閉じる

オシャレな部屋にしようと思っても、どうしてもゴチャゴチャした部屋になってしまうという場合は、色が原因なのかもしれません。インテリアの色が多すぎる、インテリアの配色の組み合わせが合っていない場合があります。

カラーコーディネートやセンスに自信が無くても、配色のしくみやルールが分かれば色使いの達人になれるはずです。上手にインテリアを配色して、部屋の印象をガラッと変えてみましょう。インテリアの配色の基礎知識やルールについてご紹介します。

色の基礎知識

色の基礎知識とは、どのようなものなのでしょうか。

「無彩色」と「有彩色」

色を大きくわけると無彩色(むさいしょく)と有彩色(ゆうさいしょく)の2種類から成り立っています。無彩色は鮮やかさの違いである彩度(さいど)が無い色になるので、白と黒、その中間にあるすべての灰色のことをいいます。有彩色は、彩度のある色になるので、赤・青・黄・緑・紫などの色のことをいいます。

赤、黄、青の3原色

赤・黄・青は有彩色の元の色になります。この3色は「色の三原色」と呼ばれています。赤・黄・青の3色をどのように混ぜるかによって、無数の色が生まれていくのです。この色味の違いのことを色相といいます。

色相の中で、一番彩度が高く濁りのない色を純色といい、純色を虹色の配列順に並べて輪にしたものを「色相環」といいます。

反対色と類似色

色相環では、隣り合う色を類似色と呼び、向かい合っている色を反対色と呼びます。この色相環はカラーコーディネートする上では、欠かせないものになっています。

類似色は、色相環で隣り合う色なので、色味の差はあっても、色の性質が似ている色です。ですですので、色同士がぶつかり合うことがない無難にまとまる配色になるのです。ですが、隣り合う2色を同じ位の配分にしてしまうと、メリハリの無い印象になることもあるので気をつけなければなりません。

反対色は、色相環で向かい合っている色です。色彩学では「補色」と呼ばれています。反対色なので、色の性質は対照的になります。反対色はお互いを引き立てる色ではありますが、2色とも彩度が高い鮮やかな色になると、刺激的すぎることもあるので気をつけなくてはなりません。反対色を組み合わせる場合には、どちらかをベースにして、もう一方をアクセントカラーにするとうまくいきます。

インテリアの基本配色ルール

インテリアの基本配色ルールとは、どのようなものなのでしょうか。

カラーの配色で基本となる黄金比率は70:25:5

インテリアの配色には「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の3つがあります。このカラーの黄金比率は、70:25:5で組み立てていくとまとまった部屋になるといわれています。

壁などのベースカラーで7~8割統一する

70パーセント位を占めるベースカラーは、部屋の大半を占める色のことです。床や壁、天井などの内装材がこれにあたります。住居では、天井や壁をアイボリーか明るいベージュにして、床を同系色の茶色でまとめると無難にまとまります。

メインカラーで2~3割で好きな色を選ぶ

25パーセントを占めるメインカラーは、部屋の主役になる色のことです。ソファーやカーテン、キャビネット類がこれにあたります。インテリアの主役になる色ですので、好きな色を選びたいですね。しかし、鮮やかすぎる、暗すぎる色は避けた方がいいです。

アクセントカラー(好きな差し色)を小物などで1~2割入れる

5パーセントを占めるアクセントカラーは、インテリアのポイントになる色のことです。空間を引き締める役割をします。クッションや絵画、ランプシェード、ラグなどの小物がこれにあたります。ベースカラーやメインカラーに溶け込んでしまわないように、鮮やかで強い色を選んで、メリハリを出すようにしましょう。

ベースカラーとアクセントカラーをとりもつ色をいれる

ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーはそれぞれとりもつ色を意識してください。色相環を参考にして、メインカラーの類似色や反対色と考えていきます。

どこにどのような色を使うか考える時に、耐用年数も参考にするとよいです。内装材は耐用年数が長く、取り替える費用もかかります。インテリアに鮮やかな色やファッション性の高い色を使いたい場合には、アクセントカラーに使うと良いです。クッションやラグといった簡単に交換できるような物に使うことがオススメだといえます。

失敗しない配色の法則

失敗しない配色の法則はあるのでしょうか。

初心者は類似色で組み合わせる

部屋づくりの初心者は、類似色を組み合わせるとで、失敗が少なくなります。類似色は、色相環で隣り合う色のことです。似た色同士の組み合わせなので、色のイメージがぶつかり合うことがないのです。

類似色を組み合わせると、統一感や安定感を感じることができます。ただし、気をつけたいのが配色の分量です。部屋の中で2色を同じ分量使ってしまうと、どちらが主役か分からなくなってしまい、メリハリに欠ける部屋になってしまいます。どちらかを多く使用すると、散漫な印象を無くすことができます。

