閉じる
ファッションデザイナーになるには?必要な資格や仕事内容を紹介
ファッションデザイナー資格コラム02_01
いつの時代もファッションは、人を楽しませるアイテムです。 近年では、自分の着こなしをSNSなどで公開する方も増えてきています。 そんなファッションに欠かせないのが、ファッションデザイナーの存在です。 ファッションデザイナーになりたいけど、どのようにしたらなれるのかわからない方は多いのではないでしょうか。 そんな方のために、ファッションデザイナーになるための方法や資格取得方法のほかにも、気になる仕事内容や活躍分野も紹介します。
目次

ファッションデザイナーとは?

ファッションデザイナーは、ファッションに関する用語や服の種類や機能などについて習得しています。 デザイナーという職業が認知され始めたのは、19世紀から20世紀からだと言われています。 それ以前の時代には、お客様の要望を聞いて服を仕上げていく方々は存在しました。 しかし、デザイナーという職業ではなく、お針子と呼ばれていました。 そんなお針子がデザイナーに変わったのは、時代のとともに進行していったからと考えられています。 20世紀に入ると紡績技術進化や化学繊維の登場によって、大きな変化を迎えデザイナーという職業ができます。 それと同時に、数々のデザイナーが誕生しました。 ファッションデザイナーは、見た目のデザイン性はもちろんですが、機能性も兼ね備えた服を作らなければなりません。 そのためにも、幅広い知識だけでなく、技術も身につけておく必要があります。

ファッションデザイナーになるにはどうすればいい?

ファッションデザイナーになるにはどうすればいい?
ファッションデザイナーになるには、ファッションについての専門的な知識を身に付けておかなければなりません。 ファッションデザイナーに必要な主な知識は下記の通りです。
  • 服の形状
  • 体型とネックの関係
  • ネクタイのコーディネート
  • アウターの種類と特徴
  • ボトムスの種類と特徴
  • 靴の種類
  • ポケットの種類 など
では、このような知識はどのようにして身に付けられるのでしょうか。 勉強方法を見ていきましょう。

大学や専門学校に通う

ファッションデザイナーになるには、大学や専門学校に通うのが一般的です。
専門学校に通うことで、技術やスキルを磨けます。
さらに学校には、専門的知識や経験が豊富な講師がいます。
分からないところも、質問するなど直接指導を受けることが可能です。
より専門的な知識を身に付けるためには、大学よりも専門学校のほうが適しています。
カリキュラムや授業の方法は学校によって異なるため、自分に合った学校を選ぶことが重要になります。

通信講座

仕事や子育てでなかなか時間が取れないという方には、通信講座で勉強する方法があります。
通信講座は、基本的に在宅で勉強をするため自分のペースで進められます。
プロの方が作成したカリキュラムや教材があり、質問などにも答えてもらえます。
なので、わからないところがあっても安心です。
また、同時に資格を取得できるのが大きなメリットです。

アパレルメーカーに勤務する

販売スタッフからファッションデザイナーになるということも可能です。
働きながら、ファッションの勉強して知識を身に付けることで、販売スタッフからデザイナーに転身できます。
ただ、どのくらい知識を身に付けているか、ファッションについて理解できるのかを示す必要があります。
ファッションデザイナーとして活躍できると認められなければならないので、なかなか難しいと言えるでしょう。

デザイナーに弟子入りをする

自身の尊敬するデザイナーに弟子入りをして、修行するのも方法の一つです。
ただ、弟子入りをしたくても断られてしまったり、修行をしてもなかなか認められずにデザインに関われない場合もあります。
もし、弟子入りを考えているなら、それ相応の覚悟が必要になります。

ファッションデザイナーの仕事内容と活躍分野

ファッションデザイナーの仕事内容と活躍分野
ファッションデザイナーはどんな仕事をしているのか、どんな分野で活躍できるか気になると思います。 では、ファッションデザイナーの仕事内容と活躍分野を見ていきましょう。

ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーは、名前の通り服をデザインをする仕事です。
しかし、ただデザインするだけでなく、さまざまな作業をしなくてはなりません。

