閉じる
キャンドル資格のおすすめ資格|資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!
キャンドルデザイナーコラム01_01

就寝前のリラックスタイムとして、イベントやパーティーの装飾として、あらゆるシーンで活用されている「キャンドル」。

ハンドメイドブームによって自宅でキャンドル作りに挑戦する人も増えており、キャンドル作家の需要は年々高まっています。

目次

キャンドル作家とは?

キャンドル作家とは?
キャンドル作家とは、オリジナルのキャンドルをデザイン・製作する仕事です。

キャンドル製作に必要な知識やスキルはもちろん、キャンドルの歴史や必要な材料、プレゼントの際のラッピングの仕方、キャンドルによるリラックス効果などについても熟知している必要があります。

キャンドルに火をつけてゆったりと過ごしていると、それだけで心がホッと落ち着いてリラックス効果を感じられますよね。

キャンドルの炎は不規則にゆらゆらと揺れていますが、この揺れは「1/f ゆらぎ」と呼ばれるものの一種です。

「1/f ゆらぎ」とは、雨音や心臓の鼓動、電車が揺れるリズム、木目調の模様など、規則的なようで不規則さも調和されている音やリズムを指します。

「1/f ゆらぎ」には安心感を得られたり、リラックスできる効果があるため、キャンドルのゆらゆらとした炎を見ていると癒やされるのですね。

その効果を最大限に感じるためには、部屋の明かりを白熱灯の間接照明のみにするのがおすすめです。

また、キャンドルが与える癒し効果の要因には「マイナスイオンの発生」も挙げられます。

マイナスイオンと言うと森林浴などを思い浮かべる人は多いですが、実はキャンドルに火をつけた際にほんの少し発生する水分にもマイナスイオンが含まれています。

キャンドルによって発生するマイナスイオンは森林から放出されるマイナスイオンの約4倍と言われており、疲労回復やストレス解消などの効果が期待できます。

このように、癒しやリラックス効果を得られるキャンドルですが、その見た目の可愛さ・華やかさからインテリアの一部としても人気を集めています。

最近では趣味や副業として手作りキャンドルの販売をしている人も多く、キャンドル作家の活躍の場が広がっています。

キャンドル作家になるためには?

キャンドル作家として働くために必要となる知識・スキルには、以下のようなものがあります。

  • キャンドルの種類について
  • キャンドル作りに必要な材料
  • キャンドル作りの道具やそのお手入れ方法
  • キャンドルの作り方
  • キャンドルを使用した空間演出について
  • プレゼントの際のラベリング・ラッピング方法
  • 取扱説明書の内容
  • 安全に使用するため注意すべきポイント

これらの知識を身に付ける方法として、キャンドル作りの教室に通ったり、インターネットや本を利用して独学で学ぶことが挙げられます。

しかし、仕事や家事・育児と両立して学びたい場合には、教室に通うのが難しかったり、独学では得られる知識に限界があるでしょう。

「隙間時間を有効活用して、家にいながら専門的な知識・確かなスキルを身に付けたい!」という人は、資格スクールの通信講座を利用するのがおすすめです!

キャンドル作家の仕事内容と活躍分野について

キャンドル作家の仕事内容と活躍分野について
キャンドル作家の主な仕事は「製作したキャンドルの販売」「キャンドル作りを教える講師活動」の2つです。

最近では副業としてキャンドル作りを楽しむ人も増えています。

キャンドル作家としてキャンドルを販売する

オリジナルキャンドルの販売と言っても、まずはハンドメイド作品を販売するインターネットサイトやアプリを利用して手作りキャンドルを出品したり、フリマイベントなどに参加するところから始めていくことが多いです。
インテリア小物やアクセサリーの販売スペースを置いているカフェ、セレクトショップなどに委託して、オリジナルのキャンドルを販売してもらうのも良いですね。
このような販売スタイルを通して知名度を高めていくと、「このキャンドル作家さんの作品が欲しい!」といった指名買いをされることも増えていくでしょう。
ドライフラワーを使用したボタニカルキャンドルや香りを楽しめるアロマキャンドル、パーティーなどに使用されるモチーフやイニシャルのキャンドルなど、キャンドルにはさまざまな種類があります。
自分の得意なキャンドルを専門として作るのはもちろん、幅広い種類のキャンドルを製作してセンスを発揮するのも素敵です。
人気作家となって自分の店舗を開く人もいれば、パーティーやイベントに使用するキャンドルの制作・装飾を任されるようになる人もいます。
知名度のあるキャンドル作家として活動できるのはひと握りかもしれませんが、自分の作品を多くの人に楽しんでもらえる夢のある仕事です。

キャンドル作りの講師として教室を開く

趣味や副業として自宅でキャンドル作りを楽しむ人を対象とした教室は、キャンドルの人気に伴いその需要が高まっています。
キャンドル作り体験ができるワークショップイベントなどで講師を務めるのはもちろん、副業を考えている人のために製作から販売までの流れもあわせてレクチャーすることで、他の教室との差別化を図れます。
自宅やカルチャースクールでオリジナルカリキュラムを組み、「初めてでもできるキャンドル作り」「自宅でできる本格キャンドル作り」など、生徒のレベルに合わせたレッスンを行うのも良いでしょう。
キャンドル作りの技術に加え、その魅力も伝えられるやり甲斐のある仕事です。

