閉じる

専属のスタイリストと聞くと華やかなうえに周りから認められた特別な仕事であるように感じるはずです。芸能人やモデルなど憧れの存在に関わることができる点も魅力ですし、なによりもファッションが好きな方にとっては天職ではないでしょうか。

専属のスタイリストという名前の仕事を聞いたことがあっても「どのような仕事内容なのか」「どのようにしたらなれるのか」などと知らない方が多いはずです。気になっている方や夢を抱いている方に向けて詳しく説明をしていきます。

専属のスタイリストとは?

専属のスタイリストはどのような仕事をしているのか説明していきます。

ひとりの人物の服装をコーディネートする

専属という名前の通りに、ひとりの人物のコーディネートを手掛けます。服装だけではなく靴や鞄、小物なども合わせて使い分ける必要があります。また髪型やメイクなどを手掛けるヘアメイクアーティストと連携を取り、髪型やメイクなどとバランスの取れたコーディネートを選択する必要もあります。服装や小物の使い分けでその人自身のイメージも変わってくるので、流行やイメージを大切にしつつ、その人自身の魅力を最大限に引き出せるようなコーディネートが必要です。

雑誌やテレビの演者の衣装をトータルで手がける

雑誌やテレビなどの大きな発信源になる場面で活躍することもあります。芸能人やモデルが活躍している雑誌やテレビでは、流行にのることだけが重要ではなく、雑誌の特集やコンセプト、テレビ番組の内容や雰囲気、ドラマの場面などによっても服装や小物を上手に使い分ける必要があります。

例えば、結婚式に参列しているドラマの場面での服装を考える際に、流行を取り入れると現在はドレススタイルよりパンツスタイルの参列者も増えています。また色味は、その人自身のイメージを活かせるように可愛い系であればピンクやパステルカラー、大人っぽい系であれば黒やシックな色などとその人のイメージや雰囲気を掴みやすいような色味を選択することが大切です。

このようにひとりだけではなく、周りの人の服装もコーディネートすることで、場面や雰囲気を作り出したり、主役を引き立てるような工夫をすることもできます。

芸能人やモデルが着ていた服や小物がすごく売れたという話を聞くこともあるくらいに、雑誌やテレビの影響力はとても大きいです。世間の目に止まることで、今後仕事が増えたりと影響することもあるでしょう。

両方の仕事にも言えますが、服や小物などのコーディネートだけではなく、事前の打ち合わせや服の取り寄せ・レンタルをします。予算内に留めることを考慮し、サイズの微調整やアイロン掛けなども行う必要があります。完成したら確認をして周りにも満足してもらうことは欠かせません。満足してもらえない場合は何度かやり直しが必要なこともあります。そして後片付けや返却も行っていきます。

専属のスタイリストの働く形態

専属のスタイリストだからと言って、ひとりに付き添うだけではなく、様々な働く形態があります。専属であることに固着せず、段階を踏んでいくことも大切になります。

スタイリスト事務所

事務所が仕事を受け、割り振られて仕事をこなします。もちろん様々な仕事形態がありますし、初めての場所・環境であることも多いです。新人や経験不足の人にとっては、先輩スタイリストと組みアシスタントとして多くのことを学び経験することができます。まずは事務所に所属して経験と実績を積み、安定した収入を得ることが大切でしょう。

フリーランス

独立し個人企業しているスタイリストの1番多い仕事形態です。事務所に所属するスタイリストと異なる点は、営業をし自ら仕事を得て、スケジュールや金銭的な管理も行う必要があります。

もちろん初めは大変ですが、慣れてくることで時間や経済的にも余裕が生まれますし、認められることで仕事が増えていきます。慣れや認められるまでは時間を要する可能性が高いので、いきなりフリーランスになるのではなく、まずは事務所に所属し経験や実績を積み、自信がついてから独立することが望ましいでしょう。

パーソナルスタイリスト

あまり聞き慣れないかもしれませんが、芸能人やモデルではなく、一般の人にスタイリストが付く仕事形態です。日本ではあまり浸透していませんが、欧米では普通にある仕事形態です。場面や状況に応じて適した服装や小物を提案してくれたり、その人自身の好みを聞いてアドバイスをくれることもあります。買い物に同行して選んでくれることもあるのです。現在人気があり、今後増えていく仕事形態であると考えられます。

どの仕事にも言えることは、昼夜の時間や休日、国外などに関係なく飛び回る忙しい仕事です。芸能人やモデル、一般の人など対象となる人がいるからこそ成り立つ仕事であり、自分の生活や時間は後回しでその人のスケジュールが全てです。服装や小物などその人が気に入る必要があるため難しい点も多いでしょうが、自分自身に合った仕事形態を探してみてください。

専属のスタイリストになるには?

