閉じる

「カリグラフィー」とは、ギリシャ語の「美しい書き物」と言う意味からきています。言葉としては、あまり聞き慣れないという人でも、結婚式などのウェルカムボードやカードなどの美しいアルファベット文字というとわかりやすいのではないでしょうか。

最近では、このカリグラフィーがとても人気です。その秘密は、美しく優雅なアート文字と手書きの温もりでしょう。そしてペンと紙があれば、誰でも始めることができる手軽さも人気のひとつですよね。

今回は、カリグラフィーをはじめたい!また、書き始めたけどもっと書きやすいものはないの?と言う人のために、カリグラフィーで使う道具について詳しくご紹介します。

カリグラフィーの道具とは?

カリグラフィーを始めるにあたって、専用の道具を使うとより美しい文字を楽しむことができます。

カリグラフィー専用の道具を用いる

カリグラフィーを始めるには、カリグラフィー専用の道具を使うと便利なので揃えることをおすすめします。

・カリグラフィーの書体には厳密なルールがある

カリグラフィーの書体を書くときには、厳密なルールがいくつかあります。ダウンストロークと呼ばれる角度を揃えて平行を保つことが大切です。大文字や小文字は、常にそれぞれ揃えておかなければいけません。また、高さを均等にすることとベースラインを揃える、文字間を揃えるということです。この厳密なルールがあるからこそ美しいカリグラフィーが書けるのです。

始める場合は道具が必要

カリグラフィー始める場合は道具が必要です。カリグラフィー専用の物を使うとより美しく仕上げることができるのでおすすめです。

カリグラフィーの必需品

カリグラフィーを始めるには、基本的には3つの道具さえあれば、あの美しい文字を書くことができます。カリグラフィーの必需品は、ペンとインクと紙になります。これらのカリグラフィーの道具には、いくつか種類があるので自分の使いやすいものを見つけてみましょう。

基本的に必要な道具は3つ

カリグラフィーに必要な道具は、基本的に3つです。揃える道具が少ないと始めやすいのでお手軽感がありますよね。

ペン

カリグラフィーには、なくてはならないペンですが、使用するペンはペン先とペンホルダーに分かれています。

・ペン先

ペン先とは、ペンホルダーの先端に付けて使うもので、書きたいデザインや文字に合わせて付け替えることができます。ペン先には、アルファベットが書きやすいように、右利き用と左利き用の2種類を出ているメーカーもあります。購入時には、間違わないように注意しましょう。また、ペン先には、ペンホルダーの真下に付ける「ハント・アーチストペン」とペンホルダーに斜めに付ける「オートマチックペン」とがあります。ペンホルダーに合わせて選択しましょう。

「ハント・アーチストペン」は短めのタイプで、通常価格は400円程度です。「オートマチックペン」は長めのタイプなので、通常価格は3,000円程度になります。また、他のペンの種類には、スチールブラッシュペン、スピードボール、ハント・アーチストペン、ブラウゼなどがあります。

・ペンホルダー

ペンホルダーには、「オブリークホルダー」と「ストレートホルダー」の2種類があります。

「オブリークホルダー」は、少し斜めに付けて角度を出して文字を書きます。「ストレートホルダー」は、真下に短めのハント・アーチストペンを付けて使います。ペンホルダーの通常価格は、「オブリークホルダー」で500円程度、「ストレートホルダー」で300~400円程度です。

インク

インクにはいくつかの種類があり、「アートカリグラフィーインク」「ウィンザー&ニュートン カリグラフィーインク」「ターレンスエコライン デザインインキ」「ドクターマーチン ダイカラーインク」などです。

インクの通常価格は、10mlで300円程度です。インクにより量が異なることもあるので価格は変わります。

カリグラフィーの紙は、特殊紙&作品用紙、練習用紙などがあります。通常価格は、1枚20円程度からありますが、セットで販売されているものもあります。

道具を選ぶときのポイント

カリグラフィーを書くときの道具は、基本的にペン・インク・紙の3つです。各々種類があるので悩むかもしれません。初めて書き始めるにはどれがいいのかも、合わせてご紹介しましょう。

ペン

カリグラフィー専用のペンは、ペン先とペンホルダーに分かれています。カリグラフィーの書きたい文字に合わせてペン先を変えるなどします。

・書体によって必要なペンが異なる

基本的にカリグラフィーでは、ペン先の平たいものを使います。書体によって必要なペンが異なりますが、カッパープレート体では先の尖ったペン先を用います。また、書きたいデザインによっては、平筆や面相筆などの筆を使って書き上げることもできます。

・ペン先の幅など

カリグラフィーのペン先の幅はとても幅広く、0.5㎜~25.0㎜くらいまであります。カリグラフィーは、ペン先で強弱を付けてデザイン性豊かな文字を書くことができます。

インク

インクの種類はさまざまで、有名なメーカーではパイロット、アートカラー、エコライン、ドクターマーチン、ウィンザー・ニュートンなどがあります。初心者向けの使いやすいインクは、パイロットの証券用インク、カラーを楽しむならパイロットの色彩雫がおすすめです。

・速乾性

パイロットの証券用インクは、証券用として販売されている黒色のインクです。速乾性に優れ、伸びもいいので書きやすくつややかな仕上がりになります。文具店などで手軽に購入でき、愛用者には漫画家や作家なども多いようです。

