閉じる

カラーマーケティングという職業を耳にしたことはあるけれど、具体的にどんな仕事をしているのかわから ないですよね。

カラーマーケティングに興味があるけれどどんな職業かもっと詳しく知りたい方や転職を考えているかたに分かりやすく解説していきます。

カラーマーケティングとは?

カラーマーケティングとは簡単に言いますと、色の持つ効果で回転率を上げたり集客を得る事です。 色彩心理学は、色彩によって人間の行動がどうかわるか、どんな反応になるのかについての心理学です。この色彩心理学を応用したマーケ ティングを「カラーマーケティング」と言います。
カラーマーケティングの歴史は古く1920年代に既に取り入れられていました。カラーマーケティングの例をあげますと、万年筆のメーカーがそれまでの黒色の軸が当たり前だった万年筆に赤を取り入れたということがあげられます。
赤が持つ心理学的な効果は、この頃から注目されていたようですね。カラーマーケティングについて詳しくみていきましょう。

色の持つ効果で販売を促進する

色が違うと何が変わるの?と思うかもしれませんが、色が変わるだけで大きな違いがみられるんです。例えば、白と黒では同じ大きさでも白の方が大きく見えるのです。商品を販売するページのボタンを変えてみただけで、売り上げがグッと伸びたということもあります。たかが色と思うかもしれませんが細部のこだわりが大きな結果に繋がります。

・集客アップ

カラーマーケティングの世界では、赤を使用する事で売り上げが20%アップすると言われています。なんとなく色を選んでしまっている場合には、相手に思いもよらないイメージを与えている可能性があります。集客につなげたい場合には、うまく色彩心理学を利用して目的に合った色を取り入れるようにすることが大切です。

・購買意欲アップ

普段私たちが目にする機会が多いかと思いますが、セールやバーゲンの文字を目立たせたいときや、値下げされた値札などによく使用されているのが、赤です。赤は目に留まりやすい発色で、気分も高揚させる効果があります。その心理が、購買意欲を高めるやすくなる効果につながると考えられています。そして、赤の特性が人の行動を導き、成果を上げる事が出来ます。赤は人を活動的にしてくれるので、ぜひ取り入れたい色の1つです。

・回転率アップ

回転率をあげたい時には、赤やオレンジを使うと効果的です。赤やオレンジは鮮やかな発色の効果で目に留まりやすくなり、お客様の入店のきっかけにもなります。また、暖色系の色にはエネルギーを消耗させる効果もあるので、短い時間の滞在でも長くいたような感覚になります。この効果によって、お客様の感覚として、実際には短い時間であるのにも関わらず、長くいた気分になります。回転率があがることで収益も上がります。お客様が気分を害することなく、お店を出るという行為につなげさせる効果は回転率アップには欠かせないものといえます。

色がもたらす効果

色はそれぞれの特徴があり、体や心に影響を与えています。色は光が物体から反射し目から脳に伝わり認識します。
色を認識すると脳内の組織が刺激され、認識した色に対しての感情が生まれます。この時生まれる感情として次の2種類があります。

表現感情

表現感情は、人それぞれによって異なる感情になる表現のことです。例えば、「似合う、似合わない」「好き、嫌い」など、見る人によって個人差があるのが特徴です。ここの感情にアプローチするのは個人差があるのでハードルは少々高くなります。

固有感情

固有感情は、多くの人が共通して同じように感じる感情のことです。

例えば、青や水色といった寒色系は冷たい感じがします。夏の暑い季節に青や水色が清涼感を演出してくれます。

対照的に、赤や橙といった暖色系は温かみを感じることができます。寒い冬の季節には赤いマフラーやセーターはとても暖かそうな印象になります。

カラーマーケティングは、この多くの人が共通して感じる固有感情を上手く利用していくことが重要になります。

色の働きと消費効果

人は幼い頃より、自分をとりまく環境や経験から様々なイメージを学びとっています。そういった成長の過程で慣れ親しんだイメージが積み重ねられ、色に対するイメージのデーターベースが出来上がっています。
そして、色はそれぞれに役割や意味を持っています。人間は感情をコントロールされる場合があります。

イメージ

例えば、暖色、寒色など、それぞれの色が持つイメージがあります。また、自然界にある緑や茶、青などは精神的に安らぎを与えてくれるといった働きもあります。

統一感や区別

例えば、店舗独自のユニフォームを揃えることで、統一感をもたせることができます。

また、スポーツの場合には、チームの統一感を持たせるとともに、相手チームとの区別がしやすくなるといった働きがあります。これが色の働きです。色の働きにより消費効果も向上します。