同じ色相で異なるトーンを組み合わせる

同じ色相で異なるトーンを組み合わせる方法もあります。この組み合わせにするのならば、明度や彩度の高い色をアクセントカラーにすると、しっくりまとまるようになります。

色には重い色と軽い色があります。色の重さや軽さは明度が関係しています。暗い色程重く見えて、明るい色ほど軽くみえるのです。一般的にインテリアでは、重い色を部屋の下部に、軽い色を上部に使うことで、部屋の広がりや開放感を出すことができるようになります。

上級者はトーンも色相も変えて個性的に

部屋づくりの上級者になると、トーンも色相も変えて、個性的な自由な空間を作ることができるようになります。青や赤などのトーンや色相のバラバラの部屋を作るとなると、かなりセンスが必要になってきます。

色の配分やバランスには十分に気をつけなくてはいけないので、初心者は失敗する可能性が高いのでやめておいた方がいいです。

配色でみる部屋の印象

配色で部屋の印象は、どのように変わるのでしょうか。

グリーンの部屋は癒しの雰囲気

部屋に癒しを求めるのならば、グリーンでコーディネートしてはいかがでしょうか。グリーンは田園や森などの自然を連想させる色なので、リラクゼーション効果があります。

グリーンは寝室に使ってもリラックス効果がある色です。ただし、青みが強すぎると寒々しい印象になってしまうので、黄みを取り入れた中間色にするとよいです。

ブルーとホワイトはリゾートな空間

ブルーとホワイトの配色は、爽やかなリゾートな空間を演出してくれます。インテリアに白を入れると、広がりがでるので、狭い部屋を広く見せる効果もあります。白はインテリアのベースカラーとして他の色とも相性がいい色です。

クールで済んだ印象のブルーは精神的な鎮静作用もあり、集中力も高めてくれる効果もあります。

ベージュやブラウンカラーに濃い目のアクセントでラグジュアリーな空間

ベージュやブラウンカラーに濃い目のアクセントカラーを入れると、ラグジュアリーな雰囲気になります。

ベージュはナチュラルカラーの代表格なので、どんな年代の人にもしっくりくる色です。ベージュやブラウンは自然なやすらぎを感じさせる色なので、部屋の中で安心感を持って過ごすことができ、飽きのこない色でもあるのです。

まとめインテリアの配色にはルールがある!?配色で変わる部屋の印象!

色には無彩色と有彩色があり、赤・黄・青の三原色が有彩色を作っています。有彩色を並べたものが色相環になり、カラーコーディネートには欠かせないものです。

インテリアのカラーは、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーを70:25:5で組み立てていくと黄金比率になり、まとまった部屋を作ることができます。

初心者の部屋づくりには、類似色でまとめる、同じ色相で異なるトーンでまとめる方法があります。上級者になると、色相もトーンもバラバラな個性的な部屋を作ることができるようになるのです。

配色で部屋の印象は変わります。グリーンは癒しの空間、ブルートとホワイトはリゾート気分、ベージュやブラウンと濃い目のアクセントカラーを組合せればラグジュアリーな雰囲気にすることができるのです。

  • これだけは知っておきたい!インテリアの基本ルール4選!

    これだけは知っておきたい!インテリアの基本ルール4選!

    はじめて一人暮らしをする、引越しをして新しい部屋に住むとなると、ワクワクしますよね。どのような部屋、インテリアにしようかと期待に胸が膨らむことでしょう。 自分の好きなインテリアを

  • インテリアの配色にはルールがある!?配色で変わる部屋の印象!

    オシャレな部屋にしようと思っても、どうしてもゴチャゴチャした部屋になってしまうという場合は、色が原因なのかもしれません。インテリアの色が多すぎる、インテリアの配色の組み合わせが合ってい

  • インテリアの基本配置で知っておくべき3つの秘訣!

    インテリアの基本配置で知っておくべき3つの秘訣!

    部屋づくりの中で、インテリアの配置に苦手意識を持つ人は多いと思います。好きなインテリアを何も考えずに配置してしまうと、オシャレやスッキリとした部屋からは、程遠くなってしまいます。

  • インテリアに関わる仕事って何があるの?インテリアの仕事3種類を徹底解説

    インテリアに関わる仕事って何があるの?インテリアの仕事3種類を徹底解説

    私たちの家の中にあるインテリアは、毎日見る、触れる、使うなどするものです。とても身近な存在なので、お気に入りのインテリアを集めた部屋を作るのが楽しい、部屋の模様替えをするのが好きとうい

  • インテリアアドバイザーってどんな仕事?認定試験や仕事内容について徹底解説!

    インテリアの仕事にはたくさんの種類があります。インテリアデザイナー、インテリアコーディネーター、インテリアアドバイザー、インテリアプランナーなどです。 そこで今回は、その中のインテリ