閉じる

絵を描くのが好きだからデッサン力を活かして仕事につきたい!と考える人も多いでしょう。

純粋に絵を描く画家や漫画家、パソコン操作を活かしたクリエイターなど、デッサンを活かせる職業はたくさんあります。

しかし、デッサンを活かせる仕事といっても、どのくらいデッサン力が必要になるのか気になる所でしょう。ある程度のデッサン力で大丈夫なのか、それともデッサンを極めないといけないのか。

今回は、デッサン力を活かせる仕事について詳しく見ていきましょう。

鉛筆デッサンで養われる能力

鉛筆デッサンを学ぶことで養われる能力とは、一体どんなものなのでしょうか。大きく分けると、観察力、画力、構成やバランスなどになります。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

正確に形をとらえる力(輪郭・構造・空間など)

鉛筆デッサンでは、モチーフをよく観察して正確に形をとらえる力が必要です。

真っ白な紙の上に描いていくときに、輪郭、構造、空間などをどのように描いていくのがいいのか、デッサンを何度も繰り返していくことで身に付けていきます。

細部まで観察する力(質感・量感・明暗など)

何度も繰り返しデッサンすることで、今まで描いていなかった細部まで観察する力が付いてきます。

それは、質感、量感、明暗などといったことになり、指導してもらったり、自分で気付いたり、数をこなし努力することでデッサン力がアップしていきます。

対象物の描写

デッサンとは、対象物を紙に描写することですが、対象物が他の人から見て不自然でない仕上がりにならないといけません。

実際の対象物と見比べて、明らかにここがおかしいということのないように練習を重ねることで上達していきます。

イメージの具現化

絵画や彫刻などの場合には、自分のイメージしたものを具現化するためにデザインをおこないます。

例えば、彫刻を制作しようと思ったときに、仕上がりをどのようにするのかを描いてみることが大切です。そうすることで、ぼんやりとしたイメージの物でもしっかりと鮮明になり、完成する作品がいいものになっていきます。

構成・バランス力

デッサンにおける構成やバランス力も、伝えたいテーマがしっかりと伝わるものある必要があります。覚的にバランスが取れたものに仕上げることが大切です。

デッサン力が活かせる仕事や職種

デッサン力を活かせる仕事は、絵を描く画家などにとどまらず、広告や建築など幅広い職種の仕事に活かすことができます。

アーティスト

具体的にどのような職種があるのかを詳しく見ていきましょう。

画家、写真家、絵本作家など

デッサン力は、画家、写真家、絵本作家などの作品を作り上げていく分野で重要な役割を果たしています。

写真家は、一見関係ないような気がしますが観察力と感性が大切です。

写真を撮るときには、構図というものもとても重要で、同じ写真を撮っても被写体や空間のバランスなどで作品の出来を左右してしまいます。

デザイナー

デザイナーと名の付く職業は、デッサン力が欠かせません。バランスの取れた自然なデッサンは、必須で見る人にもわかりやすく好感が持てます。

ファッション、インテリア、建築、インダストリアル、ジュエリー

イメージをすぐにデッサンし人前ですぐに描くことができれば、コミュニケーションにも役立ち仕事がスムーズに進みます。

例えば、ファッション関係の仕事ならデッサン力を活かし、対象物や人物などを描写し多くのアイデアを出す必要があります。

ジュエリーデザイナーでもイメージしたジュエリーをデッサンしながら、宝石やカラー、形などの詳細を決めていきます。デッサンを何度もすることでイメージを紙などに表現し、制作していきます。

クリエイター:漫画家、アニメーター、CGクリエイターなど

本格的な仕事でも、レベルの高いデッサン力はとても重宝されます。特に人物を描く仕事では、自然な身体の筋肉の付きや動作が必要になってきます。

イラストレーター

イラストレーターは、ポスターや雑誌などの印刷物やメディアなどで扱われるイラストを描く仕事です。さまざまなジャンルがありますが、最近ではデジタルイラストの制作が主の仕事となっています。

漫画家

漫画家は、出版社から依頼を受けて漫画を描きます。週刊誌の連載、本の挿絵など多くの活躍の場があります。

アニメーター

アニメーターは、一般的にはアニメ制作のうちの1つの「作画」を担当します。キャラクターの動きを1枚1枚描いていくことで1つの動作が完成します。絵を描く仕事の中でも特に画力やスピードが必要になります。

CGクリエイター

CGクリエイターの場合は、パソコンを使い2Dや3Dの図やイラストなどを作る仕事です。デッサン力よりも対象物に対するモデリングの知識や技術が求められます。

広告関係:WEBデザイナー、グラフィックデザイナーなど

デッサンにおける観察力があれば、物体の形や質感をとても豊かに表現できます。独自の発想とアイデアによって人の目を引き付ける作品を手掛けることができるでしょう。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、ウエブサイトの配置やデザインなどを考え、見やすく、使いやすいように整えていくのが仕事です。スマートフォンが普及した現在では、パソコン、タブレット、スマートフォンのどれでも見やすくする「レスポンシブデザイン」が必要とされています。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、雑誌や広告、商品パッケージなどのレイアウトやデザインなどを制作します。デザインのセンスや知識が必要で、依頼者などとのコミュニケーションも求められます。

デッサンは絵を描くときの基本ですが、パソコンやソフトウェアの開発によりWEBデザイナー、グラフィックデザイナーなどはデッサン力が必須というわけでもないようです。むしろ、ソフトウェアを上手く使いこなすことが必要になってきています。