・目立つ、視覚誘導に効果

人間の感情的興奮や刺激をもたらす色です。非常に目立ち視覚誘導する時も認識しやすい色なので救急性を演出する広告や購入ボタン、陳列などによく使われます。

・情熱の赤

気持ちのモチベーションが高まり、自分の気持ちを前向きにするといった効果があると考えられています。また、商品を赤色にした事で強烈な成功をした例もあります。1930年代アメリカ大恐慌時代です。企業イメージを定着させるためにカラーマーケティングも先駆者のひとり、イモンドローウィが仕掛けたコカコーラ社な冬の販売促進キャンペーンでした。

青色は赤色とは違い興奮を鎮める効果があります。気持ちを落ち着かせるために集中力もアップも期待でき、時間経過を遅く感じさせる効果もあります。

さらに清潔さや爽やかさを与えますのでデオドランド商品に用いられる事が多いです。

黄色も赤と同じ興奮色で、注意喚起によく使われています。工事現場での黄色と黒のシマシマを見ると用心しますよね。気分を高めたり集中力を上げたりする効果もありますし、好奇心や幸福を象徴する色であります。

また、個性的で印象に残りやすい色です。赤色とも相性がいいので、組み合わせての効果はとても大きくなります。マクドナルドのロゴをイメージするとわかりやすいです。

黄色のM字がついた赤い看板はとても印象に残りますよね。このように黄色は他の色と組み合わせる事で印象に残りやすいものを作る事が出来ます。

情緒の安定、安心感の増加、身体を癒す色。筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせてくれます。

高貴さ優雅さを表す。集中力アップ、鎮静効果、運動神経の働きを抑制します。

力強さなど力を象徴しています。高級感を与える効果もあります。

純潔さや純真さを表す。過去を清算してリセットする色になります。

まとめ売れる色とは?

カラーマーケティングについて

色の与える効果を理解することは、自分たちが優位な戦略を立てることに繋がります。

クライアントが希望する理想の店舗を作り上げるとともに、収益につながるような工夫も取り入れてこそ、空間デザイナーの仕事であるといえます。

クライアントの落ち着いた空間を作りたい、印象に残らせたい、回転率を上げたい、などの希望に沿いながら、その目的を達成する為に設計にプラスしたい要素が色使いなのです。

カラーマーケティングに興味のある方や集客アップに繋げたいと思った方、カラーマーケティングには資格もありますので、パンフレットを見たり、無料レッスンに行ってみるのもおすすめです。

時間もかからず資格を取得できますので、転職や自分のスキルアップを考えている方どうでしょうか?

  • VMDは空間プロデュース!空間デザインにも役立つ基本のテクニック

    VMDは空間プロデュース!空間デザインにも役立つ基本のテクニック

    VMDという言葉を知っていますか。アパレル業界に就職したいなら、VMDの知識は最低限、必要といわれるぐらい、店づくり売り場づくりの基本になっている方法です。 VMDの基本のテクニ

  • 売れる色とは?カラーマーケティングについて解説します!

    売れる色とは?カラーマーケティングについて解説します!

    カラーマーケティングという職業を耳にしたことはあるけれど、具体的にどんな仕事をしているのかわから ないですよね。 カラーマーケティングに興味があるけれどどんな職業かもっと詳しく知

  • オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

    オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

    空間デザインのなかでも、オフィスデザインは社員への効果や来客へのアピールなどに直接、関わるものです。その分、デザインの良し悪しや効果が決め手になります。 とはいっても、デザインが

  • 知りたかった!オフィスの机を効果的に配置する方法について

    知りたかった!オフィスの机を効果的に配置する方法について

    昨今、業務の効率化においてオフィス内の各社員の机の配置は重要なポイントの1つであると言えます。 オフィスの机や配置には会社や部署、チーム等の業務、業種によって効果的な配置パターン

  • 空間デザインに役立つ間接照明のあれこれ【種類や効果、コツや注意点まで】

    空間デザインに役立つ間接照明のあれこれ【種類や効果、コツや注意点まで】

    間接照明というとシャレたお店やホテルの照明で、普通の部屋には無関係なんて思っていますか。 間接照明とは直接照明の対義語であって、オシャレな空間だけに向く特別な照明ではありません。

  • 照明の色や向きを変えると部屋が変わる!色や向きと効果について

    照明の色や向きを変えると部屋が変わる!色や向きと効果について

    家に帰っても何となく休まらない、寝つきが悪い、集中できないなんてことがあれば、照明を変えてみるのもひとつの方法です。 それほど照明の色や向きによって部屋の雰囲気が変わります。部屋