閉じる
インテリアデザイナーになるには?必要な資格や仕事内容を解説
インテリアデザイナーコラム01_01

お家時間が増えた現在は、自分の家をこだわりのある空間にしたいと考えている人たちが増えています。

より良い空間を作り出し、理想の生活のためのサポートを出来るのがインテリアデザイナーです。

インテリアデザイナーはどんな部屋にするかを考える人達。そんなインテリアデザイナーとは具体的にどんな仕事をしているのか、どうしたらなれるのかを解説していきます。

目次

インテリアデザイナーとは?どんな仕事?

インテリアデザイナーとは具体的に、家具や家電などのインテリアで空間をデザインする人のことを言います。

どんな雰囲気が好みか、趣味は何か、バリアフリーなどは必要かなど好みや求めているものを聞き出します。

そこから椅子や机、カーテン、壁紙、家電などは何にするのか、配置場所や色などお部屋の空間づくりに必要なものはすべて決めていきます。

より住む人の希望を叶えてあげるのが、インテリアデザイナーの仕事です。

インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?

インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?
インテリアデザイナーになるには、美術系や建築系の大学や専門学校を卒業している人が多いです。

インテリアデザイナーになるために必要な知識は以下の通りです。

  • インテリアの知識
  • 色彩の知識
  • 建築の知識

インテリアデザイナーとして活動するために、必要な資格はないのです。

しかし、専門的な知識がどうしても必要になってくる仕事でもあるため、こうした知識は深く習得しておきましょう。

インテリアの知識

インテリアの知識は、インテリアデザイナーになるには必ず学ぶことになるでしょう。
インテリアの配置方法やインテリアの素材、各種インテリアの工事方法、法規など、一言でインテリアと言ってもとても幅広い知識が必要になります。
体系的に学ぶことによって、自分のイメージ通りの空間を作り出せるようになりますよ。

色彩の知識

なぜ色彩の知識がインテリアデザイナーには必要なのかというと、空間をデザインする際に重要になってくるからです。
色によって部屋が広く見えたり、狭く見えたり、落ち着く雰囲気になるのか、暖かい雰囲気になるのかが変わってきます。
より相談者のイメージを作りあげるために、色彩の知識は必要となってきます。
色だけでも部屋の雰囲気は全く違うものになるため、インテリアデザイナーを目指すのなら、色彩の知識も合わせて持っておくといいでしょう。

建築設計の知識

インテリアデザイナーは建築関係の知識が必要です。CADを使ったり設計を行う場合もあります。
家具の配置や色を決めるだけではなく、建物の構造や外観、証明、配線などのトータルコーディネーターを行う場合もあるためです。
部屋の見た目だけを決めるのがインテリアデザイナーの仕事ではありません。
そこで暮らす人がより暮らしやすく快適な生活を送るために、インテリアデザイナーの人がいるのです。
建築関係の知識は必ず身につけておきたいものです。

インテリアデザイナーの仕事内容と活躍分野

インテリアデザイナーの仕事内容と活躍分野
インテリアデザイナーは空間をデザインするのが仕事です。

それだけだと家具を配置したりするだけでは?と思いがちですが、インテリアデザイナーの仕事の幅とても広いのです。

具体的にどんなことをするのかを解説していきます。

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアデザイナーは家具や家電の配置、照明、部屋の色、動線などをどうするかを決めます。
依頼主、設計者とのヒアリングを行い、どんなコンセプトやイメージがあるのかを把握します。
それをもとに図面やラフ画を作成し、プレゼンテーションや打ち合わせを行い、イメージを決定。
そこで終わりではなく、実際に施工現場に行き確認作業も必要です。
イメージ通りの施工ができているかを確認しながら、現場の人と一緒に作りあげていくのです。
頻繁に打ち合わせや現場に出向く必要があるので、意外と忙しくなることが多い仕事でもあります。
インテリアデザインを行う建物も、一般の住宅だけではなく、病院や美術館、商業施設、オフィスや飲食店なども含まれます。
どんな人が利用してどんな人に来てほしいのかなどを考える力も必要になってきます。
インテリアデザイナーが活躍できる職場は、以下のような場所になります。