建築関係・講師活動

建築関係の仕事でも、設計図や図案などデッサンを用いた表現が必要になることが多いはずです。

パース作成、打ち合わせ内容やイメージの具現化

打ち合わせの時にすぐにイメージを紙に描くことができると、相手とのやり取りもスムーズになり仕事がはかどります。

自宅教室、カルチャースクールなどの活動

デッサン講師の場合は、もちろんデッサンの知識や技術は必須です。生徒に教えなければいけないので、デッサンの狂いを瞬時に見つけ的確なアドバイスをする必要があります。

また、デッサンの道具についての詳しい知識を持ち、モチーフ選びなどもすることになります。

鉛筆デッサンの必要性

仕事や職種による、鉛筆デッサンの必要性とはどのようなものなのでしょうか。
デッサンを活かすことで仕事がスムーズになる場合や、かなりのデッサン力を身に付けていないと厳しいということもあるでしょう。

デッサン力が必ず必要となる仕事

デッサン力が必ず必要となる仕事は、デッサン自体が仕事、あるいはデッサンを使って仕事をする場合です。

画家などの絵を描くことそのものが仕事の場合

画家や漫画家などの場合は、絵や漫画を描くことが仕事なので、きちんとデッサンができなければ、即仕事に影響を及ぼすでしょう。

また、鉛筆デッサンを教えるスクール講師などの場合もそれに当たります。人にデッサンを教えるなら、自分にデッサン力がないと始まりません。

採用条件にデッサン力の評価が含まれている場合

就職のときにデッサン力が採用条件に含まれている場合があります。

例えば、デザイン系企業でデッサンの試験などがあります。希望の企業でデッサン力が必要だと思うなら、早めに知識や技術を習得しておくべきでしょう。

必須ではないが、デッサン力の有無で大きく差が出る職種

必須ではなくても、デッサン力の差が関係する職種はあるでしょう。特に、デザイナーやクリエイターなどの場合はデッサン力があるかないかで大きな開きが出てしまう職業です。

デザイナーやクリエイターなど

デザイナーやクリエイターなどは、画家や漫画家のように直接デッサンしたものや手描きものが作品となるわけではありません。デッサン能力の中の物事をとらえる力や微妙な感覚といったセンスが必要な職種になります。

まとめどのくらい画力が必要なのか?デッサン力を活かせる仕事について

鉛筆デッサンを練習することで養われる能力は、観察力、画力、構成やバランスなどです。どれも日々地道に努力することで身に付くものです。

鉛筆デッサンの画力は、美術系の職業には必須ですが、それぞれによってデッサン力の必要性に差があります。デッサン力を活かす仕事は、画家や漫画家だけでなく、広告や建築など幅広い分野にも及びます。

また、最近では、パソコンやソフトウェアを上手く使いこなさないといけない職業もあります。

仕事や職種によって、鉛筆デッサンの必要性に多少の違いはありますが、デッサン力があることで仕事にプラスになることは間違いないでしょう。

  • 鉛筆デッサンの基礎知識と基本的技法について徹底解説!

    鉛筆デッサンの基礎知識と基本的技法について徹底解説!

    鉛筆デッサンを始めてみようと思ったら、あなたならまず何をしますか?何かを始めるときはまず道具を全てそろえるという人もいるでしょう。デッサンを始めるのなら、鉛筆、紙、消しゴム、カッターナ

  • 必見!デッサン用鉛筆について詳しく解説!

    必見!デッサン用鉛筆について詳しく解説!

    デッサンを描くための道具の中で、鉛筆はとても大切なものです。あなたはもしかして、どの鉛筆でも大して変わらないと思っていませんか。 しかし、デッサンにとって欠かせない大切な道具が鉛筆な

  • これだけは揃えておきたい!鉛筆デッサンに使用する道具について紹介

    これだけは揃えておきたい!鉛筆デッサンに使用する道具について紹介

    鉛筆デッサンを描くためには、鉛筆と紙さえあればとりあえず描けますが、やはり本格的に学ぼうと思ったらきちんと道具をそろえた方がいいでしょう。 鉛筆デッサンをするときのおすすめの道具やデ

  • デッサンとは?クロッキーやスケッチ、模写、ドローイングとの違いを徹底解説!

    デッサンとは?クロッキーやスケッチ、模写、ドローイングとの違いを徹底解説!

    絵に興味がある人なら、デッサン、クロッキー、スケッチの違いはなんとなく分かるのかもしれませんが、どう違うのかを聞かれるとちょっと戸惑う方もいることいることでしょう。 また、模写やドロ

  • わかりやすく紹介!デッサンの勉強方法と効果的な練習方法

    わかりやすく紹介!デッサンの勉強方法と効果的な練習方法

    趣味で絵を描くのが好きだったり、将来美術系の学校や就職を考えたりする人なら、基礎となるデッサンが上手くなりたいと思う人も多いでしょう。 絵を描くためには、デッサン力はとても大切で

  • どのくらい画力が必要なのか?デッサン力を活かせる仕事について

    どのくらい画力が必要なのか?デッサン力を活かせる仕事について

    絵を描くのが好きだからデッサン力を活かして仕事につきたい!と考える人も多いでしょう。 純粋に絵を描く画家や漫画家、パソコン操作を活かしたクリエイターなど、デッサンを活かせる職業は