閉じる

皆さんは空間デザイナーという職業をご存知でしょうか。空間デザイナーとは一戸建ての住居からデパートのようなショッピングセンター、飲食店の店舗内装、公共施設の様なものまで様々な空間のデザインの設計、製作を行う職業の事を言います。

近年では空間デザイナーへの就職を希望する学生も増えている傾向にあり、デザインのお仕事と言うと空間デザイナーを最初に思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

しかし、空間デザイナーという職業の名前だけを知っていても空間デザイナーの年収や実際の仕事内容などはご存知ない方も少なくないと思います。

そこで今回は、空間デザイナーの仕事内容や活動、年収などについてご紹介していきます。

空間デザイナーの仕事内容

空間デザイナーは冒頭で述べさせて頂いた通り、「空間」をデザインする仕事です。実際にどのような仕事があるのでしょうか。

住空間(マンション・邸宅・別荘など)

空間と言ってもジャンルは幅広く、マンションや邸宅、別荘の様な住空間をはじめ、ショッピングセンター内や飲食店の店舗内装の他にも期間限定のイベントブースやホテルの内装のような商空間まで多種多様なジャンルがあります。

デザイナーと呼ばれる仕事というだけあって、芸術性や独創性を求められる仕事です。インタリアコーディネーターやインテリアデザイナー等よりも高い芸術性や独創性を求められる職業となっております。さらに、空間デザイナーの仕事内容には、空間のデザインを設計するだけでなく製作を手がけることも含まれておりますので、設計図を読解する力や素材や工具の扱い方を把握している必要性があります。

・希望をヒアリングして理想的な住空間を作り上げる

住空間のデザインでは、依頼を請けた空間デザイナーが依頼者に希望のヒアリングを行い、安全であることはもちろんの事、居心地の良さや快適さ等の面から依頼者や使用者にとって理想的な住空間の設計が求められます。また、住空間をデザインする際にデザイナーは「エスキース」を行うことで依頼者の希望を汲み取りつつ、より強い独創性を発揮します。エスキースとは依頼者との対話と複数回行うことによって、より綿密な計画を練ることを指します。

商空間(オフィス・ショップ・ショールーム・イベント)

・空間をトータルにプロデュースして価値を高める

商空間のデザインを専門とする商空間デザイナーは商空間をトータルにプロデュースして価値を高める能力が求められる職業です。

・イメージや目的を具現化、マーケティング要素も含む

依頼者の商空間へのイメージや目的を具現化し、マーケティング要素を含めることによってお客様の新規獲得やリピートに繋げることを間接的にアシストすることができます。依頼者とデザイナーの個性を合わせて作品を作り上げていく事になりますので、同じ間取りでも依頼者にとっては文字通り「世界に一つだけの特別な空間」を提供することができます。空間デザインが完成した際の達成感は空間デザイナーにしか味わえないものですので、やりがいは十分にある職業だと言えます。

・イベントブースの依頼率が高い

固定の商業施設のほかにも依頼が多いのが、期間限定などのイベントブースのデザイン等の仕事になります。多彩なニーズに応えることができるように知識やイメージを豊富に準備しておくこと良いでしょう。

空間デザイナーの仕事の流れ

空間デザイナーは多種多様なジャンルの依頼がありますが、大体の仕事の流れは同じです。

仕事の流れ

1.依頼受付

最初にクライアントから依頼を受けることからスタートします。

2.打ち合わせ

依頼のあった物件や商業施設等の空間を、どのようなコンセプトで空間の内装をデザインしていくのか、予算や期限等の打ち合わせをクライアントと行っていきます。

3.設計図作成しクライアントに提示

その後、打ち合わせで決まったことを元に設計図を作成し、クライアントへの提案を行います。提案の際は設計図やラフ案だけではクライアントへイメージを伝えることができない場合もあるので、CGや模型を準備することによって、よりクライアントへイメージの伝達を行うことでクライアントの希望に沿って空間を作成していくことができます。住空間であれば使用者、商空間であればお客様や店員の導線に配慮して作成することも重要です。

4.施工会社の選択

設計図が固まったら、施工業者を選択します。デザインの再現性を重視しつつもクライアントの希望予算内に収まるよう施工業者の選択を行なっていきます。施工が始まる前に施工業者とのイメージの共有を図ります。これは、空間デザイナーが作業現場を離れている時にイメージからの逸脱防止の為に行う重要な行程と言えます。

5.施工開始後も現場で確認

施工が始まったら、一定期間ごとに空間デザイナーも作業現場に訪れ、クオリティの確認や作業の進捗の確認を行います。イメージとの違い等があれば指摘し、修正を行う事も空間デザイナーの重要な役割です。

6.クライアントへの引き渡し

デザインの施工が完了したらクライアントへの引き渡しを行い、依頼完了となります。

空間デザイナーの活動

空間デザイナーといっても、空間デザイナーとしてではなく、仕事の一環として空間デザインをしている人が多いのが現状です。実際の活動の場についてみていきましょう。

勤務先

・インハウス、建築会社、住宅メーカー、内装設計事務所、設計事務所、デザイン事務所など

空間デザイナーとは言いつつもフリーランスで空間デザイナーをしている人よりも、インハウスと称されている会社や企業、建築会社や住宅メーカー、内装設計事務所等で仕事の一環として空間デザインを行なっている方の方が多い傾向にあります。

