閉じる

趣味で絵を描くのが好きだったり、将来美術系の学校や就職を考えたりする人なら、基礎となるデッサンが上手くなりたいと思う人も多いでしょう。

絵を描くためには、デッサン力はとても大切で、ある程度の技術は必須となるかも知れません。もちろん、デッサンができなければ絵は描けないのか、というとそうではありません。

しかし、デッサンの狂った不自然な絵は見た目に違和感を覚えることでしょう。

ここでは、デッサンの勉強方法と効果的な練習方法をご紹介していきます。

鉛筆デッサンを勉強する目的

鉛筆デッサンを勉強する目的は、人によってさまざまです。これらについて詳しく見ていきましょう。

人によってさまざまな目的がある

目的は、大きく分けて進学、仕事、趣味などのためということになるでしょう。

美大・芸大などへの進学

美術系の大学は、専攻分野や実技内容が多様化していますが、志望校に応じたカリキュラムを組んで、実力を伸ばしていかなければいけません。

受験のための基礎練習は体に技術を覚えさせる必要があります。鉛筆デッサンは基礎となり、鉛筆による濃淡で立体感、質感、雰囲気などを表現しなければいけません。

日々の地道な努力が受験の明暗を分けることになるので、時間を見つけて練習に励みましょう。

アーティスト、デザイン、イラスト、漫画、アニメーション制作などの仕事

美術系の職種は、アーティスト、デザイン、イラスト、漫画、アニメーション制作などさまざまなものがあります。どの職種でもやはり基礎のひとつとしてデッサン力が必要になるといえます。

また、鉛筆画家でない限り、デッサンのモノトーンの世界だけでなく、色彩や配色などのデザイン知識も必須になり、特にアニメーション制作の場合は、アナログとデジタルの両方を身に付けておく必要があります。

将来の仕事、現在の仕事のスキルアップ

将来の仕事や現在の仕事のスキルアップのために、鉛筆デッサンを学ぶ場合は、その時点である程度のデッサン力があるはずですよね。

さらにスキルアップするには、地道に日々練習を重ねるまたは、指導者に指摘してもらいレベルを上げていく方法があります。

趣味の絵画の上達のため

趣味の範囲で絵画の上達のために鉛筆デッサンを勉強する場合は、教室などに通う、個人レッスンを受ける、独学の3つになるでしょう。指導を受ける場合はその先生の教え方や力量も影響しますが、やはり本人の努力次第でしょう。

これから絵画をはじめたい

絵画初心者なら教室などに通って先生の指導を受け、仲間の作品を見ながら自らも勉強していくのがいいでしょう。趣味として楽しくやっていけるのでおすすめです。

知識を深めたい

知識を深めるために鉛筆デッサンを練習するのもいいでしょう。デッサンは、絵などを描くときの基礎となるので、モチーフをよく観察してできるだけたくさんの練習をしていきましょう。

鉛筆デッサンの勉強で得られる知識

鉛筆デッサンの勉強で得られるものは、鉛筆、用紙、イーゼルなどの用具についての知識や描く上での基礎的なことを学ぶことができます。
絵を描く上でデッサン力は必須です。最低限の知識と技術は身に付けておきたいものです。

鉛筆の使い方

デッサンで使う鉛筆は、カッターナイフで削ります。鉛筆の芯は、長くとがらせることで広い面まで塗ることができるのです。

描き始めは、鉛筆を少し横に寝かすようにしてモチーフの形を大まかにとり、次第に筆圧をかけ細かく丁寧に描いていきます。

仕上げは、鉛筆を立てて書いていき、硬さや濃さの違う鉛筆を使い分けて書いていきます。

用紙

デッサン用の画用紙は、M画用紙(サンフラワー中目)が、描きやすくておすすめです。画用紙の表はややざらつきがあり、裏面はすべすべしています。

画用紙のサイズは、モチーフが1つのときはB4(25.7×36.4㎝)、モチーフが複数のときはB3(36.4×51.5cm)がおすすめです。

イーゼル

スケッチブックや画板に角度を付けて描くときにイーゼルを使います。人物画や風景画、大きな作品などを描くときによく使い、三脚型をしています。

机の上で描くより、角度を付ける方が、姿勢を変えずモチーフを正確に見て描きやすいからです。

鉛筆デッサンの勉強方法

鉛筆デッサンの勉強方法には、団体・グループレッスン、個人レッスン、独学があります。
それぞれにメリットデメリットがあり、どの方法で勉強するのがいいのかは人によって違います。
あなたならどの方法がいいのかを見てみましょう。

団体・グループレッスン、個人レッスン、独学がある

これらの違いは、単に人数が違うというだけではなく、それにより個人に向けられる指導量の違いや細かいところも出の指導を受けられるかということにも関係してきます。

もちろん、独学の場合は、全て自分で学び練習しなければいけないことになります。

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

団体・グループレッスン

画塾や教室などでレッスンを受けることができれば、先生の指導によりデッサン力の上達も早いといえます。たくさんの仲間とともにデッサンを学ぶのはとても楽しくお互いの技術向上においてもいい環境といえるでしょう。

指導者による添削、比較対象がある

デッサンの経験が豊富な指導者による添削を受けることができます。同じようにデッサンをする比較対象があるので、描き方や作品を参考にするなどテクニックを真似ることもできます。

