閉じる
オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう
オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

空間デザインのなかでも、オフィスデザインは社員への効果や来客へのアピールなどに直接、関わるものです。その分、デザインの良し悪しや効果が決め手になります。
とはいっても、デザインが先行して企業のイメージが損なわれてはいけませんし、社員の気力がそがれるようなデザインでも困ります。
オフィスデザインのなかでも、エントランスは最も重要な部分です。ホテルのエントランス、ショッピングモールの正面、店舗の入り口、すべてが重要です。
オフィスエントランスのデザイン効果やデザインパターンを知ると、空間が及ぼす人への影響も理解できてデザインの大切さが再認識できます。
オフィスエントランスの実際をみていきましょう。
目次

オフィスエントランスとは?

オフィスエントランスとは、オフィスの入り口にあたります。最初に目に付くところで企業のイメージとも直結する重要な場所なので、来社した人を誘導する目的だけではなくなっています。
印象に残るので、企業に良いイメージをもってもらえるためにデザインは欠かせなくなっています。

エントランスや受付は会社の顔

企業に対する良いイメージをもってもらうためには、エントランスにデザインを取り入れて特別な価値をもたせることも必要です。そうすることで、社員にとってはモチベーションを上げる効果が、そして来社した人にとっては企業の価値を上げる効果が期待できます。会社の顔としてエントランスを意識することは大切ですね。

規模や業態によってさまざま

エントランスをどうデザインするかは、企業の規模や業態によって変わってきます。従来のように受付担当がいる場合もあれば、シャレた電話機が1台あるだけのものもあれば、タブレットが置いてあるだけのところもあります。

最低限の機能としてはワークスペースと仕切られて呼び鈴があればよい

受付としての機能を果たすだけのエントランスなら、ワークスペースと仕切られて来社した人が呼び鈴を鳴らすだけでも構いません。ですが、そこにデザインを投入することで、単なる受付が企業の顔としてのエントランスに変わり、価値のある重要な場所になってきます。

オフィスエントランスのデザイン効果

オフィスのエントランスにデザインを取り入れることで、どんな具体的な効果が得られるでしょうか。

エントランスを単なる入り口と捉えず付加価値をつける

エントランスにいろいろな価値を付け加えることができます。
・お客様から見た企業価値を高める
来社する人にとっては企業のイメージアップにつながって、企業への信頼や安心感を抱かせる効果が大きいです。
・社員の帰属意識とモチベーションを高める
社員には、こんなステキな会社にいるということで、帰属意識を強め仕事へのモチベーションを高める効果があります。

機能面の考慮も重要

エントランスの第一の目的は、来社した訪問者の用事と目的を聞いて応じてあげることです。そのためには機能面への配慮は必要です。
・来訪者へのホスピタリティ(内線電話・待合い)
来訪者へのホスピタリティ(おもてなし)としては、エントランス内との内線電話の設置があります。来訪者が直接、担当者と話ができるので、業務の効率が上がるメリットがあります。担当者が来るまで待ってもらうために、ソファやイスを完備しておくこともホスピタリティになりますね。
・応接室や会議室へのアクセスなど動線
無人のエントランスの場合は、応接室や会議室へアクセスするための動線を考えることも必要です。ワーキングスペースと来客者用の応接室や会議室を分けることも大切です。エントランス、受付を過ぎて会議室などの目的のところに行く、そんな動線を妨げない配慮は大切です。
・セキュリティ
エントランスはセキュリティ面での配慮も必要です。あたりを見渡せる場所に設定します。無人の場合、セキュリティ対策は一番の問題です。会社の内部を見えないようにしたり、勝手に部外者が入り込めないようにする機能も必要です。インターホンや呼び出し用の電話を設置することもあります。

エントランスデザインをしない場合

エントランスにデザインを取り入れない場合は、来社した訪問者はどういうイメージを持つでしょうか。
・「会社の顔」に無頓着なイメージ
会社のイメージを来社した人にいい印象で残したいというのが、エントランスにデザインを取り入れる目的です。そのデザインをしないということは、会社のイメージを良くしたいという気持ちがなく無頓着なイメージをもつ人もいます。
・雑然として非効率なイメージ
企業としてどういう印象をもってほしいか、ということがないのは、雑然とした非効率なイメージにもつながります。エントランスが荷物置き場や書類置き場になってしまう可能性もあります。エントランスを重視してデザインを取り入れている企業が増えるなか、デザインを取り入れないのはエントランスを重要に考えていないことにつながります。