  • 設計事務所
  • ハウスメーカー
  • 住宅設備メーカー
  • インテリアショップ
  • 独立してデザイナーとして活躍

それぞれ詳しく説明していきます。

建築設計事務所

インテリアデザイナーの活躍場所で多いのが、設計事務所になります。
大手の設計事務所になれば、建物の設計から監修、インテリアデザインまで一通り行うような大きなプロジェクトを請け負うことも多いです。
そうした現場では、インテリアデザイナーの活躍場面が多くあります。依頼主からの希望に沿って、設計段階から監修していく必要も出てくるでしょう。
設計事務所によっては、インテリアデザイナーが設計まで手がける場合もあります。
幅広い知識や体力も必要になってくる場所ではありますが、インテリアデザイナーの需要も高く様々な経験が積めるので、独立を考えている人にはおすすめの職場になります。

ハウスメーカー

インテリアデザイナーはハウスメーカーでも活躍しています。
ハウスメーカーでは一般住宅の提案を行うことが多いです。
お客さんとどんなイメージの家がいいのかを相談し合いながら、一緒に家を造りあげていきます。
主に新居を建てる時に提案を行い、屋根や外壁などの外装から壁紙の色から床、キッチン、カーテンレール、ドア、水回りなどの内装をどんなものにするのかを決めます。
見積書を見てもらい、問題無ければ施工に移ります。
大切なのは、お客さんがどんな内装にしたいかを決めやすいように提案することです。
また、営業担当者や設計担当者ともやり取りを行うので、社内でのコミュニケーションも重要になります。

住宅設備メーカー

住宅設備メーカーとは、住宅の設備を製造しているメーカーのことになります。例えばキッチンや浴室、空調設備、トイレなど住宅に関わる設備になります。
そうしたメーカーでもインテリアデザイナーは活躍できます。
住宅設備においても、細かいデザインや色や素材は違います。
設備の細かいデザインを決めるのも、インテリアデザイナーの知識は役に立つでしょう。
主に、住宅設備のデザインやどんな部屋に合うのかを考えるのが仕事になるでしょう。
住宅設備はカタログも作成するので、お客さんが分かりやすく決めやすいものにするのも大切でしょう。

インテリアショップ

インテリアショップは、主に家具を取り扱うお店になります。寝具やカーテン、机や椅子などその他部屋に関わるインテリアを取り扱っているお店です。
インテリアショップでも、インテリアデザイナーの知識は役に立つでしょう。
家具を買いに来たお客さんから相談を受けた際に、どんな家具を組み合わせたらイメージ通りの部屋にできるかなどを提案します。
家具を揃える際は寝具、椅子、机、カーテンなど一通りのものを一気に揃える方も多いので、インテリアのバランスやイメージをアドバイスする際にその知識が役立てられます。
お客さんが求める部屋を作り出すお手伝いができる職場になるでしょう。

独立してデザイナーとして活躍

インテリアデザイナーとして独立する方もいます。
年収も1000万~2000万程度など実力や知名度も高く、依頼が次々と来る人であれば、そのくらい稼いでいる方も多い仕事です。
海外で活躍できるほどまで成長できる人もいるくらいレベルの幅は広いです。
一方で営業活動が苦手であったり、実力不足である場合では、なかなか仕事を獲得するのが難しいのも現実です。
独立を目指している人であれば、まずは建築設計事務所などに就職しましょう。
設計事務所であれば、設計やインテリアデザインやその他打ち合わせの仕方、スケジュール管理など独立に必要なことを幅広く経験できます。
また、独立するためには信頼関係が重要です。勤務している間にクライアントとの信頼関係の構築、人脈づくりを行えます。
そうした場所でたくさんの経験を積んでから独立を目指すのが良いでしょう。

