閉じる

インテリアが好きなのでそれに関わる仕事がしたいと思っても、「インテリア」と名前がつく仕事は複数あります。たとえば、「インテリアデザイナー」や「インテリアコーディネーター」です。部屋や空間をデザインする、コーディネートするというと、なんだか同じように感じてしまいますよね。
この2つの仕事は、どのようなところが違うのでしょうか。インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いについて、詳しく紹介していきたいと思います。

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアデザイナーの仕事内容は、どのようなものなのでしょうか。

内装全般の企画・設計に関わる仕事

インテリアデザイナーは、室内空間の内装全般の企画や設計に関わる仕事です。アパレル業界で例えるならば、ファッションデザイナーといったところです。一般住宅や店舗、オフィス、ホテル、病院などさまざまな室内空間の設計を行います。既存のインテリアの中にピンとくるものが無い場合は、家具や照明、内装材などを設計し、自分で作ることもあるのです。

空間づくりをトータルで監修する

インテリアデザイナーは、インテリアの企画・設計から関り、快適で安全な室内環境にするために、空間づくりをトータルで監修するのが仕事です。クライアントの要望に沿って空間を設計した後は、建築士や内装業者などのたくさんの人と連携をとって、仕事が円滑に進むように監修する必要があります。

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターの仕事内容は、どのようなものなのでしょうか。

インテリアについてアドバイスをする

インテリアコーディネーターは快適な室内空間を作るために、インテリア用品、家具、照明、住宅設備に関してアドバイスを行うのが仕事です。アパレル業界で例えるならば、スタイルストを思い浮かべるとわかりやすいです。一般住宅を手掛けることが多いですが、オフィス、ホテル、店舗、商業施設、学校、病院、公会堂などの公共施設のインテリアについてもコーディネートすることがあります。

ライフスタイルやニーズに合わせた提案をする

インテリアコーディネーターは、クライアントのライフスタイルやニーズに合わせてインテリアを提案します。住宅に関するニーズは多様化してきています。クライアントのニーズにあった部屋づくりをするとともに、部屋のレイアウト、内装材、調度類の質や色、家具、照明の配置やデザインなどの住宅すべての要素が、住む人にマッチするように提案するのが仕事です。

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いは?

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いは、どのようなところなのでしょうか。

「0」から空間をつくる仕事がインテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、何もない「0(ゼロ)」のところから空間を作るのが仕事です。この点が、インテリアコーディネーターと大きく違うところです。プロジェクトが立ち上がると、企画や設計をする段階から打合せをし、建築士などと連携を取って、空間を作り上げていきます。家具や照明などのデザインをすることもありますので、インテリアに対する幅広い知識が要求される仕事です。

既存の製品から選んで空間デザインをつくるのがインテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、決まっている空間に対して、既存の製品からインテリアを選んでコーディネートしていくのが仕事です。空間を設計するのはデザイナーなので、デザイナーの考えを理解した上で、家具を配置する、室内を装飾していきます。ですので、柔軟な発想やセンスをもって、フットワークが軽く行動できることが要求されます。

境界線があいまいなことも多々ある

インテリアデザイナーは、何もない「0」から空間をつくることができます。インテリアコーディネーターは、決まっている空間に対して既存のインテリアを選んでコーディネートしていきます。この2つの仕事には違いがありますが、境界線があいまいになることも多くあるのです。

インテリアデザイナーは、自分で家具や照明をデザインすることがありますが、インテリアコーディネーターでも自分で家具や照明を作ってしまう人もいます。インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターは、こうでなくてはならないという決まりはなく、出来る人はどんどん仕事の範囲を広げて活躍しています。

どちらにも必要なスキル

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの両方に必要なのは、どのようなスキルなのでしょうか。

美的感覚

インテリアデザイナーもインテリアコーディネーターも、インテリアをコーディネートすることが仕事の中心です。インテリアが好きなのはもちろんのこと、常に最新のインテリアや住宅事情などについて詳しく、室内空間を美しく作り上げる能力が求められます。室内のインテリアには、テーブルや椅子などの家具、カーテンやカーペットなどのファブリック、室内の大きな面積をしめる壁紙や床材、を組み合わせて作っていきます。