専属のスタイリストについて興味・関心をもった方はいるでしょうか。どのようにすれば専属のスタイリストになれるのかを合わせて説明していきます。

スタイリストになる方法(進路など)

まずは服飾の専門学校で学ぶことが良いでしょう。専門学校で専門知識を学び、経験を積み、吸収できるだけではなく、教員がスタイリストと繋がりがあることで人脈が広がる可能性もあります。スタイリストと関わることができる近道ではないでしょうか。

専門学校卒業後は、大きく分けて3つの候補があります。1つめは、アパレルメーカーに就職することです。専門知識を再認識でき、ファッションセンスやコーディネート術も磨かれます。また接客業なのでコミュニケーション能力も向上します。

2つめは、スタイリスト事務所に就職することです。様々な現場に行き、様々な仕事を経験できるため、スタイリストとしてのあり方や立ち振る舞い、仕事内容などもどんどん吸収できるでしょう。安定した収入も得られるため、独立するまでの財源確保ができます。

3つめは、プロのスタイリストのアシスタントになることです。百聞は一見にしかずというように、実際に見て学ぶことで多くのことを知ることができます。プロのスタイリストと行動することで、周りにも名前が知れ渡るかもしれません。また経験は大きな武器になりますし、プロのスタイリストから認められることで自信がつき、独立への一歩を踏み出すこともできるでしょう。

とっておくと有利な資格

絶対に必要な資格は特にありませんが、とっておいたほうが有利な資格はいくつかあります。例えば、その人の髪や肌の色など容姿から似合う色を提案する「パーソナルカラー検定」、色の適切な組み合わせを考える「カラーコーディネーター検定」、ファッションのビジネスである生産・企画・戦略などの知識を身に着ける「ファッションビジネス能力検定」、イメージ通りの洋服を提案するため自分で洋服を作成する「パタンナー」などの資格があると有利かもしれません。働きつつ資格を取得するのも良いでしょう。

資格だけではなく、ファッションセンスも問われます。人がいるからこそ成り立つ仕事であり、人と関わることが多いためコミュニケーション能力も高める必要があります。

まとめ専属のスタイリストについて

どの仕事にも言えますが、スタイリストは大変な仕事です。華やかな仕事と思われていますが、スタイリストになるまでの過程も大変であり、スタイリストになってからも日々勉強でしょう。また生活リズムも乱れるため、周りと時間が合わないことはもちろん、健康管理にも配慮する必要があります。まずは知識を学び、経験を重ねていくことが大切です。そして「専属」と言われているように全てを任されている責任を感じ糧にしていきます。専属のスタイリストとして、その人の魅力を最大限に引き出せるような仕事をする必要があります。目標を高く持ち続け、スタイリストから専属のスタイリストになれるようにがんばってください。

  • 毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎朝、着る服ない問題を解決!コーデを時短で完成させよう!

    毎日、大量の服を前にコーデに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?「服の量は多いはずなのに、いざコーデを組もうとすると同じものばっかり手に取ってしまう」そんな悩みも今回ご紹介する洋服

  • お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入り服の寿命を延ばしたい!素材の知識をつけてお手入れ上手になろう!

    お気に入りの服は誰でも長持ちさせたいですよね。そんな時、悩ましいのが洗濯や保管ではないでしょうか?洗濯や保管の失敗でせっかくのお洋服をダメにしてしまったら悲しいですよね。 今回は

  • セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    セレクトショップでおしゃれ女子に!意外と勘違いしているセレクトショップの実態

    「その服どこで買ったの?」と聞くと「セレクトショップ」と答えるおしゃれ女子、皆さんの周りにもいませんか?そのせいか、セレクトショップって何だかおしゃれ上級者の御用達な感じがしますよね。

  • セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    セレクトショップのバイヤーって実際どんな仕事をするの?

    アパレル業界に興味を持っている方なら1度は聞いたことがあるバイヤーという職業かと思います。響きが何だかかっこいいですし、憧れている方も多いでしょう。 今回は、バイヤーが実際にはど

  • ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクとスタイリストの関係は?ヘア関係の職業を徹底解説!

    ヘアメイクやスタイリストを目指している皆さん、この2つの職業の関係性を知っていますか?どちらも華やかなイメージが強いですが、実際の仕事現場ではどのように関わりあっているのでしょうか。

  • 勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    勘違いしていませんか?スタイリストとコーディネーター、2つの職業の違いとは

    スタイリストという職業を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?そのスタイリストと混同されやすいものとしてファッションコーディネーターという職業があります。今回は同一の職業と捉え