環境が整っている

広い場所が用意され、モチーフを考えたり何を勉強しようかと悩ませたりする心配はありません。全て指導者が用意してくれるでしょう。

競争心による成長スピード、モチベーションが高まりやすい

周りに同じようにデッサンについて学び上手になろうとする仲間がいます。

競争心によって成長スピードやモチベーションが高まりやすく相乗効果が出やすいでしょう。

見られるのが苦手な人には不向き

たくさんの仲間がいる反面、人が苦手、見られるのが嫌だと思う人には不向きです。

指導の仕方にもよりますが、自分の作品を題材にしてみんなの前で評価されるなどということがあるかもしれません。人と接することが苦手な人にはおすすめできません。

個人レッスン

個人レッスンだと、通信教育や家庭教師などになりどちらも自分のペースで進めることができます。他人のデッサンの様子を見ることができない反面、自分も人から見られないことになります。

指導者による添削があるが、比較対象がない

指導者による添削があり、疑問に対してもしっかり答えてもらう時間があります。

しかし、他の人の作品を比較対象としてみることができません。

自分だけのレッスンなので丁寧な指導が受けられる

1対1なので自分だけのレッスンになります。そのため、多くの仲間と学ぶときより、より丁寧な指導が受けられます。

また、指導者の方も1人だけなので熱心に指導してくれるでしょう。

体系的・効率的に学べる

自分に合ったレッスンで、体系的かつ効率的に学べるのでより早く上達することができます。団体だと横道にそれることがあっても、個人の場合はその心配がなくなります。

成長スピードは本人次第

個人レッスンだと成長スピードも本人次第ということになります。何かにつまずいて時間がかかることもあるかもしれませんが、上手くいけばドンドン進んで上達するということになります。

独学

独学の場合は、インターネットや書籍などからデッサンの描き方などの情報を得ることができます。ネットでは豊富な情報を閲覧でき、動画を見て詳しい描き方を順序だてて学ぶこともできますのでおすすめです。

環境は自分で整える必要がある

独学は全て自分でしなければいけないので、デッサンを学ぶ環境も自分で整える必要があります。毎日欠かさずデッサンの習慣を付けることが上達に繋がります。

指導者および比較対象がいない

自分でデッサンの練習をしても指導者がいないので、どこが悪いとかこうしたらもっと良くなるとかの指摘がもらえません。

また、他の人の作品を見ることができないので自分で何かに気付いて参考にすることができません。

自分で環境を整え、情報をより分ける必要がある

ネットや書籍の情報量は豊富にあるので、自分に必要なものがどれなのかを選ぶ必要があります。

また、全ての情報が正しいというわけではないので見極める必要があるでしょう。

第3者の意見をもらう機会が圧倒的に少ない

独学は全て自分で判断しなければいけません。デッサンにおいても間違っていたり分からなかったりすることがあっても、人に聞くこともできず自分で解決する必要がありますね。

モチベーションが保ちづらく、時間がかかりがち

1人で黙々とデッサンの練習を続けるのはなかなか難しい作業といえます。そうやってモチベーションを保つのも難しく、わからないことがあるなどすれば時間もかかることになります。

まとめわかりやすく紹介!デッサンの勉強方法と効果的な練習方法

鉛筆デッサンを学ぶ目的は人によってさまざまで、進学、仕事、趣味などに分かれます。

それらの目的に応じて、どのくらいのデッサン力が必要なのか、練習方法や期間にも違いがあるでしょう。

また、絵を描く上でデッサン力は必須なので、できればしっかりと学んで身に付けたいものです。デッサンの練習をするには、団体・グループレッスン、個人レッスン、独学があります。

自分にはどの方法がいいのかをしっかり見極めて、鉛筆デッサンの向上を目指しましょう。

  • 鉛筆デッサンの基礎知識と基本的技法について徹底解説!

    鉛筆デッサンの基礎知識と基本的技法について徹底解説!

    鉛筆デッサンを始めてみようと思ったら、あなたならまず何をしますか?何かを始めるときはまず道具を全てそろえるという人もいるでしょう。デッサンを始めるのなら、鉛筆、紙、消しゴム、カッターナ

  • 必見!デッサン用鉛筆について詳しく解説!

    必見!デッサン用鉛筆について詳しく解説!

    デッサンを描くための道具の中で、鉛筆はとても大切なものです。あなたはもしかして、どの鉛筆でも大して変わらないと思っていませんか。 しかし、デッサンにとって欠かせない大切な道具が鉛筆な

  • これだけは揃えておきたい!鉛筆デッサンに使用する道具について紹介

    これだけは揃えておきたい!鉛筆デッサンに使用する道具について紹介

    鉛筆デッサンを描くためには、鉛筆と紙さえあればとりあえず描けますが、やはり本格的に学ぼうと思ったらきちんと道具をそろえた方がいいでしょう。 鉛筆デッサンをするときのおすすめの道具やデ

  • デッサンとは?クロッキーやスケッチ、模写、ドローイングとの違いを徹底解説!

    デッサンとは?クロッキーやスケッチ、模写、ドローイングとの違いを徹底解説!

    絵に興味がある人なら、デッサン、クロッキー、スケッチの違いはなんとなく分かるのかもしれませんが、どう違うのかを聞かれるとちょっと戸惑う方もいることいることでしょう。 また、模写やドロ

  • わかりやすく紹介!デッサンの勉強方法と効果的な練習方法

    わかりやすく紹介!デッサンの勉強方法と効果的な練習方法

    趣味で絵を描くのが好きだったり、将来美術系の学校や就職を考えたりする人なら、基礎となるデッサンが上手くなりたいと思う人も多いでしょう。 絵を描くためには、デッサン力はとても大切で

  • どのくらい画力が必要なのか?デッサン力を活かせる仕事について

    どのくらい画力が必要なのか?デッサン力を活かせる仕事について

    絵を描くのが好きだからデッサン力を活かして仕事につきたい!と考える人も多いでしょう。 純粋に絵を描く画家や漫画家、パソコン操作を活かしたクリエイターなど、デッサンを活かせる職業は