閉じる

レジンを使えばオリジナルデザインのかわいいアクセサリーや小物をたくさん作ることができます。とくに、UVレジンなら手軽に作れるので大変人気が高まっています。

この中で気になるのが,レジンはどうやって固まるのか?ということでしょう。ここでは、UVレジンとエポキシレジンの二種類のレジンについて、どうしたら固まるのか、どれくらいの時間で固まるのか、固める時のコツなどをご紹介します。これからレジンでアクセサリー作りをする方は、ぜひ参考にしてください。

レジン液の硬化方法は?

エポキシレジンとUVレジンの二種類について、レジン液の硬化方法をご説明します。固まる方法をしっかりと知っておくことで、アクセサリーを上手に作ることができるようになります。

エポキシレジン…主剤と硬化剤の2液混ぜて固める

エポキシレジンは、主剤と硬化剤の二種類の液を混ぜることで固まります。そのため、それぞれの液を計量したり、まんべんなく混ぜ合わせたりする作業が必要なため、UVレジンより少し手間がかかります。

エポキシレジンを使う際には、デジタルスケール、混ぜるために使うカップ、撹拌棒が必要です。デジタルスケールでしっかりと計量しないと、上手に混ざらないこともあります。カップは100円ショップなどで売っているプラスチックの皿で十分ですし、撹拌棒はわりばしでもOKです。主剤と硬化剤を混ぜてもすぐに固まるわけではなく、固まるまでに時間がかかりますから、あわてずに作業することができます。

UVレジン…UVライトを当てて固める

UVレジンは1液のみで紫外線に当たると固まる仕組みです。そのため、容器から出して日の光に当てると、徐々に固まり始めます。しかし、自然の光の場合は固まるまでに時間がかかりますから、作業を慌てる必要はありません。

ネイル用やUVレジン用のコンパクトなUVライトを使えば、数分で固まります。時間がない場合やたくさんの作品を作りたい場合は、UVライトを購入するとよいでしょう。手芸店やインターネットなどで、数千円で購入することができます。

UVライトを使う際に注意したいのが、直接ライトを見ないということです。目に悪影響を及ぼす危険があるので、ライトを見ないように作業しましょう。

もちろん、UVライトが無くてもUVレジンは固まります。ですから、制作に時間がかかってもよいなら、ライトを購入しなくても十分作業はできます。

レジン液の硬化時間は?

気になるのが、どれくらいの時間で固まるのかということです。ここでは、エポキシレジンとUVレジンの硬化時間についてご説明します。

エポキシレジンは放置して1日~3日程度

エポキシレジンは主剤と硬化剤を混ぜてから、完全に固まるまでに1日から3日ほどかかり、意外と時間がかかります。エポキシレジンはUVレジンとは異なり、大きめで厚みのある作品も作ることができます。

そのため、大きめのオブジェや置物などを作った場合、奥の方まで完全に固まるまでにとても時間がかかります。ですから、小さめの作品なら1日ほどで固まりますが、大きい作品だと3日ほどかかることもあります。

UVレジンは紫外線(UV)照射で5分程

UVレジンは紫外線(UVライト)を当てることで固まります。UVライトには9Wと36Wの商品があります。9Wだと一つの作品を硬化するのに数十分かかりますし、36Wなら2~5分ほどで固まります。そのため、36WのUVライトを持っていれば、作業がスムーズに進みます。

9Wでも放置するだけですから、大事なのはワット数ではなくタイマー機能の有無です。タイマー機能が無いと、ライトを当てたまま忘れて放置してしまうことがあります。UVレジンはライトを当てすぎると劣化します。

せっかくかわいいアクセサリーができたのにすぐに劣化してしまってはもったいないですから、ぜひタイマー機能付きのライトを購入してください。2,000円から5,000円で、手芸用品店などで購入できます。

UVペンライトならちょっと使いづらいですが、100均でも手に入ります。UVライトが無くても、太陽光に当てることで固めることもできます。その場合は、数十分から数時間かかることもあります。確実に固まるわけではないので、様子を見ながら作業する必要があるでしょう。

UVレジンの固め方

初心者の場合は圧倒的に作業が簡単なUVレジンを使うことが多いでしょう。そこで、UVレジンを使って固める方法について、詳しくご紹介します。

UVライトを用意(36W)

まずは、UVライトを用意しましょう。36Wのライトなら、数分で固めることができ便利です。

120秒程照射

UVライトに出来上がった作品を、まずは120秒間照射してみてください。小さめの作品なら、120秒で固まります。

固まりが甘い場合は再び照射

120秒照射してみて、まだ固まっていないようならもう一度120秒間照射してみましょう。様子を見て固まったようなら、OKです。固まっていないのに触ってしまうと、形が崩れてしまうので注意してください。

