閉じる

世の中には、右利きの人と左利きの人がいますが、左利きは少数派で過去の統計によると10%前後だとされています。左利きだけどカリグラフィーを書いてみたいという人もいるでしょう。

実際、左利きの人は鉛筆書きのように上手くはいきません。アルファベット文字は基本左から右へ書いていくので、インクなどの渇きの遅いものだと文字が汚れてしまいそうですよね。

では、実際はどうなのでしょうか?

今回は、左利きで書くカリグラフィーについて詳しくご紹介しましょう。

左利きでもカリグラフィーは書ける?

右利きの人が多いですが、左利きでもカリグラフィーを書くことができるのでしょうか。ハサミのように道具によっては左利き専用の物もありますが、カリグラフィーで使うのはペンです。

難しいところもあるけど無理ではない

左手で書くときに、文字を左から右に書くのではなく上から下に向かって書けばスムーズに書けます。その際、横書きの紙を立て向きに置けば書きやすいです。

左手で書くと難しい理由

・カリグラフィーはペンの角度が大切

カリグラフィーは左から右に書いていくので、左手でペンを持つとペン先の角度が合わせにくい場合があります。また、少し不自然な体勢になるので力も入れにくいです。

・左手で文字が隠れてしまう

左から右に書いていくので、左手で文字が隠れてしまいます。お手本が見えにくかったり、時にはインクで文字や手が汚れてしまったりすることもあります。

・線を引くのではなく押してしまうため

左利きの場合、線を引くのではなくどうしても押してしまうので、上手く書けないということになりやすいです。力を入れ過ぎないように気を付けて書いていきましょう。

左利きでカリグラフィーを書くには?

いくつかの道具に左利き用があるように、実は万年筆にも左利き用というものがあります。左利きの人が万年筆を使うと紙が破れたり、インクフロー(紙に流れるインクの量)が悪くなったりすることがあります。

左利き用の道具を使用

左利き用の万年筆を使えば、左利きの問題点がおのずと解決されます。左利き用は、左利きの方が書きやすいようにいろいろと工夫されています。

・左利き用の万年筆の特徴

左利き用の万年筆は、左利きの方が書きやすいように比較的ペン先が丸くて太いのが特徴です。また、インクフローもいいので、滑らかで書きやすいです。このように機能性が少し違うだけですが、見た目などが普通の万年筆と変わりません。

左利き用の万年筆には、

・LAMYラミー万年筆ペン先F2000L01-F
・ペリカン万年筆ペリカーノジュニア左利き用

などがあります。

ラミーの万年筆はどれも左利きに向いていますが、特に2000とサファリはおすすめです。ペン先は柔軟に対応するので、左利きでも滑らかな書き心地が体験できるでしょう。また、ラミーは少し高額だという人には、ペリカーノジュニアがおすすめです。子供用に開発されましたが機能性の高さは大人をも魅了しています。

ペリカーノジュニアを使うことで、正しい角度でのペンの持ち方が自然と身に付くでしょう。

・ペン先を変えるなど

米国スピードボール社製のカリグラフィー用ペン先があります。左利き用は0.5㎜~3.5㎜まで幅広く揃っています。背面にインクを溜める部分があるので、ある程度の連続文字も途切れることなく安心して書くことができます。ペン先は、通常まっすぐになっていますが、左利き用のペン先は少し右上がりになっています。ミッチェル、ブラウゼ、スピードボールなどは左利き用があります。

・自由に書ける

ブラッシュカリグラフィーは、難しい決まりにとらわれずに自由な感性で書くことができます。カリグラフィーをより楽しむには、ブラッシュカリグラフィーでのびのび書くのがいいでしょう。

・筆ペンを使用するため道具に左右差がない

ブラッシュカリグラフィーは、筆ペンを使って文字を書いていくので、左利きでも書きづらいと感じることなく楽しむことができます。

左利きの人の練習ポイント

左利きの人の練習にはいくつかのポイントがあります。紙に対してやさしいペンタッチで軽やかに書くことを心がけましょう。

まずはきれいな線をひくところから始める

まずは左利きで、力まずきれいな線をひくところから始めてみることです。細字の軽いタッチの物がおすすめです。

摩擦の少ない紙で練習

・つっかかりをなくすため

紙質によってペンの滑りが全く違います。できるだけ摩擦の少ない紙で練習すればつっかかりも少なくてすみます。

書体は通常文字と角度の近いイタリック体から練習

左利きの人は、まずイタリック体から練習してみましょう。通常文字と角度の近い書体で練習しておく方が早く慣れるのでおすすめです。

カリグラフィーをきれいに書くために

カリグラフィーをきれいに書くためには、いくつかのポイントを押さえながら練習していきます。早く上達するには、ただ練習すればいいというものでもありません。ペンの角度やアームポジションはきれいなカリグラフィーを書くのに大切なポイントと言えるでしょう。

