閉じる
フラワーデザイナー資格のおすすめ資格|資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!
フラワーアレンジメントデザイナーコラム01_01

  • 「フラワーアーティストになる為には、何から始めたらいい?」
  • 「フラワーアーティストの就職先が知りたい」

当記事では、上記のような疑問を解決していきます。
【内容をまとめると】

  • フラワーアーティストは、切り花や生花で空間を彩る花の芸術家
  • フラワーアーティストになる為には独学・通信学習・専門学校の3つの方法がある
  • フラワーアーティストとして成功する為には、ある程度の適正が必要
  • フラワーアーティストとしての知識を得るなら「フラワーアレンジメントデザイナー」資格がおすすめ!
  • 諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンでは「フラワーアレンジメントデザイナー」資格と「プリザーブドフラワーデザイナー」資格が同時取得可能!

それでは、早速見ていきます。

目次

フラワーアーティストは、花で空間を彩る花の芸術家

フラワーアーティストは、フラワーデザイナーや、フローリストとも呼ばれる花の芸術家の事を言います。

芸術の中では、彫刻などと同じ分野に分類され、主に立体的な芸術品を作成していきます。

代表的な作家として、デンマーク出身のニコライ・バーグマンなどが有名で、お花を用いた様々な手法で空間を演出することから、小さな空間内に大きな世界を作り出す等の演出やアレンジメントが注目されています。

また昨今の在宅時間の増加から、自宅に花のある生活を求める方が増加しています。

この為、フラワーアーティストとしての需要は、今後増加していく事が見込めるでしょう。

フラワーアーティストになる3つの方法

フラワーアーティストになる3つの方法
結論から先に申し上げると、フラワーアーティストになる為に、特別な資格は必要ありません。

また、フラワーアーティストには年齢制限のない為、何歳からでも目指せると言えるでしょう。

それでは、どのようにしてフラワーアーティストとしての知識や技術を身につければ良いのでしょうか。

方法は大きく分けて下記の3つの方法があります。

【フラワーアーティストになる方法】

  • 独学
  • 通信学習
  • 専門学校

それぞれの学習方法やメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

独学

なるべくお金をかけずにフラワーアーティストとしての道を目指したい方は、独学での学習を考えるでしょう。
独学での学習の場合、市販されている専門書の購入や、図書館で借りられる専門書で学習します。
中には、花に関する知識を得る為に、実際に花屋でバイトする方もいるようです。
かかる費用は専門書代だけなので、お金のない方でも進められる方法です。
しかし、その一方で、独学にはデメリットも存在します。
独学の場合、学習の要点を要領よく学習できない為、多くの時間を要してしまいがちです。
この為、フラワーアーティストとしてすぐに活躍したい方や、フラワーアーティストの肩書きで今すぐ就職・転職をしたい方には、不向きな方法と言えます。

通信学習

2つ目の学習方法は、通信学習を用いた学習方法です。
通信学習は、自宅にいながら空いた時間に学習ができるというメリットがあります。
費用も専門学校と比較するとリーズナブルである為、お金をあまりかけられない方にも最適です。
しかし、その一方で通信学習は、座学のみである為、実践的な知識が身につかないというデメリットもあります。
このようなデメリットを解消する為には、プロが監修している通信学習がおすすめです。
プロが監修したテキストは、通常のテキストと比べて実践的な知識を得られるでしょう。

専門学校

最後に挙げられる方法は、専門学校で学ぶという方法です。
専門学校では、プロのフラワーアーティストから実践的な知識と座学の両方を教えてもらえます。
中には卒業と同時にフラワーアーティストとしての就職先を斡旋してくれる専門学校もある為、学習から就職まで全て面倒を見てもらえるのは大きなメリットと言えるでしょう。
しかし、専門学校での学習は、時間とお金がかかりすぎるというデメリットがあります。
フラワーアーティストの専門学校の場合、一般的には2年間の専門学校に通い、2年間にかかる費用の合計は150〜200万円程度が一般的です。
この様に、専門学校への通学は、フラワーアーティストとして活躍するまでに、多額のお金と膨大な時間を要します。
親御さんに学費を支払ってもらえる、時間のある学生さんなら問題はありませんが、仕事や育児の合間にフラワーアーティストを目指す方には、不適切な方法と言えるでしょう。

フラワーアーティストの仕事内容とは?活躍できる分野をご紹介!