デザインを考える

性別、年代、テーマによってコンセプトを決めます。
トレンドの色や素材を取り入れたデザインを作成し、企画会議で提案します。

パターンの作成

デザイン画をもとに、パターンメイキングを行います。

仮縫い作業をする

性パターンの作成のあとは、仮縫いをします。
形やシルエットなどを確認し、おかしな箇所を調整していきます。

サンプルの作成

パタンナーとともに、修正部分を確認して最終的な型紙を作り上げます。
そのあと工場での製造作業に移ります。
素材や縫製の仕方などをまとめた仕様書を作成し、サンプルを作成します。

このように、服をデザインして出来上がるまでに多くの作業をこなします。
時期は限定されますが、展示会もあり忙しくなります。
また、ファッションデザイナーは、下記のようなスキルが求められます。

  • ファッションに関する幅広い知識
  • 服飾系の知識を学んだ経験
  • 流行りをいち早く察知する力
  • 情報収集をする力
  • 企画を考える力
  • デザインを考える力
  • コミュニケーション能力
  • パタンナーの経験
  • Illustrator、Photoshopなどのスキル

自分の思うようにデザインができない、業務が進まない、デザインが評価されないなど大変な思いをすることも多いです。
しかし、自分がデザインした服が完成し、商品化されることには、達成感を得られるはずです。
多くの方の目に触れて、高く評価されたときは喜びを感じられるでしょう。

ファッションデザイナーが活躍できる分野

ファッションデザイナーの知識を身に付けると、さまざまな分野で活躍できます。

  • アパレルメーカー
  • オートクチュールデザイナー
  • タイアップデザイナー
  • 自社ブランドを立ち上げる

では、実際にそれぞれの活動分野を詳しく見ていきましょう。

アパレルメーカー

ファッションデザイナーが最も活躍している分野になります。
自社のブランドを持っており、服を作っている企業です。
コンセプトやテーマに沿った服を作ります。

オートクチュールのデザイナー

オートクチュールデザイナーとは、一人ひとりに合わせた服をオーダーメイドで作ります。
オートクチュールデザイナーを目指すのであれば、専門の企業に就職をするのもいいでしょう。
しかし近年では、オートクチュールの需要が減ってきているのが事実です。
オーダーメイドの服を依頼するお客様が減少したのが原因です。
なので、実際にオートクチュールデザイナーとして就職ができるのはごく一部になっています。

タイアップブランドデザイナー

芸能人などがファッションブランドとコラボレーションやプロデュースしているのを見かけることが多いと思います。
実際は、本人が全てのデザインを担っているというわけではありません。
この際に活躍するのがタイアップブランドデザイナーです。
タレント側と相談しながら、知名度やイメージなどを活用してブランドを流行らせる役割があります。

自社ブランドを立ち上げる

自社ブランドを立ち上げるのは難しいと考えられていますが、実は初心者でも簡単に始められます。
自分が作った服などを販売する方法は下記になります。

  • ネットショップ
  • 実店舗
  • ハンドメイドイベントやフリーマーケット

では、立ち上げにはどんなことが必要なのかを見ていきましょう。

  • 商標登録をする
  • 洗濯表示ネームを作る
  • 開業届を提出する
  • コンセプトを決める
  • ブランドネームを決める
  • 服のデザインと製作をする
  • プロモーションと販売をする

昔は、販売をするために店舗やスペースを用意する必要がありました。
しかしネットが普及した現代では、ファッションが好きなら誰にでも簡単にアパレルブランドを立ち上げられ、販売も可能になりました。

ファッションデザイナーに向いている人

ファッションデザイナーに向いている人
ファッションについての知識だけでは、ファッションデザイナーとして仕事ができません。 では、知識以外にどのような要素を持っている方が向いているのか、見ていきましょう。

ファッションに関心がある人

ファッションデザイナーは、ファッションに興味がある方が大前提です。
コーディネートをする、好きなブランドがあるなど、ファッションに対して関心がある人が向いていると言えます。
また、流行りや新商品をチェックするなど、常に最新の情報を意識することが大事です。