ペンの角度は一定

カリグラフィーは、ペン先の角度を一定に保ったままペン先を動かしていくのが基本です。一定の角度を保たないと美しい文字にはなりません。コツコツと練習を重ねることでぐらつかなくなります。

アームポジションを変えてみる

左利きでカリグラフィーが書きにくいと感じたら、アームポジションを変えて試してみましょう。

アンダーアームポジションは、左手首を無理にひねらないといけないのであまりおすすめできません。

・フックポジション

手首を下に曲げてフックのような形を取るので、フックポジションと呼ばれています。ペン先を正しい角度にしてストロークの方向に動かして書きます。書きやすいように紙を少し傾けるといいでしょう。

・ヴァーティカルポジション

紙を水兵に対して90度の位置に置き、上から下に向かって書いていきます。このヴァーティカルポジションで書けば、仕上がりが右利きと同じように見せることができます。しかし、垂直に書いていくので、書いている途中の文字の形を判断するのは難しい場合があります。

道具を見直す

左利きでのペン運びがスムーズでないのなら、使っている道具を見直してみることも必要です。使っているペンが書きにくいのなら、別の左利き用にしてみましょう。紙に引っかかって書きづらいのなら滑りのいい紙に変えるなど工夫することができます。

独学だけでなく実際に教えてもらうことも視野に

独学で上手く書けないと感じたら、実際に教えてもらうことも視野にいれるといいですね。プロの指導を受けることで、今まで悩んでいたりわからなかったりしたことが、解決することもあるはずです。

まとめ左利きでも大丈夫!左利きで書くカリグラフィーについて

左利きでもカリグラフィーを書きたいという人はいるはずです。鉛筆書きのようにはすぐ書けませんが、力を入れ過ぎずやさしく書いていくことでも改善されます。カリグラフィーのペンには、左利き用があるのでこのペンを使うことをおすすめします。ペンの持ち方もいくつかあるのでやりやすいもので練習しましょう。また、ブラッシュカリグラフィーは、筆ペンを使うので、左利きでも十分に楽しむことができます。
もし、独学で練習するのが難しいと感じたのなら、プロに指導してもらう方法もひとつです。カリグラフィーを習得したいと思ったのなら、素敵な作品が仕上がるまで、コツコツ頑張ってみましょう。

  • カリグラフィーを使った誕生日カードでHappy Birthday!よく使う言葉を紹介

    カリグラフィーを使った誕生日カードでHappy Birthday!よく使う言葉を紹介

    カリグラフィーがある程度かけるようになったら、大切な人にバースデーカードを贈ってみましょう。相手の喜んでもらえる姿を思い浮かべながらHappy Birthdayを書いてみるといいですよ

  • カリグラフィーを使ってメッセージカードでお祝い、幸せを願う!よく使う言葉紹介

    カリグラフィーを使ってメッセージカードでお祝い、幸せを願う!よく使う言葉紹介

    日頃から感謝の気持ちや幸せを願う気持ちがあっても、口に出してなかなか言えない人も多いでしょう。心にしまい込んでいるだけでは、相手には伝わらないこともあるでしょう。そういうときは、メッセ

  • カリグラフィーを使ったメッセージカードで感謝を込めて伝えたい!よく使う言葉を紹介

    カリグラフィーを使ったメッセージカードで感謝を込めて伝えたい!よく使う言葉を紹介

    カリグラフィーを使ったメッセージカードは、日頃の感謝の気持ちを込めて伝えるのにとても適しています。それは、メッセージカードを開いたときに、美しいカリグラフィーの文字を見るだけで、とても

  • 左利きでも大丈夫!左利きで書くカリグラフィーについて

    左利きでも大丈夫!左利きで書くカリグラフィーについて

    世の中には、右利きの人と左利きの人がいますが、左利きは少数派で過去の統計によると10%前後だとされています。左利きだけどカリグラフィーを書いてみたいという人もいるでしょう。 実際

  • カジュアルで楽しい!筆ペンを使用したブラッシュカリグラフィーとは?

    カジュアルで楽しい!筆ペンを使用したブラッシュカリグラフィーとは?

    カリグラフィーよりも少しカジュアルな雰囲気なのが「ブラッシュカリグラフィー」と呼ばれている書体です。ブラッシュカリグラフィーは、おしゃれなイラストを加えたり、いつも使っているペンですぐに書

  • 今では定番!ウェディングで人気のカリグラフィーについて

    今では定番!ウェディングで人気のカリグラフィーについて

    人生においてウェディングというものは特別な存在のはずです。記念に残る演出をして楽しみたいものですね。そんなウェディングにカリグラフィーを取り入れれば、思い出に残る素敵なものになるでしょ