全体的な統一感や色彩バランスに優れていることが要求されるので、美的感覚や美的センスといった能力は必須になってくるのです。

新しい発想を生み出す能力

インテリアデザイナーもインテリアコーディネーターも、常に新しい発想を生み出す力が要求されます。そのためには、生活体験が豊かなほど有利だといえます。

インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターは、40代~50代の女性がバリバリと活躍しています。今まで培ってきた生活体験が、新しい発想を生み出し、アドバイスにも説得力が生まれていくからです。若い世代のクライアントの要望にも応えられるように、いくつになっても柔軟な発想やセンスも求められているのです。

プレゼンテーション能力

インテリアデザイナーもインテリアコーディネーターも、プレゼンテーションで使う資料を自分で作ることができることや、プレゼンテーションで考えを的確に伝えられる能力が求められます。せっかく素晴らしい案を思いついても、クライアントや建築士などに理解を求め、説得できる能力が必要になってくるからです。ここには高いコミュニケーションスキルも関わってくるのです。

CAD

インテリアデザイナーもインテリアコーディネーターも、機械で製図する「CAD」ができることが要求されます。昔は手書きで定規やコンパスを使って線を引いて製図を作っていましたが、現代ではデジタル化が進んでいるので「CAD」という機械で製図を作成しています。

インテリア業界で仕事をしようと思うならば、「CAD」は必要なスキルなので、勉強するようにしましょう。大学や専門学校で学んでいない、社会人になってからインテリア業界に転職したい場合は、通信講座でも「CAD」について学ぶことができまので、安心してください。

まとめインテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いってなに?

インテリアデザイナーは、内装全般の企画や設計に関わり、何もない「0」から空間を作り上げていくのが仕事です。インテリアコーディネーターは、決められた空間に、既存のインテリアをコーディネートしてくのが仕事です。

2つの仕事に違いはありますが、境界線があいまいになることも多いです。インテリアデザイナーもインテリアコーディネーターも自分の努力次第で、仕事の幅が広がっていきます。

インテリアに関わるどちらの仕事にも、美的感覚や新しい発想力、プレゼンテーション能力、機械で製図する「CAD」ができる能力が要求されます。

  • 気になるインテリア関連の資格7選!

    気になるインテリア関連の資格7選!

    インテリアに関する仕事に就きたいと思ったら、どんな資格が必要になるのか気になるところだと思います。インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターは、誰もが聞いたことがあるのではないで

  • インテリアデザイナーの年収はどのくらい?気になるインテリアデザイナーの年収について解説!

    インテリアデザイナーの年収はどのくらい?気になるインテリアデザイナーの年収について解説!

    インテリアが好きだからインテリアデザイナーになりたいと思っても、実際のお給料はどのくらいなのか、残業が多い等の働きやすさがどうなのかも気になりますよね。いくら好きな事を仕事にしたからと

  • インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?インテリアデザイナーへの道を徹底解説!

    インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?インテリアデザイナーへの道を徹底解説!

    インテリアに関わる仕事がしたいと思うと、インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターといった仕事が思い浮かぶのではないでしょうか。今回は、インテリアデザイナーに注目してみたいと思います

  • インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いってなに?

    インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いってなに?

    インテリアが好きなのでそれに関わる仕事がしたいと思っても、「インテリア」と名前がつく仕事は複数あります。たとえば、「インテリアデザイナー」や「インテリアコーディネーター」です。部屋や空

  • インテリアデザイナーってどんな仕事?インテリアデザイナーになるための3つの疑問

    インテリアデザイナーってどんな仕事?インテリアデザイナーになるための3つの疑問

    部屋づくりが好き、家具が好き、インテリアショップ巡りが好きという方は、一度はインテリアデザイナーという仕事に憧れたことがあるのではないでしょうか。インテリアデザイナーがどのような仕事を