フラワーアーティストの仕事内容とは?活躍できる分野をご紹介!
フラワーアーティストとしての知識を身につけたら、仕事にも役立てられます。

下記に、フラワーアーティストの知識が役立つ職業をまとめましたので、是非参考にしてみてください。

【フラワーアーティストの仕事内容】

  • フローリスト
  • フラワーアーティストとして独立
  • フラワーデザイン講師

それぞれ詳しく解説していきます。

フローリスト

フラワーアーティストとして得た知識は、フローリストとして役立ちます。
フローリストは、お花を用いて会場や施設を彩る仕事です。
結婚式のブーケ作りをはじめ、会場作り、クリスマス時期のショーウィンドウの飾り付け・デザインなどは全てフローリストの仕事と言えます。
一般的なフローリストは、ウエディング業界や葬儀場、お花屋さんに就職します。
知識のみでなく、色彩のセンスなども必要になる、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

フラワーアーティストとして独立

フラワーアーティストとして得た知識で、フリーランスとして働く方は非常に多いです。
ブライダルやインテリアなどの業界に営業を行い、アレンジメントを飾り会場を美しく彩るお手伝いをします。
腕前が認められると、人気のフラワーアーティストとして講演会をおこなえる事もあり、有名になりたい方にもおすすめです。
フリーランスとしての年収は260〜500万円が平均で、講演会を開けるほどの人気フラワーアーティストになれば、年収1,000万円も夢ではないでしょう。

フラワーデザイン講師

フラワーアーティストとして得た知識は、次世代のフラワーアーティストを育成するための講師活動としても役立てられます。
講師としての就職先には、専門学校や自宅での開業などが挙げられます。
フラワーアーティストの学校を自宅で開業する場合、特別な道具や器具は必要ありません。
初期投資も少なく教室を開業できる為、リスクなく始められるでしょう。

フラワーアーティストの適性チェック

フラワーアーティストの適性チェック
続いて、フラワーアーティストの適性を確認していきましょう。

何事にも言える事ですが、人には向き不向きがある為、何か一つの目標を叶えるにはある程度の適正が必要です。

具体例を挙げると、体力に自信の無い方がコーチやスポーツインストラクター等の体力勝負の仕事に就いても、成功は難しいでしょう。

この様に、フラワーアーティストにも適性があります。

後から後悔することのないよう、まずは適性チェックを行ってみてください。

【フラワーアーティスト適性チェック】

  • お花が好き
  • 虫が好き
  • 皮膚が強い
  • 手先が器用
  • センスがあると思う
  • 自身も花に癒された経験がある

上記に1つでも該当するのであれば、フラワーアーティストとしての適性があると言えるでしょう。

フラワーアーティストにとって、なによりも大切な事は、お花を愛していると言うことです。お花は生きています。

その事を忘れて、お花をぞんざいに扱う様な人であれば、フラワーアーティストとして大成しないでしょう。

また、お花には虫がつきものです。虫好きである必要はありませんが、アレンジメント中に虫が出てきても驚かない程度である必要があります。

この他にもセンスなど適性を挙げればキリがありませんが、お花を好きな気持ちがあれば大丈夫です。

誰よりもお花が好きという方は、是非フラワーアーティストとしての道を目指してみましょう。

フラワーアーティストの代表的な資格

フラワーアーティストの代表的な資格
上の項では、フラワーアーティストとして特別な資格は必要ないと申し上げました。

しかし、フラワーアーティストとして得た知識を、仕事として活かしたいのであれば、資格がある方が何かと有利に働きます。

この項では、フラワーアーティストの代表的な資格をご紹介していきます。
フラワーアーティストとして、仕事をしていきたい方は是非参考にしてください。

フラワーアレンジメントデザイナー

フラワーアレンジメントデザイナー資格は、日本デザインプランナー協会が主催する認定資格です。
資格取得者は、フラワーアレンジメントに関する基礎知識と、多彩なアレンジ法を取得している事が証明されます。
フラワー業界を目指す方のみでなく、服飾業界を目指す方にも人気の資格です。
資格試験は2ヶ月に一回の頻度で開催されている為、今からでも目指しやすい資格と言えます。

3級フラワーデザイナー

3級フラワーデザイナーは、フラワー装飾技能検定と公益社団法人日本フラワーデザイナー協会が主催する資格です。
資格の取得には指定校への入学が必要で、3級には40単位の履修が必要となります。
その後、履修単位の増加と共に2級1級の受験が可能です。
1級資格取得後には、フラワーデザイナー協会の指定校などで講師活動が期待できます。
日本唯一の公益団体が認定している資格なので、是非習得しておきたいところですが、実習が多く資格を維持するための費用もある為、少々ハードルが高い資格とも言えるでしょう。

プリザーブドフラワーデザイナー

プリザーブドフラワーデザイナー資格は、日本インストラクター技術協会が主催する認定資格です。
資格取得者は「花を飾るスペシャリスト」として証明されます。
プリザーブドフラワー以外にも、アレンジメントを行う花器や花瓶についても深く学習可能です。
試験は2ヶ月に一回開催されている為、今からでも目指しやすい資格と言えるでしょう。

