閉じる

ハンドメイド商品を発送する際、出来るだけ資材コストは減らしたい。しかし、買ってくれたお客様に、センスのよい作家だと思っていただけるようなお洒落なラッピングで送り届けたい、繊細な手作り商品が配送途中に破損するようなトラブルは避けたい。このように考えてラッピングや梱包作業を行っているハンドメイド作家さんは多いのではないでしょうか。

ハンドメイドの梱包

ハンドメイド作品をより素敵に見せる為のラッピング、破損を出来るだけ防ぐための梱包方法はどのようなものがあるかを紹介します。ぜひ参考にしてください。

ネット販売で梱包は重要

インターネット販売では、商品を発送でお客様の元に届けなければいけません。配送時の破損は、購入したお客様に迷惑がかかるだけでなく、商品の取り換えなどが必要になり、販売者、購入者のいずれにとってもマイナスです。しっかりと梱包を施して発送するようにします。

商品のラッピングと配送用の梱包をしっかり

ハンドメイド作品はOPP袋などに入れてラッピングし、その周りを梱包資材などで梱包して発送します。ボリュームを出しすぎて配送料が追加でかかってしまうことは損ですが、ラッピングと配送用の梱包はどちらも大事です。

作品の形に合わせた梱包

梱包資材は、箱だけでも手のひらサイズから大きなダンボール箱、筒型など形状など様々な大きさ、形状の物があります。作品が真ん中から動かないようにという基本は同じですが、作品の形やサイズに合わせて梱包資材の選択、梱包をします。

作品の系統に合わせたラッピングを心がける

ハンドメイド作家にとって、世界観を統一することは成功に欠かせません。ラッピングや梱包資材までを1つの商品と考え、作品やブランドの系統に合わせたものを選ぶようにしましょう。

ラッピング方法について

アイテム別で具体的なラッピング方法を見ていきます。

ヘアゴム、キーホルダーなどの小物

例1: グラシン紙&マスキングテープを使用

シンプルですが、グラシン紙の口をマスキングテープでとめただけで可愛い印象に仕上がります。

アレンジ: グラシン紙をOPP袋に替えてオリジナル台紙をバックにしてもオシャレです。その場合は、マスキングテープは裏面に貼ります。マスキングテープは、何種類か持っていると便利です。袋、箱いずれのラッピング方法でも使え、おしゃれな仕上がりになるだけでなく、お客様にとっても開け易いメリットがあります。

例2: 紙パッキン&クリアボックス

中身がしっかり見えるクリアボックスも重宝するラッピングアイテムです。横型、縦型、丸型、大小様々なサイズがあり、沢山種類がある為、同じサイズ感のアクセサリーや小物などをメインで販売する作家は大量発注して使い回すことが出来ます。

アレンジ: 紙パッキンをアクセサリー台紙や包装紙などに替えて商品の後ろに入れる。追加でリボンをかけてもおしゃれです。

ピアス、ネックレスなどのアクセサリー

OPP袋&穴を開けた台紙(ジュエリー台紙)は嵩張らず且つ見た目も良くアクセサリー類をラッピング出来るのが、OPP紙とジュエリー台紙の組み合わせです。ジュエリー台紙は、インターネットで1枚10円前後で購入出来ます。自分で台紙を作成する場合は、厚紙にレザーパンチで穴を開ければ簡単に作成出来ます。

ガラス製品、割れ物などのラッピング

ガラス製品などの割れ物は、破損にとくに注意が必要です。割れ物は、隙間が出来ないよう作品そのものをエア緩衝材ロール(プチプチ)や新聞紙で包んでから箱などに入れます。

紙パッキンをプチプチなどの代わりに詰めてもオシャレですが、どうしてもガサガサになってしまい易い為、箱に入れた後商品が中で動かないかをチェックします。発送時は、ラッピング用のギフトボックスの周りにもプチプチで梱包してから送ります。

カラーボックスなどの箱は大きさも様々で、ホームセンターなどのショップでも購入出来ますが、インターネットで単価100円程度(大きさやデザインよって異なる)で購入出来ます。

資材発注について

上記で紹介した資材類はホームセンターや100円ショップでも購入出来ますが、インターネットである程度の数をまとめて発注すればコスト削減に繋がります。Amazon、楽天市場やラッピング倶楽部(ラッピング専門のインターネットショップ)などを上手く活用すればコスト削減、ショップで物を探す時間の短縮を図り作業効率も上げることが出来ます。