独立開業

・有名店舗のデザインなど企業での実績を武器に独立

また、有名店舗のデザインなど企業での実績を武器に独立し、開業やフリーランスで活躍している空間デザイナーもいます。

・能力次第で結婚後もフリーランスで続けやすい

空間デザイナーはセンスや能力次第で依頼数や実績、年収等が決まっていると言っても過言ではない職業ではありますが、センスや能力次第では結婚後やフリーランスでも仕事を続けやすい仕事と言えます。

空間デザイナーの年収

空間デザイナーの年収は、有名デザイナーになるまでには、サラリーマンと同じぐらいの年収であることがほとんどです。

年収はおよそ400万~500万円程度

・最初の給料は比較的低めの場合も

空間デザイナーの平均年収は20代で約260万円、30代で約345万円、40代で約450万円、50代で最高額の約500万円になります。このことから見ても、経験を重ねるごとに収入が上がって行っていることが分かります。

専門性が高いため経験やスキルによって幅がある

空間デザイナーは実績や経験、スキルを重要視される職業である為、最初の頃は実績も積んでいなければ経験も浅く、スキルも十分とは言えない人がほとんどの為、専門職である仕事では仕方のないことです。たくさんの仕事の依頼を受けて、経験を積んでいきましょう。

・指名で大きな仕事が入る、受賞実績などで大幅に昇給する傾向

実績や経験を積み、スキルを身につけることによって依頼数が増加したり賞を獲得すれば、確実に収入が増えることもまた事実です。フリーランスで空間デザイナーを行う場合は、収入以外でのメリットも出てきます。それは時間の融通をつけることができるようになることです。企業や会社ではないので、毎日朝決まった時間に出勤を行うこともなく、クライアントとの打ち合わせやクライアントの提案以外では自宅で作業を行うことができます。自由なワークスタイルを獲得することができることも、空間デザイナーをフリーランスで行うことのメリットとなります。しかし、収入は完全出来高制になるので、はじめたてのデザイナーや人脈や経験の少ないデザイナーにはハードルが高いことがデメリットと言えるでしょう。

まとめ空間デザイナーの仕事内容や年収について

空間デザイナーは大きく住空間デザイナーと商空間デザイナーの2つに分類されます。

住空間デザイナー、商空間デザイナーともに空間に演出を施し、多彩なジャンルの空間デザインの設計、製作を行いますが、住空間デザイナーは依頼者、使用者に寄り添い、より快適で安全な暮らしと理想的な空間を提供する能力が求められます。

商空間デザイナーは、マーケティング要素等の視点からお客様や店員の導線に配慮し、お客様の新規獲得やリピートを促していけるような空間を作成する能力が求められています。

住空間デザイナー、商空間デザイナーともに、依頼者にヒアリングを行い、希望やコンセプトに沿って空間の演出やレイアウト等の提案を行うことによって「世界に一つだけの特別な空間」を提供していくことができます。

芸術的且つ独創的に空間を演出できる空間デザイナーは、能力やスキルは求められるものの、完成した空間デザインを提供した際の達成感は、他の職業では味わい難い特別なものと言えるでしょう。

空間デザイナーになるには高い壁と困難な道がありますが、その分やりがいや達成感を強く感じることができる素晴らしい職業の1つです。

  • VMDは空間プロデュース!空間デザインにも役立つ基本のテクニック

    VMDは空間プロデュース!空間デザインにも役立つ基本のテクニック

    VMDという言葉を知っていますか。アパレル業界に就職したいなら、VMDの知識は最低限、必要といわれるぐらい、店づくり売り場づくりの基本になっている方法です。 VMDの基本のテクニ

  • 売れる色とは?カラーマーケティングについて解説します!

    売れる色とは?カラーマーケティングについて解説します!

    カラーマーケティングという職業を耳にしたことはあるけれど、具体的にどんな仕事をしているのかわから ないですよね。 カラーマーケティングに興味があるけれどどんな職業かもっと詳しく知

  • オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

    オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

    空間デザインのなかでも、オフィスデザインは社員への効果や来客へのアピールなどに直接、関わるものです。その分、デザインの良し悪しや効果が決め手になります。 とはいっても、デザインが

  • 知りたかった!オフィスの机を効果的に配置する方法について

    知りたかった!オフィスの机を効果的に配置する方法について

    昨今、業務の効率化においてオフィス内の各社員の机の配置は重要なポイントの1つであると言えます。 オフィスの机や配置には会社や部署、チーム等の業務、業種によって効果的な配置パターン

  • 空間デザインに役立つ間接照明のあれこれ【種類や効果、コツや注意点まで】

    空間デザインに役立つ間接照明のあれこれ【種類や効果、コツや注意点まで】

    間接照明というとシャレたお店やホテルの照明で、普通の部屋には無関係なんて思っていますか。 間接照明とは直接照明の対義語であって、オシャレな空間だけに向く特別な照明ではありません。

  • 照明の色や向きを変えると部屋が変わる!色や向きと効果について

    照明の色や向きを変えると部屋が変わる!色や向きと効果について

    家に帰っても何となく休まらない、寝つきが悪い、集中できないなんてことがあれば、照明を変えてみるのもひとつの方法です。 それほど照明の色や向きによって部屋の雰囲気が変わります。部屋