閉じる

空間デザイナーはいま人気の職業のひとつです。広い空間のデザインを依頼されて、依頼主の希望に沿ったデザインを提供して、実際に関わり、最後に引き渡すまで責任をもつ仕事です。

もっと狭い空間、例えば家の中を好みの空間に変えたいなんていうことだって、空間デザインにあたります。

空間デザイナーという仕事は責任があって大変そうですが、女性にも向いている仕事です。

プレゼンテーションや交渉のコミュニケーション能力、スケジュール管理など女性ならではの資質が要求される場面も多いです。

そして、何よりもとってもやりがいのある仕事であることです。自分のセンスを磨くことも要求される、努力のしがいのある仕事です。

空間デザインの仕事内容や、空間デザイナーに必要な資質やスキルを詳しくみていきましょう。

空間デザインの特徴とは?

自分の家の空間をデザインするなら、自分のイメージ通りに家具の配置を考えたり、壁紙を変えてみたり、照明を変えてみたりします。
空間デザインを仕事にする人は、仕事を依頼してくる人の希望に沿った空間づくりを提案して、形にして完成し、引き渡しするまでの全行程に関わります。業者に指示することもありますし、自分が直接、動いてデザインすることもあります。

「ここからここまで」という明確な境界線がない

空間をデザインするためには、インテリアデザイナーや内装業者、施工業者などと連携してトータルにデザインすることが必要で、「ここからここまでが仕事」と割り切ることができません。空間デザイナーは、すべての工程に関わる仕事です。

・力仕事から細やかな作業まで

デスクワークもあれば現場で動くこともある、細かい仕事もあれば全体をみて指示するのも仕事です。

・ヒアリング、プレゼン、現場での装飾取り外しなど広範囲で多様

ショッピングセンターのように広い空間をデザインする時も、個人宅のような狭い空間をデザインする時も、空間の広さに関わらずさまざまな業種の人が何人も関わります。依頼主の要望のヒアリングや、できあがったデザイン案のプレゼンも必要ですし、現場での内装や装飾のチェックまで、仕事内容も広範囲で関わる人も多様です。

体力勝負

デパートのディスプレイなどでは、夜から開店前まで徹夜作業をする場合もありますし、家具を移動したり取り外したりする肉体労働をする場合もあって、体力があることも必要条件です。

・タイトなスケジュールをこなすことも多い

計画の急な変更があることも多く、スケジュール管理は大変です。余裕をもって仕事を始めたのに、タイトなスケジュールになってしまうこともあります。

・時には現場で力仕事も

仕事を依頼した依頼主との話し合いが無事に終わったら、施工が始まります。依頼主の要望に応じられる施工業者を選び、依頼します。指示通りに進行していないと業者やクライアントを話し合い、内容次第では家具を移動させたり、不要なものを取り払ったり力仕事もあります。

・開店前に徹夜作業など

夜から朝の開店前までに空間デザインを終わらせなくてはならないこともあります。こうなると、必然的に徹夜仕事になります。

自分のセンスがなかなか認めてもらえないこともある

空間デザインは依頼主のいう通りに空間を仕上げることだけではなく、その空間がより良く魅力的なものになるように、自分のセンスでデザインを提案することも大切です。自分のセンスを認めてもらえて魅力的な空間がデザインできれば、空間デザイナーとして認めてもらえたことになります。

・コンペで勝てないなど

コンペで勝てない、仕上げた空間デザインの評判も良くないとなると、自分のセンスに自信を失ってデザイナーを辞めたくなる人もいるでしょう。

デザインはクリエイティブなもの。そして、自分のクリエイティブを他人に認めてもらうこと自体、大変なことです。センスを認められないなら、認めてもらうまで磨いていくことも大切ですね。

空間デザイナーに向いている人

空間デザインには多種多様な仕事があります。職人のように1つの仕事をじっくり何年も深めていくのが向いている人もいれば、空間デザイナーのようにいろいろな仕事を広くこなしていくのが向いている人もいます。
一番、空間デザイナーに向いている人は、当然ですが空間に興味がある人といえます。空間に対して独特の感性をもてる人でしょう。人が魅力的に感じる空間づくりができる人ですね。

建築や街角を見て回ることが好き

正確には、建築や街角を見てどういうふうにこしらえてあるのか、好奇心をもって見ることができる人です。

創造力・表現力豊かな人

仕事を依頼してくる依頼主に、より魅力的な空間づくりのアイディアを提案することも空間デザイナーの仕事です。

基本的にものづくりが好きな人で、イベントを盛り上げるためのデコレーションが好きな人、そんな創造力や表現力が豊かな人が向きますが、最初は無理でも経験を積むことで創造力や表現力を磨くこともできます。