副業としてキャンドル作り・販売を行う

インターネットやフリマアプリを使ってハンドメイド作品を手軽に販売できるようになったことで、キャンドル作家の活動を副業としている人も数多くいます。
キャンドル作りは集中力が必要となる作業も多いですが、色や形、デザインを工夫することで自分だけのオリジナル作品を作れるのが魅力です。
可愛らしく華やかなキャンドルは、自分用ではもちろん大切な人へのプレゼント用として購入されることも多いです。
ラッピングやラベリングについても学んでおくことで、更に満足度の高い商品となるでしょう。

キャンドル作家に向いているのはどんな人?

キャンドル作家に向いているのはどんな人?
キャンドル作家に向いているのは、以下のような人であると言えます。

  • キャンドルが好きな人
  • ハンドメイドや細かい作業が得意な人
  • キャンドルの魅力を伝えたい人
  • 趣味や副業でキャンドル作りに挑戦したい人
  • キャンドル作りを教える講師を目指している人

キャンドル作りには、集中力や手先の器用さも必要となります。そのため、ハンドメイドや細かい作業が得意!という人は、キャンドル作家にぴったりであると言えます。

また、趣味や副業でキャンドル作りをしている人、または講師として教室を開催することを目指している人も、キャンドルに関する知識・スキルを身に付けることで、よりクオリティの高いキャンドルが作れたり、講師として活動するための土台となるでしょう。

キャンドル作家の代表的な資格

キャンドル作家として働くために、資格の取得は必須でありません。

しかし、キャンドルに関するプロフェッショナルであることの証明、肩書きとして資格を取得しておくことで、働き出してからの仕事の幅を広げられるでしょう。

特に講師として活動する場合には、キャンドル資格の保有が教室に通う生徒の安心材料にもなります。

キャンドルに関する代表的な資格には、以下のようなものがあります。

  • キャンドルデザイナー
  • キャンドルアーティスト
  • JCA認定資格(クラフト・キャンドルアーティスト・キャンドルインストラクター)

ここでは、3つのキャンドル資格について解説します。

キャンドルデザイナー

キャンドルデザイナー

キャンドルデザイナーとは、日本デザインプランナー協会が認定している民間資格です。
キャンドルに関する基本的な知識、キャンドル作りのスキルを有する人に与えられます。
この資格では、キャンドルの歴史や種類、作り方の手順や安全な火の灯し方、キャンドルを使った演出方法に加え、キャンドル作りの際にオリジナリティを出す工夫についても試験範囲となっています。
また、ジェルキャンドルやスイーツキャンドルなど、ハイクオリティなキャンドルを作る技術も身に付けられる資格です。
キャンドルデザイナーを取得するには、在宅にて試験に合格する必要があります。
また、資格協会認定の資格スクールにて特別カリキュラムの講座を受講した場合には、添削課題と卒業課題の提出によって試験免除で取得可能です。

キャンドルアーティスト

キャンドルアーティストとは、日本インストラクター技術協会が認定している民間資格です。
ベーシックなキャンドルの作り方から、モチーフキャンドル、フローティングキャンドルなどのハイクオリティなキャンドルまで、さまざまなキャンドルの種類やそのレシピについての知識を有する人に与えられます。
こちらは実践面に特化した資格であり、キャンドル作りの基礎から応用までをしっかりと身に付けられるのが特徴です。
キャンドルアーティストの資格を取得するには、在宅にて試験に合格する必要があります。
また、資格協会認定の資格スクールにて特別カリキュラムの講座を受講した場合には、添削課題と卒業課題の提出によって試験免除で取得可能です。

JCA認定資格(クラフト・キャンドルアーティスト・キャンドルインストラクター)

JCA(日本キャンドル協会)が認定しているキャンドル資格には、「クラフト」「キャンドルアーティスト」「キャンドルインストラクター」の3つがあります。
クラフトコースでは初級・中級・上級と全15回の講座が用意されており、実技を通してさまざまなキャンドルの種類とその作り方を学べます。
試験はなく、全てのカリキュラムを修了することで資格取得となります。
キャンドルアーティストコースはクラフトコース修了者が受講できるもので、座学と制作の2回分の講座を受講後、試験に合格することで資格取得となります。
座学では製作に必要な知識からキャンドルを使用した空間演習、マーケティングについても学べます。
キャンドルインストラクターコースはキャンドルアーティストの資格保有者が受講できるもので、キャンドルレシピの作成について学び、レッスンの実技試験に合格することで資格取得となります。
キャンドルインストラクターはキャンドル作りの講師を目指す人向けの資格であり、オリジナルキャンドルのレシピを作成できるスキルが必要となります。
実技試験は実際にキャンドル作りのレッスンを行うという内容であり、生徒への教え方はもちろん、説明・製作にかける時間配分や費用なども採点基準に含まれています。

キャンドル作家を目指す人におすすめの資格

キャンドル作家を目指す人におすすめの資格
これからキャンドル作家として働きたい!と考えている人には、「キャンドルデザイナー」の資格を特におすすめします!