・耐光性

耐光性に優れているインクは、オランダの画材メーカーのターレンスです。単色での発色が良く、他のカラーとの混色もしやすいと人気があります。全48色の豊富なカラーバリエーションが楽しめます。彩度が高く、透明感のある色調が多いのが特徴となっています。

・豊富なカラー

黒色だけでなくいろいろなカラーを使いたいというのなら、パイロットの色彩雫がおすすめです。カラーバリエーションが豊富で、全24色を楽しむことができます。「紫陽花」や「紅葉」などのように、日本の季節にちなんだネーミングも風情があっていいですね。価格も比較的安価なので使いやすいでしょう。

また、おしゃれで素敵なボトルパッケージは、「日本パッケージデザイン大賞2011」金賞を受賞しています。置いておくだけでも、オシャレ感があり、カリグラフィーが上手になりそうですね。

カリグラフィー向きの紙は、少し目が荒く厚みのあるものがいいとされています。しかし、目が荒すぎるとペン先に引っかかりやすいということもあるので、細目の水彩画用紙がおすすめです。

・紙の厚さ

カリグラフィーで使用する紙は、薄すぎるペラペラの物だとインクがにじみやすく穴が開きやすいです。しかし、逆に固すぎるとペン先が引っかかりやすく書きにくいです。

・紙の質 

紙は、画用紙であれば細目・中目・荒目などとありますが、カリグラフィーにおすすめなのは細目の紙です。マルマンの水彩紙スケッチパッドヴィフアールS309VB4細目がおすすめです。

あると使える道具

カリグラフィーをよりアート的に仕上げるには、絵の具などを使ってイラストを加えるとより華やかになります。

絵の具

・アクリルカラー、水彩

カリグラフィー専用の絵の具もありますが、手持ちのアクリルや水彩絵の具でも十分でしょう。

傾斜台

傾斜台は、カリグラフィー専用の特殊な用具になりますが、より書きやすくするために使うものになります。

練習用紙

作品用の紙とは別に、何度も練習する練習用紙が必要になります。練習用紙は、何枚も必要なので安価なものにしておきましょう。練習用には、高級レポート用紙と書かれたレポート用紙がおすすめです。

定規

全体のバランスや規則正しい文字を書くには定規があると便利です。カリグラフィー専用の定規にはカリグラフィーサイズが記載されているものもあります。

まとめやっぱり専用だと使いやすい!カリグラフィーに使う道具と使い方

カリグラフィーには、カリグラフィー専用の道具があります。カリグラフィー専用の道具を使うことで、文字のラインも美しく書け、素敵な作品に仕上げることができます。まずは、基本道具であるペン・インク・紙を用意しましょう。

カリグラフィー専用のペン先やペンホルダーは、書きたい文字によって選びます。インクは、書きやすさや速乾性、耐光性などから選びましょう。紙は、細目を選び練習用には、安価な高級レポート用紙がおすすめです。

まずは、カリグラフィー専用の道具を揃えて、書き方のルールをふまえながら練習してみましょう。

  • カリグラフィーを使った誕生日カードでHappy Birthday!よく使う言葉を紹介

    カリグラフィーを使った誕生日カードでHappy Birthday!よく使う言葉を紹介

    カリグラフィーがある程度かけるようになったら、大切な人にバースデーカードを贈ってみましょう。相手の喜んでもらえる姿を思い浮かべながらHappy Birthdayを書いてみるといいですよ

  • カリグラフィーを使ってメッセージカードでお祝い、幸せを願う!よく使う言葉紹介

    カリグラフィーを使ってメッセージカードでお祝い、幸せを願う!よく使う言葉紹介

    日頃から感謝の気持ちや幸せを願う気持ちがあっても、口に出してなかなか言えない人も多いでしょう。心にしまい込んでいるだけでは、相手には伝わらないこともあるでしょう。そういうときは、メッセ

  • カリグラフィーを使ったメッセージカードで感謝を込めて伝えたい!よく使う言葉を紹介

    カリグラフィーを使ったメッセージカードで感謝を込めて伝えたい!よく使う言葉を紹介

    カリグラフィーを使ったメッセージカードは、日頃の感謝の気持ちを込めて伝えるのにとても適しています。それは、メッセージカードを開いたときに、美しいカリグラフィーの文字を見るだけで、とても

  • 左利きでも大丈夫!左利きで書くカリグラフィーについて

    左利きでも大丈夫!左利きで書くカリグラフィーについて

    世の中には、右利きの人と左利きの人がいますが、左利きは少数派で過去の統計によると10%前後だとされています。左利きだけどカリグラフィーを書いてみたいという人もいるでしょう。 実際

  • カジュアルで楽しい!筆ペンを使用したブラッシュカリグラフィーとは?

    カジュアルで楽しい!筆ペンを使用したブラッシュカリグラフィーとは?

    カリグラフィーよりも少しカジュアルな雰囲気なのが「ブラッシュカリグラフィー」と呼ばれている書体です。ブラッシュカリグラフィーは、おしゃれなイラストを加えたり、いつも使っているペンですぐに書

  • 今では定番!ウェディングで人気のカリグラフィーについて

    今では定番!ウェディングで人気のカリグラフィーについて

    人生においてウェディングというものは特別な存在のはずです。記念に残る演出をして楽しみたいものですね。そんなウェディングにカリグラフィーを取り入れれば、思い出に残る素敵なものになるでしょ