閉じる

インテリアが好きだからインテリアデザイナーになりたいと思っても、実際のお給料はどのくらいなのか、残業が多い等の働きやすさがどうなのかも気になりますよね。いくら好きな事を仕事にしたからといっても、生活するのがギリギリの収入だと虚しくなってしまいます。また、残業など拘束時間が長ければ、リフレッシュするための旅行にも行けなくなってしまうのではないかと不安になります。

インテリアデザイナーの年収は実際のところどのくらいなのか、働く環境はどうなのかを詳しくご紹介します。

インテリアデザイナーの給料は?

インテリアデザイナーの給料はいくらくらいなのでしょうか。

勤務先で変わる

インテリアデザイナーの給料は、勤務先によって異なります。インテリアデザイナーの就職先は、建設会社やハウスメーカー、デザイン事務所、設計事務所、家具メーカー、住宅設備機器メーカーなどが挙げられます。

インテリアデザイナーとして就職した会社の給料体系によって、収入は異なります。インテリアデザイナーの就職先の会社の規模はまちまちで、大企業、中企業、小企業があり、会社の規模によっても収入は異なります。また、就職した地域によっても違いがあり、東京都や大阪府などは年収が高くなりますが、地方になると年収が低くなる傾向にあります。

基本的には一般的なサラリーマンと変わらない

インテリアデザイナーというと華やかなイメージですが、基本的には一般的なサラリーマンの年収とあまり変わりはありません。インテリアデザイナーの大卒の初任給は20~25万円、専門学校卒だと18~23万円くらいで、その後の平均年収は385万円くらいです。
平均給料は24~32万円になっているので、特別に給料が高い職業というわけではありません。

インテリアデザイナーが就職する会社によっても年収が異なってきます。インテリアメーカーだと390万円位、ハウスメーカーで380万円位、建築事務所で360万円位です。会社によって異なりますので目安としてください。

ボーナスの有無にも差がある

インテリアデザイナーの年収は一般的なサラリーマンとあまり変わりはありませんが、ボーナスの有無で大きく差が開くこともあります。ボーナスが年に2回出るところもありますし、ボーナスが出ないところもあります。

たとえば、数人規模の小さなデザイン事務所に就職すると、ボーナスが出ないこともあります。ボーナスが無ければ、一般的なサラリーマンの年収を下回ることも考えられます。

ですので、最初は会社に就職してインテリアデザイナーの仕事を覚え、独立開業する人も多い職業なのです。独立開業をしてフリーランスになれば、年収がアップする可能性もあります。

仕事と休みの割合は?

インテリアデザイナーの仕事と休みの割合はどのくらいなのでしょうか。

基本的に残業が多い

インテリアデザイナーは、クライアントと相談しながら空間をデザインするのが仕事です。クライアントとの打ち合わせは何度も必要ですし、施工が始まれば現場に出向いて設計士や工事業者などとやりとりする必要があります。

クライアントや工事業者と時間を合わせないといけないので、自分の都合だけで勤務時間を決めることができない仕事です。内勤の仕事のように、決まった時間に出社して、決まった時間に退社するというわけにはいきません。

基本的には残業が多い仕事になります。勤務先によっても異なりますが、残業だけではなく、休日出勤があることもあります。年収と比較すると、人によっては大変な仕事だと感じてしまうこともあるでしょう。

大型プロジェクト後は連休が取れる場合も

インテリアデザイナーの仕事は、クライアントとの打ち合わせの最初の段階から入り、何度も確認しながら空間のデザインを作っていきます。仕事の規模によっては、一連の仕事が終了するまでに、短くて数か月、長くて数年もかかる場合があります。

ですので、そのプロジェクトが終了した後は、連休が取れる可能性があります。他の職業では考えられないような長期休暇が取れるかもしれません。

ただし、家族や友達の休日と合わすことは難しいでしょう。それでも、連休を利用して海外旅行や国内旅行に行けることもあるのは嬉しいですね。

インテリアデザイナーの将来性は?