インテリアデザイナーに向いている人

インテリアデザイナーに向いている人
インテリアデザイナーに向いている人の特徴として、以下の点があげられます。

  • インテリアが好きな人
  • コミュニケーション力がある人
  • プレゼンテーションがある人
  • 体力がある人
  • チームワークがある人

それぞれ詳しく説明していきます。

インテリアが好きな人

インテリアデザイナーはインテリアを扱う仕事なので、インテリアが好きな人が良いでしょう。
普段からお部屋の雰囲気を変えたり、考えたり、インテリア家具を見ることや、100円ショップの簡単な家具をアレンジできたりする人にも向いてます。
常に依頼主や職場の仲間、クライアントとインテリアの話ができなければいけないので、あまり興味を持てないという人では、続けるのが難しくなってきます。
目指すのであれば、インテリアが好きだということは大前提です。

コミュニケーション力がある人

インテリアデザイナーは、常にいろんな人たちとの打ち合わせが付き物です。
依頼主や住宅を買うお客さんとのコミュニケーションはもちろんのこと、職場の営業担当者や設計担当者とも常に話をしなければいけません。
人とのコミュニケーションが苦手という方には、あまり向いていないのが現実です。
人と話すことが得意であり、自分から様々な提案ができる人、また、自分の意見を言うだけではなく、相手の希望やイメージを汲み取れる人が向いています。
インテリアデザイナーにおいて人とコミュニケーションを取ることがほとんどだと言えます。

プレゼンテーション力がある人

インテリアデザイナーの仕事で、ある程度お客さんの希望を聞き、設計者との打ち合わせができた段階で、インテリアデザインを行います。
そこで、設計者やお客さんあるいは依頼主にこんなイメージで何を使いどこに配置するのかなどをプレゼンテーションしなければいけません。
そこで、上手くイメージを伝えられていないと、後々大きなトラブルに発展してしまいます。そのため、自分の伝えたいことを上手くプレゼンテーションする能力が重要です。
相手側に分かりやすく納得してもらえるように、設計図や写真、イラストなどを使って上手く表現しましょう。

体力がある人

インテリアデザイナーと聞くと、華やかなイメージを持たれる方も多いかもしれません。
しかし、実際は打ち合わせの頻度も多く、現場に出向いて指導を行ったり、休日出勤や残業時間も多いのが現実です。
体力的な余裕がない人には、あまり向いていないかもしれません。
自分の時間よりもインテリアのことを考えている方が好きだという方や、頻繁な打ち合わせがあっても苦ではない方、残業するのが嫌ではない方であれば、続けていけるでしょう。

チームワークが上手な人

インテリアデザイナーは一人で行える仕事ではありません。必ず建物を造るにはたくさんの人たちが関わっています。
例えば建物の設計を行う設計担当者、仕事を獲得したりお客さんを呼び込む営業担当者、建物を実際に建てる職人さん達がいます。
様々な人たちとチームとなって建物を造りあげるのです。そのため、周りの人と協力し合いチームで行動できる協調性がある人が向いています。
デザイナーと言っても一人ではできない仕事だということを理解しておきましょう。

インテリアデザイナーの代表的な資格

インテリアデザイナーの代表的な資格
信頼性が重要なのがインテリアデザイナーです。実際にインテリアデザイナーになるために必要な代表的な資格を紹介します。

建築士

建築業界では最も有名な資格で、国家資格になります。
建築士の資格を持ったインテリアデザイナーも多くいます。
建築士の試験を受けるためには実務経験が必要です。もしくは4年生大学、短大、専門学校など専門教育を受けた人たちが受験ができます。
専門の学校を卒業している場合には、実務経験はなくても試験を受けられます。
信頼性も非常に高い資格にはなりますが、受験の段階で実務経験もしくは専門の学校を卒業している必要があるため難易度は高いでしょう。
今から始めて見たいと考える人には難しい資格でもあります。