創造力が豊かな人

ファッションデザイナーは、早い段階で服を作り始めます。
ブランドのコンセプトを守りながら、きちんと利益になる服を作るためには創造力が大事です。

トレンドを察知するのが好きな人

服をデザインするときに意識するのは、やはりトレンドです。
トレンドをいち早く察知し、デザインに取り入れる必要があります。
次に何が流行るのかを予想するのが好きな方は、ファッションデザイナーに向いています。

人と接するのが好きな人

一つの服を作るのには、たくさんの方たちが関わっています。
いろんな分野の方と提案、相談しながらデザインを決めていくので、人との関わりが必須になります。
また、自分の意見をきちんと言えるかも重要です。

人のために何かをするのが好きな人

ファッションデザイナーは、自分のファッションのためにデザインをするわけではありません。
たくさんの方に喜んでもらいたいという気持ちが大切になります。

ファッションデザイナーの代表的な資格

フファッションデザイナーの代表的な資格
ファッションデザイナーとして仕事をするには、ファッションに関する知識やスキルが必要です。 資格を取得と下記のようなメリットがあります。
  • 就職に有利
  • スキルを磨ける
資格を取得すると、知識やスキルを身に付けている証明にもなります。 お客様からの信頼を得るためにも、資格を取得しておいたほうがいいです。 では、ファッションデザイナーの代表的な資格について紹介していきます。

ファッションデザイナー

日本デザインプランナー協会が主催する資格です。
ファッションの名称や形、デザインについての知識を身に付ける必要があります。

服飾士

日本インストラクター技術協会が主催する資格です。
色の使い方や着こなし方、デザインに関する知識を身に付ける必要があります。

ファッション色彩能力検定

一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する資格です。
ファッションの色彩に関する知識のほかに、ファッション業界で働くために必要なマーケティングについて学ぶ必要があります。

色彩検定

公益社団法人色彩検定協会が主催するカラーコーディネーターの資格です。
色に関する知識や技術を学ぶ必要があります。

パターンメイキング技術検定

一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する資格です。
ファッションデザインには必ず必要になるパターンメイキングの技術を身に付ける必要があります。

洋裁技術認定試験

一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する資格です。
洋服を作るために必要な裁縫技術や型紙製作が身に付ける必要があります。

ファッションビジネス能力検定

一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する資格です。
ファッションに関する知識やマーケティングに関する知識、ビジネスマナーを習得する必要があります。

とくにおすすめの資格とは?

とくにおすすめの資格とは?
上記のように、ファッションデザイナーの資格はたくさんあります。 その中でも、とくにおすすめな資格はファッションデザイナーです。 ファッションデザイナーは下記のような知識を習得する必要があります。
  • 服の種類や特徴
  • 靴の種類や特徴
  • ファッションの流行り
  • 服の素材
このように、ファッションデザイナーの仕事をする上で、必要な知識を身に付けられます。
ファッションデザイナーの資格詳細はこちらから!

「ファッションデザイナー」の資格が取得できるおすすめ講座

資格を取得するには、専門学校などに通わなければいけない場合が多いです。 しかし、忙しくて時間がないという方は学校に通うのは難しいです。 そうなると、資格を取得するのは無理なのでは、などと諦めてしまっている方もいると思います。 そんな方に、おすすめなのが通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座です。 それぞれの通信講座の特徴を見ていきましょう。

ファッションデザイナーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングのファッションデザイナーW資格取得講座はファッションデザイナーに必要な知識について学習できます。
さらに通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングは下記のような特徴があります。

  • 2ヶ月という短い期間で資格の取得ができる
  • ファッションデザイナーの3つの資格が同時に取得できる
  • 課題を提出すれば必ず資格が取得できる

このように、初めての方でも在宅で資格の取得が目指せる人気の講座です。
諒設計アーキテクトラーニングでは、2つのコースから選択可能です。

基本講座

基本講座は初期費用を抑えたい方におすすめです。

  • 受講料・・・59,800円
  • 受講期間・・・6ヶ月
  • 添削回数・・・5回

基本講座では、自分で試験の申し込みをして受験します。
受験費用は、10,000円です。

スペシャル講座

スペシャル講座は、確実に資格を取得したい方におすすめです。

  • 受講料・・・79,800円
  • 受講期間・・・6ヶ月
  • 添削回数・・・5回+卒業課題1回

受講課題を提出するだけで、資格が取得できます。
試験料金はかかりません。
それぞれ特徴が違うため、自分に合ったコースを選んでください。

スタイリスト資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールのスタイリスト資格取得講座 では、ファッションデザイナーに関する知識を習得します。
さらにSARAスクールには下記のような特徴があります。