オフィスエントランスのデザインパターン

その企業が他の企業と違うことをイメージできる、つまり差別化できるのがデザインの良さです。

企業のアイデンティティを表現

企業の独自性、統一性をデザインを通じて表現できます。
・VI(ビジュアルアイデンティティ)やCI(コーポレートアイデンティティ)を意識
デザインの世界では「VI」や「CI」という言葉が日常的に使われています。デザイナーの募集でも「CIデザインなどのグラフィックデザイナーの仕事」とか「VIの実務経験3年以上必須」などというものもあります。
CIは「コーポレートアイデンティティ」の略で企業戦略のことをあらわし、他と違う会社の統一イメージをつくりだすことです。CIの要素のひとつにビジュアルの統一をめざすVIがあります。
VIは、企業のイメージを伝えるには一番効果的なもので中心になるものです。企業の統一したイメージをビジュアル化すること、つまりデザイン化することをあらわします。
<コーポレートカラーを落とし込む>
CIをささえるのが、コーポレートカラーを押し込むことです。ロゴを制作したり、制服を着たりして企業のイメージにあたる「色」で統一をもたせて他の企業と違うイメージをこしらえるものです。
・伝えたい企業イメージを表現
まず、大切なことは企業のコンセプトを明確化すること。企業のイメージをビジュアル化する前のコンセプトをはっきり決めます。コンセプトをもとにして、企業イメージを「色」で表現できます。
<高級感、洗練>
高級感、洗練さをあらわすなら色は紫です。化粧品やウエディングの企業イメージで使われやすい色です。
<自然なぬくもり、明るさ>
自然なぬくもり、明るさをあらわすなら色はオレンジです。オレンジ色は食欲を増す効果もあります。食品を宣伝する時には最適です。
<先進的>
先進的なイメージには青です。IT企業で一番使われている色です。平和や健康をイメージできるのは緑です。自然を象徴する色なので建設業界のイメージカラーであることが多いです。清潔感をあらわす白は、日本人が好む色といわれています。商品の良さをあらわせるので、通販でよく使われます。

商品・サービスの掲出

展示スペースに商品を置いたり、企業のロゴや内装のデザインに商品やサービスを盛り込んだりすることで訪問者にどういう会社なのかをアピールできます。

企業の想いをアピール

エントランスを単に受付にしないでデザインを取り入れることで、企業の想いがつまった空間にすることもできます。

単なる入り口ではなくサードプレイスと考える

ホールタイプのエントランスともいわれます。
エントランスという仕切りを設けず、いろいろな使い方ができるホールのような空間にすることで、エントランスという概念を超えて社内外の人々が行き交い、利用しあう大きな空間のようなイメージとしてエントランスを考えます。
・カフェスペースがある
カフェスペースがあれば、すぐにそこで商談を始めることができます。
・セミナーをする
テーブルがあればセミナーを始められます。
・商談をする
商談スペースという場所を設けることなく、どこでも商談を始めるのは可能です。
・オープンな場所で仕事をする
オープンな場所にすることで人々の交流が生まれ、そこから新しいアイデアが生まれてくる可能性もあります。ある程度、広めの面積がある企業が、エントランスをサードプレイスとして利用する場合が多いです。セキュリティ対策として、別にエントランスにあたるものを置く場合もあります。

まとめオフィスはエントランスのデザインで決まる!

効果やパターンを知ろう

オフィスのエントランスがオシャレだったら、こんな会社で働きたいと思うのは自然な感情ですよね。そんな気持ちにさせてくれる効果が、オフィスのエントランスにはあります。

これからも高度にビジュアル化がすすんでいくなかで、デザインも日進月歩の勢いで進化していくはずです。

空間をデザインすることは、今後もどんどん発展していくでしょう。

これからの空間デザインは、オフィスエントランスからも目が離せません。

  • VMDは空間プロデュース!空間デザインにも役立つ基本のテクニック

    VMDは空間プロデュース!空間デザインにも役立つ基本のテクニック

    VMDという言葉を知っていますか。アパレル業界に就職したいなら、VMDの知識は最低限、必要といわれるぐらい、店づくり売り場づくりの基本になっている方法です。VMDの基本のテクニックを知っておく

  • 売れる色とは?カラーマーケティングについて解説します!