インテリアプランナー

公益財団法人建築技術教育普及センターが主催する民間資格になります。試験は年に一度、学科試験と設計製図試験の2種類で構成されています。
まずは学科試験を受け、そこで合格した人が設計製図試験に挑めます。
設計図になれていない人がいきなり設計図を書くのは、難易度が高いでしょう。
できれば、きちんとしたカリキュラムを組んでいる専門学校などに通い勉強するのが得策です。
年に一度しかチャンスがない点や、受験会場が東京、名古屋、大阪、福岡など都市部でしか行われない点も、仕事をしながらや家事をしている主婦の方には少し大変かもしれません。

インテリアデザイナー

日本デザインプランナー協会が主催する民間資格です。受験資格は何か専門学校や実務経験が必要はなく、誰でも受験できます。
インターネットからの申し込みが可能な点や、在宅受験もできるので、地方に住んでいる方や仕事や家事で忙しい方でも受験ができます。
受験の回数も年に6回とチャンスの回数が多いので、自分の生活に合わせて受験ができるのが特徴です。
インテリアデザイナーを目指したいけど、実務経験もまだあまりない人も多いと思います。
そんな初心者の方でも挑戦できる資格で、手始めに取得するにはおすすめの資格です。

インテリアアドバイザー

こちらも日本デザインプランナー協会が主催する民間資格です。
在宅での受験が可能で、地方のお住まいの方でも仕事などで忙しい方でも受験ができます。
現在インテリア業界や建築関係で働いている方にも、もちろんおすすめですが、最近インテリアに興味を覚えて勉強を始めて見たいという方に人気の資格です。

初心者でもおすすめの資格はこれ

初心者でもおすすめの資格はこれ
インテリアデザイナーは目指したいけど、実務経験がないため資格を取るのが難しいかなと思った方も多いかもしれません。

最近インテリアに興味を持ったという方や、まずは始めて見たいと思った方は、いきなり難易度の高い建築士などの資格取得は挫折の原因になるので、あまりおすすめしません。

まずは、初心者でも挑戦できる「インテリアデザイナー資格」がおすすめです。

インテリアデザイナー資格であれば、専門学校や大学に通う必要はなく、仕事をしている人でも主婦の方でも通信講座などで勉強できますよ。

インテリアデザイナーの資格詳細はこちらから!

おすすめ資格講座はこの2つ

インテリアデザイナーの資格を取得するには、独学だけでは難しい面があります。そんな忙しい方でも勉強するのには、通信講座がおすすめです。

通信講座でカリキュラムや教材に沿って勉強することで、正しい知識を身に着けられます。

特におすすめの資格講座はこちらの2つ

  • 諒設計アーキテクトラーニング
  • SARAスクールジャパン

この2つの講座なら「インテリアデザイナー資格」と「インテリアアドバイザー資格」の2つが取得できます。

インテリアデザイナーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングなら「インテリアデザイナー資格」、「インテリアアドバイザー資格」の2つの資格が同時に取得できます。
在宅で勉強できる上に最短2カ月で取得可能です。ゆっくり勉強しても6カ月で卒業できるので忙しい人にもおすすめ。
講座は「基本講座」と「スペシャル講座」の2つが用意されています。

                  

講座の種類 受講料 期間 特徴
基本講座 59,800円 6カ月(最短2カ月) 添削5回
試験に合格で3つの資格取得可能
スペシャル講座 79,800円 6カ月(最短2カ月) 添削5回+卒業課題1回
試験免除で3つの資格取得

スペシャル講座なら添削5回と卒業課題の提出で試験が免除され、3つの資格が取得できます。

インテリアデザイナー資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールでも「インテリアデザイナー資格」と「インテリアアドバイザー資格」の2つの資格が取得可能です。
「基礎コース」と「プラチナコース」の2つのコースを用意。

                  

講座の種類 受講料 期間 特徴
基本コース 59,800円 6カ月(最短2カ月) 添削5回
試験に合格で3つの資格取得可能
プラチナコース 79,800円 6カ月(最短2カ月) 添削5回+卒業課題1回
試験免除で3つの資格取得

初期費用を安くしたい方は「基礎コース」を選択すると良いでしょう。