キャンドルデザイナーではキャンドル作りに必要な道具や材料、作り方、使用する際の注意点などのベースとなる知識に加え、オリジナリティを出すにはどのような工夫をすべきかや応用的なレシピなど、幅広い知識・スキルが身に付きます。

実践面に特化したものや講師活動に役立てられる資格については、キャンドル作家としてのスキルアップのために取得するのも良いですね。

キャンドルデザイナーの資格で学んだ内容は、自身でキャンドルを製作する際にも、キャンドル教室の講師として活動する際にも活かせるのが魅力です。

キャンドルデザイナーの資格詳細はこちらから!

おすすめ資格講座

キャンドルデザイナーの資格を取得したい!という人には、こちらの講座がおすすめです!

キャンドルデザイナーW資格取得講座(諒設計アーキテクトラーニング)

キャンドルデザイナーW資格取得講座は、「キャンドルデザイナー」「キャンドルアーティスト」の2資格の取得を目指す、諒(りょう)アーキテクトラーニングの通信講座です。
諒アーキテクトラーニングの通信講座では、資格協会認定の教材が使用されており、そのテキストの分かりやすさには定評があります。
こちらの講座では、1日30分、約6ヶ月間の学習で資格の取得を目指せます。
まとまった時間を確保することで集中して勉強し、できるだけ早く資格を取得したい!という場合には、最短2ヶ月での取得も可能です。
キャンドルデザイナーW資格取得講座は、通常講座とスペシャル講座の2つに分かれています。
通常講座では、添削課題の提出後、「キャンドルデザイナー」「キャンドルアーティスト」のそれぞれの試験に合格することで資格取得となります。
スペシャル講座は各協会認定の特別なカリキュラムとなっており、添削課題と卒業課題の提出によって、試験免除で2資格を同時取得できます。
どちらの資格も確実に取得したい!という人には、スペシャル講座がおすすめです!

キャンドルデザイナーW資格取得講座

通常講座 スペシャル講座
添削課題の提出後、それぞれの試験に合格することで資格取得 添削課題+卒業課題の提出のみで2資格取得
受講料:59,800円(税込) 受講料:79,800円(税込)

キャンドル資格取得講座(SARAスクールジャパン)

キャンドル資格取得講座は、「キャンドルデザイナー」「キャンドルアーティスト」の2資格の取得を目指す、SARAスクールジャパンの通信講座です。
SARAスクールジャパンは、女性のための資格スクールです。
仕事をしながら、家事や子育てをしながら、空いた時間を使って自分のペースで資格取得を目指せます。
SARAでは仕事や家事・育児と両立して資格勉強を進めている女性のために、そのサポート体制を充実させています。
受講期間中、講座内容で分からないことがあった場合、無料で何度でもメール質問ができます。
翌営業日には専属スタッフから回答が送られてくるため、毎日忙しい女性でもつまずくことなくスムーズに学習が進められるのが嬉しいですね。
キャンドル資格取得講座も、基本コースとプラチナコースの2つに分かれています。
基本コースでは、添削課題の提出後に「キャンドルデザイナー」「キャンドルアーティスト」のそれぞれの試験に合格することで資格取得となります。
プラチナコースは各協会認定の特別なカリキュラムとなっており、添削課題と卒業課題の提出のみで2資格同時取得が可能です。
受講料は基本コースのほうが安く設定されていますが、基本コースを選択した場合は各資格ごとに10,000円(税込)の受験料が必要になります。
最終的に必要な金額が変わらないのであれば、試験の手間もなく確実に2つの資格を取得できるプラチナコースが断然おすすめです!

キャンドル資格取得講座

基本コース プラチナコース
添削課題の提出後、それぞれの試験に合格することで資格取得 添削課題+卒業課題の提出のみで2資格取得
受講料:59,800円(税込) 受講料:79,800円(税込)
  • キャンドルデザイナーコラム01_01

    キャンドル資格のおすすめ資格|資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!

    就寝前のリラックスタイムとして、イベントやパーティーの装飾として、あらゆるシーンで活用されている「キャンドル」。 ハンドメイドブームによって自宅でキャンドル作りに挑戦する人も増えてお

  • 簡単!香水キャンドルの作り方

    簡単!香水キャンドルの作り方

    香水キャンドルといわれると聞き慣れないかと思いますが、香水キャンドルとはアロマキャンドルの事です。アロマキャンドルといわれると聞き慣れた方も多いのではないでしょうか?この香水キャンドルを自分で

  • キャンドルアーティストなるには?

    キャンドルアーティストなるには?

    キャンドルアーティストとしての活躍は年々広がっています。最近では、インテリアとしても人気のあるキャンドルを自分で製作したりデザインしたものを販売することもできるんです。今回はそんなキャンドルア