閉じる

インテリアの仕事にはたくさんの種類があります。インテリアデザイナー、インテリアコーディネーター、インテリアアドバイザー、インテリアプランナーなどです。
そこで今回は、その中のインテリアアドバイザーについてご紹介します。インテリアアドバイザーには、どのようにしたらなることができるのでしょうか。インテリアアドバイザーの資格取得や実際の仕事内容についても解説していきます。

インテリアアドバイザーとは?

インテリアアドバイザーとは、どのような人のことをいうのでしょうか。

基本的には資格の名称

インテリアに関する仕事には、さまざまな名称のものがあります。インテリアアドバイザーというのは、「インテリアアドバイザー認定試験」に合格した人をいいます。基本的には、資格の名称だと考えるとわかりやすいです。

インテリアアドバイザー認定試験は、日本デザインプランナー協会が主催している資格です。インテリアアドバイザー認定試験は、2カ月に1度のペースで行われています。インテリアアドバイザーの資格に求められるのは、インテリアに関する幅広い知識と技術、実際の業務での成果です。

インテリアアドバイザー認定試験の合格者

インテリアアドバイザーは、このインテリアアドバイザー認定試験に合格した人が名乗ることができる職業です。
インテリアアドバイザー認定試験は、とくに受験資格を設けていないので、誰でも挑戦することができます。これからインテリアアドバイザーになりたいという人や、既にインテリア業界や設計事務所、建築関係の仕事で活躍している人も受験をしています。

インテリアアドバイザーの資格取得後は、インテリア業界で活躍する以外にも、自宅やカルチャースクールで講師として活動することもできます。

インテリアアドバイザーとして勤めることができる

インテリアアドバイザー認定試験に合格して資格を取得したら、インテリアアドバイザーと名乗って仕事をすることができるようになります。インテリアアドバイザーは、その名の通り、空間に配置するインテリアのアドバイスや提案を行う仕事です。クライアントの生活や使用目的に応じたインテリアを考えて、アドバイスをしていきます。

インテリアデザイナーであれば、既存の家具やインテリアにクライアントの要望するものがない場合は、作ってしまう場合もあります。インテリアアドバイザーは、あくまでもアドバイスに特化した仕事になるので、家具などのインテリアを作ることはありません。

インテリアアドバイザー認定試験

インテリアアドバイザーの認定試験は、どのようなものなのでしょうか。

日本デザインプランナー協会が主催する

インテリアアドバイザーの認定試験は、日本デザインプランナー協会が主催しています。日本デザインプランナー協会は、デザイン技術のスキルの水準を計る試験を行っている協会です。

インテリアアドバイザーの他にも、インテリアデザイナー認定試験、カラーアドバイザー認定試験、実践建築模型認定試験なども行っています。インテリアアドバイザーの認定試験では、多様化する現代人のニーズに合わせて空間をデザインするために、インテリアに関する基礎から応用までの幅広い知識が要求される試験です。

試験の難易度はそれほど高くない

インテリアアドバイザーの試験には、インテリアのコーディネートに関する知識や色彩感覚なども問われます。難易度が高いと思われがちですが、それほど難しくはない試験になっています。平成26年度でみると、受験者数2,156人に対して合格者は1,542人で、合格率は71.5%です。

在宅受験

インテリアアドバイザーの認定試験は、在宅で受験することができます。認定試験も2カ月に1度行われているので、もし合格できなくても頻繁に挑戦するチャンスがあるといえます。社会人で仕事をしている人でも、受験しやすい資格です。思い立った時に勉強すれば、短期間で資格を手にすることも可能になります。インテリアアドバイザーの認定試験の勉強は、独学でももちろんできますが、通信講座などで学ぶのもよいでしょう。

受験概要

インテリアアドバイザーの認定試験を受けるために、とくに受験資格はありません。申し込みをすることで、誰でも受験することができる資格です。

インテリアアドバイザーの認定試験の申し込みは、インターネットから行います。名前、住所、電話番号、メールアドレス、受験試験の名称を選択して申し込みを行います。受験料は10,000円(消費税込み)になっており、代金引換で支払います。

申し込みを終えたら、佐川急便のeコレクトサービスで、受験票や試験問題、解答用紙が届きます。代金引換の手数料や送料は無料です。また、代金引換は、現金だけではなく、クレジットカード払いやデビットカード払いも選択することができるようになっています。

インテリアアドバイザーの仕事とは?