フラワーアーティストになる為には「フラワーアレンジメントデザイナー」資格がおすすめ

フラワーアーティストになる為には「フラワーアレンジメントデザイナー」資格がおすすめ
ここまで、フラワーアーティストのなり方や、代表的な資格について詳しく解説していきました。

フラワーアーティストとしての知識を得られる資格は数多くありますが、最もおすすめな資格は「フラワーアレンジメントデザイナー」資格です。

下記に、フラワーアレンジメントデザイナー資格がおすすめな理由をまとめましたので、是非参考にしてください。

【フラワーアレンジメントデザイナーがおすすめの理由】

  • 1日30分から習得できる
  • 最短2ヶ月で資格取得可能
  • フラワーアーティストの基礎知識や実践的な知識が身につく
  • 学習から資格試験まで全て在宅で可能

フラワーアレンジメントデザイナー資格は、1日30分から最短2ヶ月で取得可能な資格です。

学習から試験に至るまで全てを在宅で行えるため、仕事や家事の合間に効率よく知識を得たい方にもおすすめです。

資格を今すぐに仕事に活かしたい方や、資格取得のために実技試験や通学する時間が取れない方は、是非フラワーアレンジメントデザイナー資格を取得してみましょう。

フラワーアレンジメントデザイナー
https://www.designshikaku.net/syumi/flower/

「フラワーアレンジメントデザイナー」資格が効率よく取得できる、おすすめ資格講座

最後に、フラワーアレンジメントデザイナー資格を効率よく取得できる資格講座をご紹介して終わります。

現在、資格講座会社の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールジャパンでは、フラワーアレンジメントデザイナー資格を確実に取得できる講座を開講中です。

それぞれの講座の特徴をまとめましたので、是非参考にしてみてください。

フラワーアレンジメントW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングでは「フラワーアレンジメントデザイナー」資格と「プリザーブドフラワーデザイナー」資格の2資格を同時に取得できる「フラワーアレンジメントW資格取得講座」を開講しています。
諒設計アーキテクトラーニングは、ゼネラルリサーチの「通信講座わかりやすさ」「通信講座品質」などの各種ランキングで2年連続三冠を達成した通信講座です。
プロが監修したわかりやすいテキストを採用しており、初心者からでも安心して学習ができます。
講座は基本講座とスペシャル講座の2種類あり、スペシャル講座は、卒業と同時に資格が取得できるお得なコースです。
下記に、それぞれの講座の概要をまとめたので、ご自身のニーズに合った講座を選択してみましょう。

【基本講座】

費用 59,800円
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回
講座内容 受講証
受講マニュアル
完全攻略テキスト2冊
練習問題集/解答用紙
練習問題解答集
模擬試験/解答用紙
模擬試験解答集
添削課題/提出用解答用紙
質問用紙
封筒

【スペシャル講座】

費用 79,800円
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回+卒業課題
講座内容 受講証
受講マニュアル
完全攻略テキスト2冊
練習問題集/解答用紙
練習問題解答集
模擬試験/解答用紙
模擬試験解答集
添削課題/提出用解答用紙
質問用紙
封筒
ファッションデザイナー&服飾士卒業試験

フラワーアレンジメントコース| SARAスクールジャパン

通信講座のSARAスクールジャパンでも「フラワーアレンジメントデザイナー」資格と「プリザーブドフラワーデザイナー」資格の両方が取得できる「フラワーアレンジメントコース」を開講しています。
SARAは、女性のための通信講座で、家事や育児に忙しい女性でも資格が取得しやすいカリキュラムが組まれています。
プロが監修しているオリジナルテキストを採用している為、要点のみを効率よく学習出来ます。
コースの受講中には、専属の講師へ何度でも質問が可能なので、はじめての通信学習の方でも安心です。
コースは基本コースとプラチナコースの2種類があります。
プラチナコースでは、卒業課題を提出すると資格試験合格と同様の扱いを受けられます。
短時間で2資格を確実に取得したい方は、是非プラチナコースをご検討ください。

【基本コース】

費用 59,800円
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回
講座内容 ガイドブック
受講証
受講カード
学習テキスト01
学習テキスト02
練習問題集/解答
添削課題5回分
質問用紙
封筒

【プラチナコース】

費用 79,800円
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回+卒業課題
講座内容 ガイドブック
受講証
受講カード
学習テキスト01
学習テキスト02
練習問題集/解答
添削課題5回分
質問用紙
封筒
卒業課題
  • フラワーアレンジメントデザイナーコラム01_01

    フラワーデザイナー資格のおすすめ資格|資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!

    「フラワーアーティストになる為には、何から始めたらいい?」 「フラワーアーティストの就職先が知りたい」 当記事では、上記のような疑問を解決していきます。 【内容をまとめると】