コミュニケーションが得意、好き

空間デザイナーの仕事はチームワークが大切なので、自分の意見を相手に伝える能力や、相手の意見を取り入れる柔軟性も必要です。

もともと話すのが好きな人の方が向きます。

細かいことにもこだわりがある人

全体的に空間を見る力と同時に、装飾や内装といった細かいことにもこだわれる人の方が向きます。

体力に自信がある

徹夜仕事や肉体労働のようなこともあります。集中力や粘りも含めた総合的な体力が必要です。

好奇心と知識欲が強い

空間デザイナーには建築や照明、インテリア、カラーコーディネートなどの広い知識が必要ですから、知識欲や好奇心が強い人ほど向きます。

空間デザイナーに求められるスキル

公共施設やイベント会場、ショッピングモールなどの空間を総合的にデザインするのが空間デザイナーです。
携わる仕事の内容によって、インテリアデザイナーやディスプレーデザイナー、建築士、カラーコーディネーター、照明デザイナーなどの役割も担います。
そのつど、対応できるスキルをあげてみました。

空間センス

空間デザイナーですから、空間を魅力的にみせるセンスは必須条件です。もともとセンスがある人もいますが、空間への好奇心から経験を積んでいってセンスを磨くこともできます。

色彩センス

空間に彩りを与えるのはカラーです。カラーコーディネーターのような知識も持っていた方がいいですね。

高いコミュニケーション能力

仕事はチームワークで進んでいくので、まとめる力や引っ張っていく力などコミュニケーション能力は必須です。

プランニング能力

依頼主の話を聞いて、予算や希望をくんでプランを仕上げる能力になります。

スケジュール管理能力

仕事の内容によって施工が短期間の場合、長期間の場合などに応じたスケジュールを組み建てられる能力は必要です。急な変更にも応じられるような柔軟性も大切です。

フットワークの軽さ、体力

現場に直行して希望のプラン通りに施工されているか、すみからすみまでチェックするフットワークの軽さや体力も必要です。

まとめ空間デザイナーになりたい人へ!向いている人や必要なスキルを徹底解説

いろいろな能力や知識が必要な空間デザイナーです。

自分には無理なんて思ってしまった人もいるのではないですか。実は、空間デザイナーって意外に女性に向いた仕事なんです。

一番、向いているところはコミュニケーション能力。相手の気持ちを察して具体的に提案していったり、まわりに気配りしながら仕事を進めていったりする能力は、女性ならではの能力です。

空間デザイナーは、女性の特性を生かせる仕事です。

  • VMDは空間プロデュース!空間デザインにも役立つ基本のテクニック

    VMDは空間プロデュース!空間デザインにも役立つ基本のテクニック

    VMDという言葉を知っていますか。アパレル業界に就職したいなら、VMDの知識は最低限、必要といわれるぐらい、店づくり売り場づくりの基本になっている方法です。 VMDの基本のテクニ

  • 売れる色とは?カラーマーケティングについて解説します!

    売れる色とは?カラーマーケティングについて解説します!

    カラーマーケティングという職業を耳にしたことはあるけれど、具体的にどんな仕事をしているのかわから ないですよね。 カラーマーケティングに興味があるけれどどんな職業かもっと詳しく知

  • オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

    オフィスはエントランスのデザインで決まる!効果やパターンを知ろう

    空間デザインのなかでも、オフィスデザインは社員への効果や来客へのアピールなどに直接、関わるものです。その分、デザインの良し悪しや効果が決め手になります。 とはいっても、デザインが

  • 知りたかった!オフィスの机を効果的に配置する方法について

    知りたかった!オフィスの机を効果的に配置する方法について

    昨今、業務の効率化においてオフィス内の各社員の机の配置は重要なポイントの1つであると言えます。 オフィスの机や配置には会社や部署、チーム等の業務、業種によって効果的な配置パターン

  • 空間デザインに役立つ間接照明のあれこれ【種類や効果、コツや注意点まで】

    空間デザインに役立つ間接照明のあれこれ【種類や効果、コツや注意点まで】

    間接照明というとシャレたお店やホテルの照明で、普通の部屋には無関係なんて思っていますか。 間接照明とは直接照明の対義語であって、オシャレな空間だけに向く特別な照明ではありません。

  • 照明の色や向きを変えると部屋が変わる!色や向きと効果について

    照明の色や向きを変えると部屋が変わる!色や向きと効果について

    家に帰っても何となく休まらない、寝つきが悪い、集中できないなんてことがあれば、照明を変えてみるのもひとつの方法です。 それほど照明の色や向きによって部屋の雰囲気が変わります。部屋