    売れる色とは?カラーマーケティングについて解説します!

    カラーマーケティングという職業を耳にしたことはあるけれど、具体的にどんな仕事をしているのかわから ないですよね。 カラーマーケティングに興味があるけれどどんな職業かもっと詳しく知りたい方

  • オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

    オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

    空間デザインのなかでも、オフィスデザインは社員への効果や来客へのアピールなどに直接、関わるものです。その分、デザインの良し悪しや効果が決め手になります。とはいっても、デザインが先行して企業のイ

  • 知りたかった!オフィスの机を効果的に配置する方法について

    知りたかった!オフィスの机を効果的に配置する方法について

    昨今、業務の効率化においてオフィス内の各社員の机の配置は重要なポイントの1つであると言えます。オフィスの机や配置には会社や部署、チーム等の業務、業種によって効果的な配置パターンというものがあり

  • 空間デザインに役立つ間接照明のあれこれ【種類や効果、コツや注意点まで】

    空間デザインに役立つ間接照明のあれこれ【種類や効果、コツや注意点まで】

    間接照明というとシャレたお店やホテルの照明で、普通の部屋には無関係なんて思っていますか。間接照明とは直接照明の対義語であって、オシャレな空間だけに向く特別な照明ではありません。日本では平安時代

  • 照明の色や向きを変えると部屋が変わる!色や向きと効果について

    照明の色や向きを変えると部屋が変わる!色や向きと効果について

    家に帰っても何となく休まらない、寝つきが悪い、集中できないなんてことがあれば、照明を変えてみるのもひとつの方法です。それほど照明の色や向きによって部屋の雰囲気が変わります。部屋は休むところでも

  • 照明で空間が変わる!照明器具の種類を知って空間デザインに生かそう

    照明で空間が変わる!照明器具の種類を知って空間デザインに生かそう

    空間デザインの大事な要素のひとつが「光」です。シャレた店舗やデパート、ショッピングモールなどは照明にこだわっています。人の顔も照明によって綺麗に見えたり暗く見えたりします。空間デザインの現場で

  • 空間デザイナーになるには何が必要?資格から実績づくりまでレクチャー

    空間デザイナーになるには何が必要?資格から実績づくりまでレクチャー

    多方面の能力が必要な空間デザイナーは、とてもやりがいのある仕事です。イベント会場やショッピングモール、開店したての店舗などをみても、あちこちに凝った装飾やオリジナルな内装が見られますよね。それ

  • 空間デザイナーになりたい人へ!向いている人や必要なスキルを徹底解説

    空間デザイナーになりたい人へ!向いている人や必要なスキルを徹底解説

    空間デザイナーはいま人気の職業のひとつです。広い空間のデザインを依頼されて、依頼主の希望に沿ったデザインを提供して、実際に関わり、最後に引き渡すまで責任をもつ仕事です。もっと狭い空間、例えば家

  • 知りたかった!空間デザイナーの仕事内容と年収について紹介します!

    知りたかった!空間デザイナーの仕事内容と年収について紹介します!

    皆さんは空間デザイナーという職業をご存知でしょうか。空間デザイナーとは一戸建ての住居からデパートのようなショッピングセンター、飲食店の店舗内装、公共施設の様なものまで様々な空間のデザインの設計、製

  • 空間デザイナーを目指す人が知りたい独学のメリット・デメリット

    空間デザイナーを目指す人が知りたい独学のメリット・デメリット

    みなさんはレストランやホテルなどに入ったとき、とても落ち着いたり、逆にワクワクドキドキしたり、心がときめいたりしたことがありませんか?一歩足を踏み入れただけで、全く違う空間を作り上げる「空間デ

  • 空間デザイナーになるために資格は必要?デザインに役立つ資格をご紹介

    空間デザイナーになるために資格は必要?デザインに役立つ資格をご紹介

    空間デザイナーの仕事は個人宅からオフィス、美術館などまで幅広く多岐にわたります。それが魅力的でもある反面、どんな知識が必要になるのか検討がつかず、何から勉強すべきか分からない、という方も多いと

  • 空間プロデュースとはどういう仕事?

    空間プロデュースとはどういう仕事?

    私たちが普段何気なく使っているカフェやデパートのお洒落な空間など暮らしやすい生活空間を どのような方が作り上げているかご存知でしょうか?空間プロデューサーという職業の方 が私たちの暮らしの中で