともあります。時には、お叱りを受けることがあるかもしれません。

それにめげずに、ヒアリングや打合せを重ね続けると、クライアントの要望にだんだん近づいていきます。クライアントとの打ち合わせにもとづいて作った、自分で考えた図面で空間を演出していきます。その図面通りに完成した時には感動もひとしおです。

インテリアデザイナーに向いている人って?

インテリアデザイナーに向いている人は、どういう人なのでしょうか。

細かいところまで気が配れる

インテリアデザイナーに向いている人というと、真っ先にセンスがある人が思いつきますが、実は細かい気配りができる人も向いている仕事です。インテリアデザイナーは、たくさんの人と関わって仕事をしていきます。建物の空間を監修するのはインテリアデザイナーなので、リーダーシップをとって進めていける資質も大切ですが、自分だけ突っ走っていては誰もついてきてくれません。

そこで求められるのが、細やかな気配りです。人はそれぞれ考え方や、やり方が異なります。プライドを持って仕事をしている人達ばかりです。たくさんの人の中でうまく仕事を進めていくために、細かい気配りが大切なってくるのです。細かい気配りをすることができれば、とてもスムーズに仕事が進んでいきます。

美的センスや色彩感覚のある人

インテリアデザイナーとして向いているのは、美的センスがある、色彩感覚がある人です。これはいうまでもありません。絶対に必要な資質ともいえます。インテリアデザイナーは空間全体をデザインしていくので、美的センスは重要になってくるからです。美的センスや色彩感覚というのは、ある程度持って生まれた資質も関係してきます。

私には美的センスや色彩感覚がないと嘆いている人もいると思います。しかし、美的センスや色彩感覚というのは後から養うこともできます。そのためには、インテリアを基礎から学び、綺麗なものにふれる機会を多くつくることです。

例えば、美術館や個展などに足繁く通うこと、美しい建物や景色を見ることも大切です。自分の努力で美的センスを磨き、さらに他人からのアドバイスも素直に受け入れるとよいです。普段から先輩などとコミュニケーションをとっておき、何でも言い合える関係を作っておきます。そうすると的確なアドバイスをもらえるようになります。自分の努力次第で、美的センスはどんどん磨くことができますね。

依頼者の要望を叶えるためのコミュニケーション能力

インテリアデザイナーは、クライアントである依頼者の要望を形に変えることが仕事です。クライアントとの人間関係を構築するのはもちろんのこと、建築士や大工さんなどともコミュニケーションを取る必要があります。

コミュニケーション能力は、今までの経験から培われてきたことがいきてきますが、人間の行動心理なども知っておけば、よりスムーズに仕事を進めていくことができます。たくさんの人の意見や要望を取り入れて、柔軟な姿勢で取り組むことが大切です。インテリアデザイナーにコミュニケーションの能力は必須だといえます。

まとめインテリアデザイナーってどんな仕事?インテリアデザイナーになるための3つの疑問

インテリアデザイナーの仕事は、家具の配置や装飾を決めるだけではなく、内装全体の企画や設計をすることです。店舗などで使う什器の設計も行うこともあります。活躍の場は、住居やオフィス、店舗、ホテル、病院などさまざまです。

インテリアデザイナーのやりがいは、なんといってもクライアントの理想を形にすることです。完成した時にはクライアントはもちろん喜んでくれますし、たくさんの人とも関わって仕事をするので、喜びを共有することができます。インテリアデザイナーに向いているのは、美的センスや色彩感覚があって、細かい気配りができ、コミュニケーション能力に優れている人ではないでしょうか。

  • 気になるインテリア関連の資格7選!

    気になるインテリア関連の資格7選!

    インテリアに関する仕事に就きたいと思ったら、どんな資格が必要になるのか気になるところだと思います。インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターは、誰もが聞いたことがあるのではないで

  • インテリアデザイナーの年収はどのくらい?気になるインテリアデザイナーの年収について解説!

    インテリアデザイナーの年収はどのくらい?気になるインテリアデザイナーの年収について解説!

    インテリアが好きだからインテリアデザイナーになりたいと思っても、実際のお給料はどのくらいなのか、残業が多い等の働きやすさがどうなのかも気になりますよね。いくら好きな事を仕事にしたからと

  • インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?インテリアデザイナーへの道を徹底解説!

    インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?インテリアデザイナーへの道を徹底解説!

    インテリアに関わる仕事がしたいと思うと、インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターといった仕事が思い浮かぶのではないでしょうか。今回は、インテリアデザイナーに注目してみたいと思います

  • インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いってなに?

    インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いってなに?

    インテリアが好きなのでそれに関わる仕事がしたいと思っても、「インテリア」と名前がつく仕事は複数あります。たとえば、「インテリアデザイナー」や「インテリアコーディネーター」です。部屋や空

  • インテリアデザイナーってどんな仕事?インテリアデザイナーになるための3つの疑問

    インテリアデザイナーってどんな仕事?インテリアデザイナーになるための3つの疑問

    部屋づくりが好き、家具が好き、インテリアショップ巡りが好きという方は、一度はインテリアデザイナーという仕事に憧れたことがあるのではないでしょうか。インテリアデザイナーがどのような仕事を