インテリアデザイナーの仕事に将来性はあるのでしょうか。

フリーランスとして独立するのが慣例化

インテリアデザイナーになる多くの人は、専門学校や美大、大学で仕事に必要な知識や技術を学び、建設会社やデザイン事務所などの関連会社に就職します。そこで修行を積み、フリーランスとして独立するのが慣例化しています。

フリーランスになると、会社に縛られずに自由に仕事ができますし、能力のある人は大幅な収入アップも見込めるのです。インテリアデザイナーは、年齢に関係なくできる仕事なので、いくつになっても独立できる可能性がある職業です。

ただし、誰にでもなれるわけではありません。会社で働いている間に技術や経験、人脈を作り、着々と準備していく必要があるといえます。

稼ぎたければフリーランスを目指す

インテリアデザイナーとして稼いでいきたいと思ったら、ずっと会社で働いているのではなく、フリーランスを目指すことをオススメします。インテリアデザイナーとしてデザインするセンスがよく,顧客がついてくるようになったときは、もっと幅広く活動するために会社という枠の中でとらわれているのではなく、フリーランスになった方が自由度が上がります。収入も大きくアップすることが望めます。

会社に勤めている間に、「インテリアデザイナー」、「インテリアコーディネーター」、「インテリアプランナー」、「建築士」などの関連資格を取ってスキルアップしていくのもよいでしょう。また、常にセンスを磨くために、美術館を巡ったり、話題の場所や建物などは見に行き、常に流行や情報に敏感になっておく必要があります。

そうして自分の能力を磨いておくと、年収1,000万円稼ぐことも可能になってきます。ただし、誰にでもなれるわけではないので、自分で努力する必要があるといえます。

年齢制限がなく、産後も活躍できる

インテリアデザイナーには年齢制限がありません。いくつになってもできる職業です。若いうちからできる職業ですが、年齢を重ねていき家庭を持つ、生活経験が増えるなどして得た自分の体験生かせる職業でもあります。

一般住宅を手掛ける場合、クライアントから住宅の改築やリフォームの相談を受けることがあります。その決定権を持っているのは、だいたい生活経験が豊富な主婦になってくるからです。

出産後は子どもを持つ親の気持ちがわかるので、更に自分の体験をいかすことができるのです。また、女性同士で話すと共感や理解を得やすいというメリットもあるので、40~50代の女性のインテリアデザイナーがバリバリと活躍しています。

まとめインテリアデザイナーの年収はどのくらい?気になるインテリアデザイナーの年収について解説!

インテリアデザイナーの年収は、勤務先によって異なりますが、基本的には一般的なサラリーマンとあまり変わりはありません。特別に年収が高い、低いというわけではない職業です。残業や休日出勤もありますが、プロジェクトが終わった後には長期休暇が取れる場合もあります。

インテリアデザイナーはフリーランスとして独立する人が多く、個人の能力や努力によっては大幅な年収アップを見込むことができます。年齢制限がないので、女性であれば出産後も働くことができます。生活経験が増えることがメリットになる職業です。

  • 気になるインテリア関連の資格7選!

    気になるインテリア関連の資格7選!

    インテリアに関する仕事に就きたいと思ったら、どんな資格が必要になるのか気になるところだと思います。インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターは、誰もが聞いたことがあるのではないで

  • インテリアデザイナーの年収はどのくらい?気になるインテリアデザイナーの年収について解説!

    インテリアデザイナーの年収はどのくらい?気になるインテリアデザイナーの年収について解説!

    インテリアが好きだからインテリアデザイナーになりたいと思っても、実際のお給料はどのくらいなのか、残業が多い等の働きやすさがどうなのかも気になりますよね。いくら好きな事を仕事にしたからと

  • インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?インテリアデザイナーへの道を徹底解説!

    インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?インテリアデザイナーへの道を徹底解説!

    インテリアに関わる仕事がしたいと思うと、インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターといった仕事が思い浮かぶのではないでしょうか。今回は、インテリアデザイナーに注目してみたいと思います

  • インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いってなに?

    インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いってなに?

    インテリアが好きなのでそれに関わる仕事がしたいと思っても、「インテリア」と名前がつく仕事は複数あります。たとえば、「インテリアデザイナー」や「インテリアコーディネーター」です。部屋や空

  • インテリアデザイナーってどんな仕事?インテリアデザイナーになるための3つの疑問

    インテリアデザイナーってどんな仕事?インテリアデザイナーになるための3つの疑問

    部屋づくりが好き、家具が好き、インテリアショップ巡りが好きという方は、一度はインテリアデザイナーという仕事に憧れたことがあるのではないでしょうか。インテリアデザイナーがどのような仕事を