表面のべたつきをレジン拭き取り液で拭き取る

UVレジンは固まった後も表面がべたついていることがあります。この場合は、レジン拭き取り液を乾いた布に取り、綺麗にふき取りましょう。こうすることで、表面が滑らかでつやのある、美しい作品に仕上がります。

UVライトの代替案

UVライトがあればすぐに作品が完成しますが、なくてもレジンを固めることは可能です。UVライトが無い場合の代替案について、ご紹介します。

晴れの日は太陽光を当てる

時間はかかりますが、晴れている日なら太陽光でも十分固めることができます。よく晴れた日に窓際に作品を置けば、15分程度で固まります。しっかりと太陽光が当たり続ければこの時間で固まりますが、途中で太陽が雲に隠れる可能性もありますから、30分は見ておいた方がよいでしょう。

また、同じように晴れていても、夏の強い日差しと冬の日差しでは効果が違います。曇っている日の場合は、晴れた日の倍くらいの時間を見た方がよいでしょう。30分ほど日の光に当てておいてください。

100円ショップのUVランプを使う

100円ショップにもUVランプが売っています。この100均の安いUVランプを使えば、3分ほどで固めることが可能です。ただし、一つの作品にしか照射できませんし、しっかりとライトが作品に当たるように固定する工夫が必要です。一つ一つ時間をかけて照射するくらいなら、もしかしたら太陽光に当てて一度に固める方がよいかもしれません。

太陽光で固める場合の注意点

専用のUVライトを使わず太陽光を使って固める場合には、注意したいことがあります。それは、長い時間放置するため、ホコリやゴミが付く可能性があるということです。乾いていないレジンにゴミが付着するとせっかくの作品が台無しですから、なるべく風が当たらない場所で日に当てるようにしましょう。

よくあるのが、窓際においてカーテンが風に揺れて作品に触れてしまいゴミが付着する、風で砂が舞って作品が砂まみれになってしまうなどという失敗です。また、太陽光が無いとまったく固まりません。夜間や日の光が当たらない室内で作業しても固まらないので、注意してください。

まとめレジンはどうやって固まる?

レジンの硬化方法とは?

レジン液にはエポキシレジンとUVレジンの二種類があります。エポキシレジンは主剤と硬化剤を混ぜて1日から3日ほど経過すると、固まります。UVレジンはUVライトや太陽光に当てることで固まります。UVライトなら数分で固まりますし、太陽光なら光の量に影響されますが数十分で固まります。

レジンをうまく固めることができるようになれば、思い通りにかわいいアクセサリーや小物を作れるようになります。ぜひ、挑戦してみてください。

  • レジン制作に資格ってあるの?資格を取得してステップアップ!

    レジン制作に資格ってあるの?資格を取得してステップアップ!

    レジン制作を楽しむのもよいですが、ある程度制作スキルが高まると資格が欲しいと思う方もいるでしょう。資格があれば、自宅でレジン教室を開いたり制作したレジンをオークションに出して売ったりと

  • レジン初心者必見!レジンの使い方を教えます!

    レジン初心者必見!レジンの使い方を教えます!

    最近、レジンを使ったアクセサリーや小物などのハンドメイドがとても流行っています。その理由はやはり、手軽で簡単なのにとてもかわいいアクセサリーなどを作ることができるからではないでしょうか

  • レジンはどうやって固まる?レジンの硬化方法とは?

    レジンはどうやって固まる?レジンの硬化方法とは?

    レジンを使えばオリジナルデザインのかわいいアクセサリーや小物をたくさん作ることができます。とくに、UVレジンなら手軽に作れるので大変人気が高まっています。 この中で気になるのが,

  • レジンの型取りって何?型取りすればいろいろな形のアクセサリーが作れる

    レジンの型取りって何?型取りすればいろいろな形のアクセサリーが作れる

    レジンを使えば思い通りにかわいいアクセサリーや小物を作ることができ、レジンアクセサリーは人気が高まっています。レジンによるアクセサリー作りで重要なのが、レジンの型取りです。レジン液を好

  • レジンにはどんな種類がある?初心者におすすめのレジンの紹介!

    レジンにはどんな種類がある?初心者におすすめのレジンの紹介!

    レジンとはアクセサリーなどを作る原料になる樹脂です。自由に形や色を加工できるので、自分好みのアクセサリーや小物を作ることができ、人気が高い手作り素材です。 レジンには主にUVレジ

  • レジンでいろいろなものを可愛くコーティングしよう!

    レジンでいろいろなものを可愛くコーティングしよう!

    レジンを素材としてさまざまなアクセサリーや小物を作ると、とても楽しいです。お店で買ってきたような可愛い小物を自分で作れてしまいます。 レジンそのものを素材にする以外にも、他の素材