  • 1日30分で資格取得が目指せる
  • 完全オリジナル教材で誰でも理解できる
  • プラチナコースならファッションデザイナーの資格を同時に取得できる

時間がないという方でも資格の取得が目指せる内容です。
SARAスクールジャパンでは、2つのコースから選択可能です。
それぞれのコースの特徴をまとめたので、見ていきましょう。

基本コース

基本コースは初期費用を抑えたい方におすすめです。

  • 受講料・・・59,800円
  • 受講期間・・・6ヶ月
  • 添削回数・・・5回

基本コースでは、自分で試験の申し込みをして受験します。
受験費用は、10,000円です。

プラチナコース

プラチナコースは、確実に資格を取得したい方におすすめです。

  • 受講料・・・79,800円
  • 受講期間・・・6ヶ月
  • 添削回数・・・5回(卒業課題+1回)

受講課題を提出するだけで、資格が取得できます。
試験料金はかかりません。
それぞれ特徴が違うため、自分に合ったコースを選んでください。

ファッションデザイナーは、専門的な知識や技術が必要になるため、身に付けるのがとても難しいものです。
本格的にファッションデザイナーとして仕事していく際に、資格は取得しておきたいです。
忙しいという方でも、諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座ならしっかりと取得できるカリキュラムがあります。
基礎から学べて、確実に身に付けられるので安心です。
是非、ファッションデザイナーの資格取得を目指してみてください。

  • ファッションデザイナー資格コラム02_01

    ファッションデザイナーになるには?必要な資格や仕事内容を紹介

    いつの時代もファッションは、人を楽しませるアイテムです。 近年では、自分の着こなしをSNSなどで公開する方も増えてきています。 そんなファッションに欠かせないのが、ファッション

  • スタイリストの仕事内容は?

    スタイリストの仕事内容は?

    スタイリストと聞いて、モデルや芸能人の衣装や小物をコーディネートする華やかな世界であると想像する人も多いでしょう。もちろんファッションが好きでスタイリストを目指している人にとっては、最新の

  • スタイリングの意味とコーディネートの違いとは?

    スタイリングの意味とコーディネートの違いとは?

    ファッション誌やTVでよく耳にする「スタイリング」と「コーディネート」という言葉があります。同じような言葉であるうえに、上手く使い分けられずに使用されていることも多々あります。何気なく使ってい

  • スタイリストにはどんな種類がある?

    スタイリストにはどんな種類がある?

    スタイリストの仕事について詳しく知らない方も多いはずです。そのなかでスタイリストと一言で言っても、実はいくつかの種類があるのです。もちろん仕事内容や活躍する場などは異なりますが、どのスタイリス

  • スタイリストの年収はどのくらい?

    スタイリストの年収はどのくらい?

    スタイリストの給料はどのくらいなのでしょうか。もちろん給料の額が全てではなく、スタイリストとしての魅力ややりがいも重要視する項目ですが、生活をするうえで給料はとても大切な項目になります。「この

  • スタイリストに向いている人とは?

    スタイリストに向いている人とは?

    華やかなイメージがあるスタイリストに憧れている人は多いのではないでしょうか。仕事をするうえでやる気や意欲、決断力などはもちろん必要不可欠になりますが、どの仕事にも人それぞれ向き不向きというもの

  • 専属のスタイリストとは?

    専属のスタイリストとは?

    専属のスタイリストと聞くと華やかなうえに周りから認められた特別な仕事であるように感じるはずです。芸能人やモデルなど憧れの存在に関わることができる点も魅力ですし、なによりもファッションが好きな方

  • ファッションに関わる仕事・職業

    ファッションに関わる仕事・職業

    ファッションに興味・関心がある方は、仕事としてファッションに携わりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。ファッションに関わる仕事と一言で言っても実はいろいろな職種があります。ファッショ