おしゃれに見せる梱包方法

台紙やラッピングにお店のロゴを入れる

自身のブランド世界観をアピールする、マネをされることを防ぐ為にお店のオリジナルロゴやキャラクターを作ることはとても効果的です。そのようなオリジナルロゴがあればぜひラッピングや梱包資材にも活用しましょう。

台紙のデザインは、IllustratorやPhotoshopのソフトを使うと簡単です。手書きイラストのキャラクターなどを使用するときは、イラストをスキャンし、印刷した紙を薄手の段ボール紙に貼ってオリジナル台紙を作ればオリジナルのおしゃれな台紙の完成です。オリジナルロゴシールなどを外部発注する場合は、ロットやデザインなどによって変動しますが単価10円程度で委託出来ます。

プレゼントのようにメッセージやリボンをつける

顧客獲得の目的でも、メッセージカードを添えることはオススメです。メッセージが添えられていると購入者にもより丁寧な対応だと感じてもらえます。オリジナルタグにメッセージを添えたり、メッセージカードをリボンや麻ひもなどで留めても可愛く仕上がります。

配送用の梱包方法

配送時の梱包方法の基本は「箱や袋の中で出来るだけ動かないこと」です。ガサガサと隙間が出来ている状態で発送しないよう注意します。

配送用のダンボールに入れる前にプチプチで包む

箱や袋といった配送用資材に入れる前にラッピングした商品をプチプチなどで包みます。プチプチは10m単位などでインターネット注文出来ます。どんな商品を売る場合でも一巻は持っておくことをオススメします。

配送用の箱と商品の間に広く隙間が出来てしまう場合は、プチプチの他にクラフト紙をくしゃくしゃにして入れたり、エアークッションを入れることも検討します。エアークッションは使い回し出来る資材なので、amazonなどをよく利用する人は再利用するという裏技もあります。

緩衝材、両面テープなどで破損を防ぐ

梱包方法として、プチプチやエアークッションなどの緩衝材を使用する他、箱の内側に両面テープを貼り作品が箱中央から動かないようにすることも効果的です。両面テープを使用する場合は、強力すぎてお客様のストレスにならないよう「剥がせる両面テープ」がオススメです。剥がせる両面テープは100円ショップでも購入出来ます。

まとめハンドメイドの梱包方法

インターネット販売では、丁寧に梱包することで作品の破損を防ぐことが大事です。基本の梱包方法は「商品が動かないように」梱包資材などを活用して梱包することです。

但し安全性の追求のみで素っ気ない梱包やラッピングだけでは、お客様のテンションが下がってしまい兼ねません。ラッピングも含めて作品の一部です。おしゃれで自分の作品やブランドイメージに合ったラッピングを心がけ、丁寧なラッピングと梱包でお客様の心を掴みましょう。

  • ハンドメイドを販売するコツ

    ハンドメイドを販売するコツ

    ハンドメイド販売をはじめたけれど、「なかなか売れない」「売れたけれど、材料費を考慮すれば利益が薄い」とガッカリしている方、ハンドメイド販売を今からはじめるけれど「売れる自信がない」と思

  • ハンドメイド作品の写真の撮り方とコツ

    ハンドメイド作品の写真の撮り方とコツ

    ハンドメイド作品をインターネット販売する際、写真はもっとも大切なアピール材料となります。写真の出来によって売り上げが左右すると言っても過言ではありません。 しかし、写真の腕にあま

  • ハンドメイドを仕事にするには

    ハンドメイドを仕事にするには

    趣味を仕事に!誰でも一度は夢みる仕事の理想的な形です。ハンドメイドが好きな方は、ハンドメイド作家として生計を立てることを最大の目標として努力している方も多いのではないでしょうか。そのよ

  • 初心者の為のハンドメイド作品の販売方法

    初心者の為のハンドメイド作品の販売方法

    今、ハンドメイドは8千億円市場とも言われており、さまざまなメディアでもハンドメイド作家さんが月○○円稼いでいる!といって取り上げられています。一方で、ハンドメイド作品を販売して副収入を

  • ハンドメイドの著作権について

    ハンドメイドの著作権について

    ハンドメイドに興味があり作品を作ってみた方は、これから販売にもチャレンジしてみたい、と次のステップを考える人が多いのではないでしょうか。ハンドメイド販売を始める前に、売れるためのノウハ

  • ハンドメイドの注意書きの書き方

    ハンドメイドの注意書きの書き方

    ハンドメイド作品を販売する際、購入者とのトラブルは出来るだけ回避したいものです。誤解を招いてしまうような曖昧な紹介文や注意書きは避けた方がいいとわかっていても、どのように書けば相手に確