インテリアアドバイザーの仕事は、どのような事をするのでしょうか。

インテリアのアドバイスを行う業務

インテリアアドバイザーは、インテリアのアドバイスを行う仕事です。会社に就職した場合は、その会社の営業時間によって勤務時間が異なります。家具メーカーに勤めた場合、出社するのは店舗のオープン時間によって変わります。営業時間が長い店舗の場合は、早番や遅番の2交代制になることもあります。

一般的な会社と同じように、朝は朝礼があり、連絡事項の確認、売上のチェック、メールチェックなどをデスクで行います。お店が開店する前には、お客様に綺麗な状態でインテリアを見ていただくために、家具や売り場周りの清掃も大事な仕事の一つです。店舗がオーブンすれば、インテリアアドバイザーのお客様への接客が始まります。

お客様のニーズを聞きだし、それにあったインテリアを提案していきます。インテリアが売れたら、もちろん配送の手配や梱包、移動するといった力仕事がでてきます。接客から販売まで一人の担当者が行うことが多いので、一連の流れを把握できるところがやりがいにつながるといえます。

デザイナーとは違いアドバイス業務に特化した職種

インテリアアドバイザーは、インテリアデザイナーと違うところは、インテリアのアドバイス業務に特化した職種であるところです。インテリアアドバイザーもインテリアデザイナーも、空間を設計してアドバイスや提案をすることが仕事です。

インテリアデザイナーであれば、既存のインテリアに存在しない棚や机などを、設計して作ることもあります。インテリアアドバイザーは、インテリアを設計することはしません。あくまでも、インテリアのアドバイス業務に特化している仕事といえます。既存のインテリアを効果的、効率的に使って、生活やしやすくなるようにアドバイスすることが仕事です。

まとめインテリアアドバイザーってどんな仕事?認定試験や仕事内容について徹底解説!

インテリアアドバイザーは、基本的には資格の名称のことです。インテリアアドバイザー認定試験に合格した人が、インテリアアドバイザーを名乗ることができます。

インテリアアドバイザーの認定試験は、2カ月に1度の頻度で行われており、在宅で受験することができます。受験資格もとくに無いので、誰でもいつでも挑戦することができる資格になっています。インテリアアドバイザーの仕事は、他のインテリア関連の仕事と比べて、アドバイスに特化した仕事です。

  • これだけは知っておきたい!インテリアの基本ルール4選!

    これだけは知っておきたい!インテリアの基本ルール4選!

    はじめて一人暮らしをする、引越しをして新しい部屋に住むとなると、ワクワクしますよね。どのような部屋、インテリアにしようかと期待に胸が膨らむことでしょう。 自分の好きなインテリアを

  • インテリアの配色にはルールがある!?配色で変わる部屋の印象!

    オシャレな部屋にしようと思っても、どうしてもゴチャゴチャした部屋になってしまうという場合は、色が原因なのかもしれません。インテリアの色が多すぎる、インテリアの配色の組み合わせが合ってい

  • インテリアの基本配置で知っておくべき3つの秘訣!

    インテリアの基本配置で知っておくべき3つの秘訣!

    部屋づくりの中で、インテリアの配置に苦手意識を持つ人は多いと思います。好きなインテリアを何も考えずに配置してしまうと、オシャレやスッキリとした部屋からは、程遠くなってしまいます。

  • インテリアに関わる仕事って何があるの?インテリアの仕事3種類を徹底解説

    インテリアに関わる仕事って何があるの?インテリアの仕事3種類を徹底解説

    私たちの家の中にあるインテリアは、毎日見る、触れる、使うなどするものです。とても身近な存在なので、お気に入りのインテリアを集めた部屋を作るのが楽しい、部屋の模様替えをするのが好きとうい

  • インテリアアドバイザーってどんな仕事?認定試験や仕事内容について徹底解説!

    インテリアの仕事にはたくさんの種類があります。インテリアデザイナー、インテリアコーディネーター、インテリアアドバイザー、インテリアプランナーなどです。 そこで今回は、その中のインテリ